スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「寄生獣 セイの格率」第1話『変身』を見ました!

今回は、「寄生獣 セイの格率」第1話『変身』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んで下さい。




寄生獣(1) (アフタヌーンKC (26))寄生獣(1) (アフタヌーンKC (26))
(2012/09/28)
岩明均

商品詳細を見る





最初からグロい映像ですね。
この生物は一体何者でしょうか。


OP!なんかかっこいいぞ!?


「残念だ…失敗した…残念だ…」あら可愛い声。
「…なにが…?」
「うるさい!」

朝食はベーコンエッグ!!美味しそうですね!!
「ごめん、パンだけで良いよ。」何だと!?
主人公は虫が苦手なのですね!!俺もです!!
なんか原作とは別物と考えた方が良さそうですね。ちょっと不安…。

「ニホンせイフハ コンカイノ」言葉を学習している…?
「パパァママ知らない?お腹すいたんだけどォ」

キャメルのダッフルコート!私も好きです!
登校する主人公の背中から襲いかかってくる影が!!
しかし、主人公は前を向いたまま難なく受け止めてしまいました。
村野さん!可愛い!!

主人公は無自覚に防御したようですね。
無我の境地の使い手か…!!
そして、本能のままに動く右手。こんな場所で堂々と…。
良いビンタを喰らってしまいましたね。まぁ、当然です。

授業中
船を漕ぎながらも、右手は携帯操作。器用な主人公だなww


ここで回想に入ります。
なんだこの生物は…恐ろしいぞ…。
耳から脳内に入ろうとしましたが、イヤホンをつけたまま眠っていたため、侵入不可能。
今度は鼻からの侵入を試みます。しかし、主人公が目覚めてしまい鼻の外へ追い出されました。
こんな生物いたらビックリしますよね…。

飛びかかる謎の生物を右手でガードしますが、その肉を破って体内に侵入してきました。
怖すぎる…。ちょっとだけ、ハム○プトラのスカラベを思い出します。

謎の生物は脳に向かってどんどん侵攻してきます。
とっさの判断で、腕をコードで縛る主人公。
めっちゃ歯並び良いな!!

部屋の物音に、父親と母親も目覚めて訪ねてきます。
「助けて…!!ヘビ!ヘビが腕の中に…!!」
しかし、謎の生物は既に消え、腕の傷もふさがっています。
一体なんだったんだ…。


「あの変な生き物…本当に入り込んでたりして…」
どうやらゲームをしていたことがバレたようです。
人体解剖図?なんか難しそうなゲームだ…。
やっぱり、右手は勝手に動いてるんですね。
謎の生物の仕業でしょうか。

村野さんまだ怒ってらっしゃる…。
「しょうがない、幼なじみのよしみで里美には私からあやまっといてあげるよ。」立川さん天使か!!

下校中。
横断歩道を渡ろうとした主人公ですが、
横断歩道に飛び出してきた少女を、暴走車が轢きそうになります!

すごい反応だな…。
主人公がとっさに右手で車を受け止めました…。
え!?右手は謎の生物に乗っ取られて強化されてるとしても、足腰とかどうなってるの…。
とにかく、かっこよかったです。
そして、その場から逃げ出す主人公。賢明な判断ですね。

12股!?やばいな…。

主人公が帰宅、すぐに自分の部屋に向かいます。
机の引き出しからナイフを取り出し、自らの右手に向けます。
「僕の右手じゃないのか?試してやる!!」もうちょっと安全な手段から試した方がいいのでは!?
右手が急に姿を変形します。
目玉が2つと手が2つ。人差し指と中指の間に口が出来た感じですね。

「オレ…ミギテ…シッパイ…」まだまだ片言ですね。
「僕の右手は…?」
「クッチマッタ…ヨォ…」可愛く言っても許せないからな!!
瞬間右手をナイフで刺そうとする主人公ですが、刃を折られ投げ返されてしまいました…。
元とは言え自分の右腕に…主人公も決断力が凄い…。

「コトバ…マダスコシ デキナイ…オシエテ シンイチ」ちょっと可愛い…!!
色々と問いただそうとする主人公ですが…
「ツカレタ…ネムル…」寝ちゃいました…。

「新一?どうかしたの?」お母さんが部屋に来ます。
お母さん手火傷してる!?それも、かなり大きい…。
「来ないで!!何でも…ないよ…」お母さんちょっとかわいそう…。

ネットで"右手の症状"の事を検索する主人公ですが…。
まぁ、出ませんよね。

今晩はカレー!!
右手だけ使って食べてる…?左手でお皿持ったりはしないのかな?
右手のせいでお腹が減るのでしょうか。普段よりも多く食事を摂ります。

世間でも刻一刻と謎の生物による被害が出てきているようです。

翌日。
何で眼鏡かけたまま寝るの!?
「朝だ…朝になったのに!!悪夢が覚めてくれない…」右手が本読んでる!!勉強熱心なやつです。
本に出てくる生物のマネしてるのかww
「何やってんの?」
「見てのとおりさ、勉強だよ。」もう普通に喋ってますね。
そして、インターネットも使いこなす右手。

「私は、自分がとこから来たのか知らない。私の一番古い記憶は"脳を奪えなくて残念"という気持ちだ。」
記憶を失ったのか、そもそも、記憶なんて無かったのか…。
どうやら右手は今の姿で完全体、これ以上主人公に侵食することは不可能なようです。
右手は主人公の血液から養分を摂取して生きている様子。切断されると死んでしまう。
さっきから、ジェスチャーが可愛いなww
「これからはお互い協力し合い生きることだ。それ以外に道はない。」
「疲れたので眠る…。」

朝食はいつもパンとベーコンエッグなんですね。
「僕のベーコンエッグは?」昨日いらないって言ったから作ってもらえませんでした!
主人公が虫平気になってる!!

主人公は警察に向かおうとしているようですね。
「やめておけ、隔離されて実験材料にされるか標本にされるか。どちらにせよ日常生活は送れなくなる。」
ここは右手に賛成かも…。

「止まれ!!」
右手は、近くにいる仲間の存在に気付いたようです。
初めて会う同種の存在に興奮しているみたいですね。
「私は自分の正体を正確に知る必要がある。君にとってもこれは重要なことであるはずだ。」

そして、出会った仲間は食事中でした。
犬に寄生した謎の生物。元はコーギーでしょうか。
「オマエモ…シッパイ…カ…」
「オマエハ キセイスル…バショ オレハ ヤドッタセイブツ…ニ…フマンガアル」

「逃げろ!!走れ!早く!!」急に逃げることを促す右手。
犬の殺意に気付いたようです。

そして、主人公は公園にたどり着きます。
「やる気らしい…。ここで戦うぞ。」逃げられないと判断したのかな?
「新一が殺されると私も死ぬことになるからな。」奇妙な依存関係です。
犬は頭を変形し、翼を作って追いかけてきました。

しかし…勝負は一瞬。
右手の攻撃が犬の心臓を抜き取ります。
「お前に仲間がいたなんて…。」
「頭の部分だけが本体だ。神経を支配して全身を操るわけだが、本体自らが翼などに変身したため、注意力が散漫に死角を作った。」
謎の生物はお互いが殺し合うように出来ているのでしょうか。仲間の死には何の感情もいだきません。






tag : 寄生獣_セイの格率, 寄生獣, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。