スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「デンキ街の本屋さん」第4話『chocolate panic』を見ました!

今回は、「デンキ街の本屋さん」第4話『chocolate panic』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。



デンキ街の本屋さん 1 (コミックフラッパー)デンキ街の本屋さん 1 (コミックフラッパー)
(2012/10/12)
水 あさと

商品詳細を見る







コミックタワーだ!!
本屋さんで結構やってますよね。芸術度が高いとそれだけ目を引きます。

「これは…世界遺産…?」さすがに言いすぎだひおたんww
店員一人一棚で、オススメの漫画を紹介するキャンペーンを行っているようですね。
オシマンってなんかエロいな…。

棚ごとの売上を競争するそうです!優勝者には何があるかな!!

カメ子ちゃんパルテノン神殿作ったのかwwこだわるなぁ。

先生は自作のPOPを作ってきたようです。レベルが高い!!

『厳選された旬の漫画をお届けにあがりあがりました。』
自らの写真をパネルに…すごい度胸だ。
「あいつはうちの顔で有名だからな…。ソムリエが勧めるってだけで、買ってくれる人も多いだろうな。」
ソムリエ会なんてやってるくらいですもんね。

「次は、腐ガールのゾンビ棚だ!!」


先生の!!先生の同人誌が委託されてる!!

腐ガールちゃんの棚は意外と普通ですね。
ひおたんのイメージはマイケルジャ○ソンのスリラーかな?
「リアルゾンビは残酷描写すぎるからやめてもらったんだ。」

腐ガールちゃん出てきた!!
本をばらまいていいのかww
「グロはダメだから、ビックリ系にしてもらったんだ。」
「本当は海雄くんにゾンビやってもらいたくて練習してたんだけど…。」

さすがに特殊メイクは怖い…。
そして、腐ガールちゃんのゾンビを見ると殴りかかるクセが発動してしまったわけですね。
そろそろ、海雄の命が危ないぞ…。

ああ…漫画が血で汚れていく…。

「それで、海雄くんが協力してくれなくなって…。」
当たり前だね!!


「そしてみんながお待ちかね、俺の棚だ。」
カントクひおたん好きすぎるだろ!!
ていうか、右のやつダ○チワイフなんじゃ…。
ダッチワイフが喋った!?

「しかも、何で全部BLなんですかー!!」
え!?つまり、カントクはBLも大好きってことですか!?

「っは!?匂う、匂うわ。」可愛い女の子たち!!
「BLの匂いがするぞー!!」
ホ、ホモォ!?

「ほら?大盛況だろ?」
「そんなぁ!やめて、私のイメージが!!」
でも、大好きなんだろ?ひおたん。
今のところ一番人気の棚のようです。

「また何かあったらよろしくね。」
「そこまで言うなら仕方ないですね…。」
誰にでもチョロいのか、カントクにだけチョロいのか…。


海雄くんの棚!
「うわっ、普通…。ちょっとがっかり…。」
「一見普通そうだけど、これから売れそうな本をおさえてるな。」


ひおたんはどんな漫画を紹介するのでしょうか。

私は、ハンター○ンターや、ジョジョ○奇妙な冒険第4部、蒼き鋼○アルペジオ、極黒○ブリュンヒルデとか好きです!!

ひおたんはどんな漫画をオススメしていいか迷っているようですね。
他の店員に相談してるみたいです。
「私にはそんな好きなこともなくて、なんにもない人なんだなぁって…。」
「ひおたんはなんにもなくないよ!まだ好きなものが分かってないだけ!よし、探しに行こう!!」

こうして、みんなでお宝発掘の旅に出かけることに。


みかんブックス!?ふぁいとだぴょん!?
「うまのほねのライバル書店、このデンキ街で血で血を洗う熾烈な競争を繰り広げてる…みかんブックスじゃない!!」
スパイダーマッ!!

「いや、別に隠れなくてもいいだろう。」
「だ、だって、見つかったら即拷問でしょ?」
どんな本屋さんだよ!!そして、イメージの服装がエロい!!

『雄々しく照りかえって』これからは略して、おお照りと呼びましょう。野球漫画かな?
後ろには、腕が伸びるやつと忍者のやつがありますね。

「その本、気になるの?」
「でも、中身見れないし、宣伝文もないなぁ…。だが買う。」
先生は表紙買いするタイプなんですね!
最近は、インターネットで試し読み出来る作品も多くて助かります。
本の入れ方が雑だぞ!?もうちょっと大事に扱って!!

「表紙だけで面白いかどうか分かるの?」
「分からないよ、でも、迷って買わなかった漫画が面白かったら勿体無いだろ?それに、その漫画が人気でなくて終わってしまったら悔しいだろ?」
悔しい…!だがこれでいい!!これでこそ博打!「ギャンブル」なんだ!!
「漫画は一期一会、だから少しでも欲しいと感じたら、買うようにしてるの。」

腐ガールちゃんとカメ子ちゃんは別の商品を見に行きました。
「ほら、2人は自分の欲に正直だろ?でも、人によっては正直になれない人もいる。店の仕事は、その人の欲まで導いてあげることだ。そのための陳列だ。」
確かに…、超ドエロいゲームや漫画を店頭で買うのはちょっとためらいますね…。

「ひおたんは欲に正直なのかい?本当はあるんでしょ、欲しい本。いいんだよ、隠さなくても。」
こ、神々しい…。自らをさらけ出す人はこんなにも眩しく見えるものなのか…。
「ここは、様々な欲を受け入れる街、デンキ街なんだよ。だからひおたん、好きなものに正直になりなさい。」

そして、ひおたんが選んだ本は…
イナズマ○レブン!!小学生の熱きサッカー人生を描いたSFアクション漫画です。サッカーで人が死にます。

「今までスルーしてた漫画が輝いて見える!!」
「新ジャンルに入ったときのこの宝の山感!楽しいでしょ?」(きのこの山じゃないよ!!)
「うん!ワクワクする。私もこの感動人に味わってもらいたい!!先生、私棚作るよ!!」


「残業代、つけとくね。」
カントクが優しい…!!
「ありがとうございます!!」
「あ、それなら…これとか、これも、並べておいたほうがいいだろ。」
オススメを教えてくれている!!
「こんなにたくさん!?」
「まぁ、家で読んでこいよ。買ってやるから。」
どうしたのカントク!?めっちゃ優しいんですけど!?

「でも、まだ読んでないのにオススメなんて…。」
「んー、じゃあ俺のオススメってことにすればいいだろう。効果的な本の並べ方も教えてやるよ。」
「ありがとうございます…。カントク2人きりのときは優しいんだ…。」
何なんだこの雰囲気はぁ…!!


翌日。
ババーン!!『男の友情SP』『あのカントクが認めた!!』『友情だからあれもこれもOK!!』
飾ってあるのは薔薇かなww
その水着はもうやめるんだ!!怒られるぞ!!
これは、ひどい…ひどすぎる…。

「おはよう、ひおたん。昨日の本どうだった?」
「よ、読みましたけど、全部…全部…ゆ、友情を超えちゃってるじゃないですかー!!」
全部読んだのか…。やっぱり大好きじゃないか。
やっぱりカントクは、どちらもイケるんですね!!だから、カントクのオススメってことにしたのね。

「分かってても全部読んだんだ。」
「うぅ!?だ、だって…。」
ひおたんはエロいなぁ…。

その後、ひおたん棚は見事売上1位を獲得した。
みんなBL大好きだな!!


『chocolate panic』

腐ガールちゃんがひおたんと先生にチョコレートを渡します。
「すっかり忘れてた!今日は一年で最高の女子イベントバレンタインデー!またの名を、全国統一女子力テストセンター試験ファイナルアンサー決勝戦じゃないかー!!」
なんか色々混ぜすぎww

猫に小判!ニャース!

私の年収、低すぎ…!?
ひおたんが声をかけてくれたことによりちょっとだけ先生のライプポイントが回復しました。

「海雄くん!あの…その…チョコ作ってみたの。海雄くん好きと思って!」可愛いーー!!
ソムリエさんが見たら卒倒するな。
「手作りですか、ありがとうございます。」
中に入っていたのは…
「と、とろけるゾンビチョコ。早すぎたんだ的な。」
ナウシカの原作読んでみたいです!

「別に僕はゾンビ好きじゃないですよ!」
ゾンビ好きじゃない
ゾンビ…好き…
別に僕はゾンビですよ!

どうしてこうなった…。
海雄…安らかに眠れ…。


今日はソムリエ会の日なんですね!!
集まってるの女の子ばっかりなんですけど!!しかも、超可愛い!!

今日は、バレンタインにちなんだ恋愛特集らしいです!ドロドロよりはあっさりが好みです!!
でも、美海ちゃんやちさきちゃんは大好きです!!

「そ、ソムリエさん…これ良かったら食べて下さい!!」めっちゃ可愛い!!
どんどんくるぞ!?
「ソムリエさん…モテますね…。」
「ああ、あいつはファンも多いしな。毎年バレンタインはチョコが沢山。あれで、去年と同じくらいの量かな。」
クソぁ!!

ん?
「おい、ソムリエ。この気、覚えているか?」
ま、まさか…!!
エロ本Gメンさん!!しかも、今回はスーツ&眼鏡着用。まさか、仕事か!?

ひ、人が…モーゼの十戒か…。

「あなたが先ほど学生に紹介した本、内容が少々過激ですね。実に…不健全です!!」
やべぇ!!ガサ入れだー!!
「前回のソムリエ会で紹介していた本も実に不健全でした。」
前回は私用だったからあえて取り締まらなかったのね。
「しかし…私は…」
私服に着替えた!!まさか…!?

「不健全人間です!!」

お前何でエロ本Gメンになったんだww
みんなの傷が癒えていく…。

「今日は、お礼を言いに来ました。これからも、不健全な本、教えて下さいね。」めっちゃ素敵な声なんですけど!!
そして、バレンタインチョコを渡しその場を去るエロ本Gメン。

ソムリエさんがその背中を呼び止めます。
chocolate panic
今回のタイトルそこから取ったんかい!!

え!?なんで泣いてるの!?
なんでみんな泣いてるの!?

こっそり、うまのほねを抜け出しチョコを買いに行く先生。
「君に決めた!!」
結局買わないのねww
そのうち、差し入れにバラエティパックでも買っていけばいいよ。
「年齢確認ボタンをどうぞ。あぁ、これは違うかww」
精力剤じゃないよ!!セクハラやめなさい!!


ソムリエにチョコを渡そうとする腐ガールちゃんですが、ソムリエはもう帰ってしまったようです。
「まだ渡してなかったの?」
「は、はい…じゃあ、別の日とかでいいです…すみません…仕事します…。」
すっかり落ち込んじゃってますね…。

シュル…
「いいよ、今日はお客さん少ないし。今ならまだ追い付くよ。」
カントクイケメン!!でも、エプロンのヒモ解くのは若干変態っぽかったです!!

「カントク…ありがとうございます!」
「はい、頑張ってね。」
「あと…これ…。」


店長にチョコを渡し、ソムリエの背中を追いかける腐ガールちゃん。
良かった、追いつけそうだ!!

っと思ったら歩くの早っ!?しかも、ヘッドホンしてるから腐ガールちゃんの声も聞こえてない!

どこ通ってるんだwwこれは腐ガールちゃんのイメージなのか…?

ピンポーン
「結局、家まで追いつけなかった…。」これは可愛い…!!

さすが、ソムリエ。家の中は漫画だらけですね。
『何あの漫画すごく読みたい…。』
さすが、ソムリエ。気がききます。

『ち、違う!漫画を読みに来たんじゃない。恐るべきソムリエハウス。居心地が良すぎる…!!』
今日は泊まっていくかい?合体しよっか…?
『ソムリエくんに渡すだけなのに…なのに何で?なんか言い出しにくい…。』
なんだ…!?恋なのか!?

「ソムリエくん!!これ…あげる。」
よく頑張ったな!腐ガールちゃん!!
「あ、開けていいよ…。」

『ホットチョコファッジ ―熱いチョコ私に注いで…―』

エ、エロ本だと!?
「いつもソムリエくんには教えてもらってばかりだから、たまには私から何かあげられたらなって思って…。いつもありがとうね。また、たくさん教えてね。」
そういうことだったのか…。
これは、抱きしめる流れ…!!

「じゃあ、また来てもいいかな?続きとか読みに…。」
良い関係じゃないか…!!リア充アニメなのかこれは…!!



「なんで…なんで…渡せなかったんだろう…。」
まさかの…切ない終わり方…。






次回はパンチラ!!大好きです!!















tag : デンキ街の本屋さん, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。