スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Fate/stay night-Unlimited Blade Works-」第3話『初戦』を見ました!

今回は、「Fate/stay night-Unlimited Blade Works-」第3話『初戦』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。



Fate/stay night 通常版Fate/stay night 通常版
(2004/03/26)
Windows

商品詳細を見る









「こんばんは、お兄ちゃん。こうして合うのは2度目だね。」
はい、こんばんは!!
可愛い女の子ですね。紫の服や帽子が、よく似合っています。

「初めまして、凛。私はイリヤ。イリヤスフィール・フォン・アインツベルン。アインツベルンって言えば、分かるでしょ?」
礼儀正しい気品の溢れる子です。

「アインツベルン……。」


サーヴァントのマスターには、相手のサーヴァントの能力を推し量る"力"が与えられています。
「驚いた…単純な能力だけならセイバー以上じゃない…アレ…。」
セイバーはサーヴァントの中では近接戦闘最強と言われていますからね。
それを超えるのがどれだけ驚異か…。

『これはすさまじいな、アレ一体だけで、他の6騎を敵に回せるぞ。』
「力押しでなんとかなる相手じゃないってことね。アーチャー、ここはあなた本来の戦い方に徹するべきよ。」
遠距離からの狙撃ですね。
しかし、そうなるとマスターである凛が無防備になってしまう。そこで、セイバーの出番ですよ!
協力して戦おう!!そして、負けて落ち込んでいるイリヤちゃんをペロる!完璧だ!!

視線に気づいて笑顔をくれたよ!!この子めっちゃいい子じゃないか!!超可愛いんですけど!!

「こっちは3人よ、凌ぐだけならなんとでもなるわ。」
やったー!!共同戦線です!!

「衛宮くん、逃げるか戦うかはあなたの自由よ。けど、出来るなら…なんとか逃げなさい。」
凛ちゃん本当に優しいな…。士郎というかセイバーがいなくなったら確実にピンチなのに…。

「相談は済んだ?なら、始めちゃっていい?」
待ってくれてた!!良い子!!

「じゃあ、殺すね。やっちゃえ、バーサーカー。」
何その動き!?可愛いんですけど!!
しかし、可愛さと口にする言葉の恐ろしさのギャップが凄い…。

いよいよ戦闘が始まりました。
動きが凄い…。
バーサーカーもでかい図体して素早いですね。
ランサーにやられた傷が癒えていないセイバーでは厳しいのではないでしょうか。

戦闘シーンめっちゃかっこいい!!

バーサーカー体術も出来たのか!?かっこいいぞ!?
「巧すぎる!あれのどこがバーサーカーだっていうのよ!!」
「さぞ高名な英霊なのだろう。狂気に飲まれようと失われぬ太刀筋、感服する他ない。」
「狂戦士というより、野生の化身だな。狂っていようと身体に染み付いた剣の術技だけは消え去らないというわけか…。」
かなりの好評価を得ていますね。
心なしか、バーサーカーも嬉しそうに見えてきました。

凛ちゃんも宝石魔術で援護し、隙を作らせますが…
無傷…なのか…。背中に矢が刺さったように見えたけど…。

「退屈な横槍は無視しなさい。どうせアーチャーと凛の攻撃じゃ、あなたの宝具を超えられないんだから。」

バーサーカーを誘い出してマスターとの距離をとらせた…?
士郎の安全を確保すると同時に、イリヤちゃんを攻撃しやすくするためでしょうか。

「いい?あんたは逃げるのよ!」
「クソ…何も…出来なかった…!」
圧倒的な力のぶつかり合いに、自らの覚悟の足りなさを思い知らされる士郎。
むしろ、逃げなかっただけでも凄いと思います。
「あんな怪物相手に、何が出来るって言うんだよ…!!」

ついさっき出会った少女は、今もバーサーカーと戦っています。
「一緒に戦うって、決めたばっかりじゃないか!!」


「良い出会いでもあったのか?綺礼。」
桜ちゃんと会話していた、金髪の男ですね。
言峰綺礼と知り合いだったようです。
「まぁ、そうだな。古い知己に再開した気分だ。嬉しくないはずがない。」

金髪の男は、聖杯戦争についてやけに詳しいですね。一体何者なのでしょうか。

「まずは待とうではないか。初戦の結果がどのようなものになるのかを。」


セイバーとバーサーカーの戦いを見学しようとするイリヤちゃんを凛ちゃんが奇襲します。
しかし、"何か"によって防がれてしまいました。
イリヤちゃんの周りには、髪の毛?針金?で編んだ鳥のようなものが浮かんでいます。
ここらへん追加シーンですね!この魔術は…。

イリヤちゃんと士郎は何らかの関係があるのでしょうか、士郎にだけ特別な感情を抱いているように見えます。
まさか、恋なの!?ハーレムエンドとかあってもいいのよ!!

鳥は自由に飛び回り、光線のようなものを放ちながら凛ちゃんを追い詰めます。
バーサーカーだけでなく、マスターも恐ろしい強さです。その自信に見合うだけの実力を持っている。

『自動で追尾する自立型、しかもあのサイズで魔力まで生成してるってミニ魔術師みたいなものじゃない…!でも、これだけ高性能の使い魔ならどこかで限界が生じるはず…!!』

「素早い獲物ね、特別にもう2羽出してあげる。」
あの鳥、髪の毛で編んでいるんですね。『高性能の使い魔』をポンポンと…、膨大な魔力の持ち主です…。

凛ちゃんの切り札、宝石魔術を使い、2体倒しましたが…
「使い魔の形状が変化した!?」
イリヤちゃんはまだまだ余裕が有るようですね。圧倒的すぎる…。

「じゃ、これでおしまい。はしたない牝鹿には串刺しがお似合いよ。」
絶体絶命のピンチ!
でしたが、アーチャーの矢?が凛ちゃんを守ってくれました。

「無事かマスター?それとも、余計な援護だったかね?」
「いいえ、助かったわアーチャー。正直後がないところだった…。」
凛とアーチャーは2人で一緒に戦うって感じでいいですね。

「っていうか化け物よアレ。髪の毛一本で使い魔作るとか常識超えてるわ。」
「そのようだな。バーサーカーより先にマスターを倒す方針は正しいが、そう簡単にはいかないようだ。となるとやはり…。」
「セイバーに期待するしかないわね。」


凛ちゃんと士郎が合流しました!
凛ちゃんブチ切れ。
「戦う手段がないんだから、いるだけ邪魔って分からない?何もせずにやられちゃったら無駄死にってもんじゃない!!」
凛ちゃんは優しい。

「セイバーがああして戦ってるんだ。俺が逃げる訳にはいかない。」
「それは、一人前のセリフよ。なんの援護も出来ないあなたがいても無駄死するだけでしょう。」
士郎は力をつけなくてはいけない。
「自分にできないことを人にやらせる気か?おまえ。」
同じ状況で立場が逆だった場合、凛ちゃんは逃げずに戦う、そう確信しているのですね。

なるほど、セイバーは戦闘を有利に運ぶために移動したんですね。
「衛宮くんからバーサーカーを遠ざけることも兼ねてね。」

「語り合う思いもなく、名乗りを上げる自由もない。我らが交えるのは互いを仕留める剣撃のみ。ならばこそ、全霊の一撃で応えよう。行くぞ、ここが貴様の死地だ!バーサーカー!!」

かっこいい!!セイバーが使った技はそのうち説明されるかもしれないし、されないかもしれません!!

バーサーカーを倒しました!!これで一安心!!

「え、アーチャー?離れろってどういうこと?」
「見事だ。だが、それでは足りん。」
アーチャーが手したのは剣…?

バーサーカー生きてる!?
「自己再生…いや、あれはもう時間の巻き戻しに近い蘇生の呪い。死した瞬間に発動する宝具!」
なるほど…、一回死んで生き返ったのか…。っていうか、それ反則じゃない!?

アーチャーが弓を引くにつれ、剣だったものが矢の形状に変化していきます。

士郎がアーチャーの魔力を感じとった?
セイバーをつれてその場から離れます。

辺りを巻き込む強大な衝撃。
しかし、バーサーカーは…
「ランクA相当の宝具を受けて、なお無傷なんて…。」

「士郎、これは?」
「アーチャーの矢だ。それ以外は分からない。くそっ…。」
セイバーごと狙ったってことですよね。
しかし、士郎がセイバーを助けたからこそ、アーチャーは笑ったのか…?

「ふーん、見なおしたわ凛。やるじゃない、あなたのアーチャー。いいわ、戻りなさいバーサーカー。つまらないことははじめにすまそうと思ったけど、少し予定が変わったわ。」
「なによ、逃げる気?」
「ええ、気が変わったの。セイバーはいらないけど、あなたのアーチャーには興味が湧いたわ。だから、もうしばらく生かしておいてあげる。それじゃあ、バイバイ、また遊ぼうね、お兄ちゃん。」
はーい!!


士郎が吐血!?なんで!?
アーチャーの笑みはこういうことだったの!?







tag : Fate/stay_night-Unlimited_Blade_Works-, , フェイト, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。