スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画 「東京喰種」第8巻、69話『過日』、70話『姉弟』、71話『二人』を読みました!

今回は、「東京喰種」第8巻、69話『過日』、70話『姉弟』、71話『二人』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。



東京喰種トーキョーグール 8 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール 8 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/07/19)
石田 スイ

商品詳細を見る





第69話『過日』

回想シーンから入りましたね。
若かりし頃の真戸さんと篠原さんです。
真戸さんはまだ分かるけど、篠原さんは言われなきゃ分からないww

「梟」と対峙したときの話のようです。
梟の赫包は6つから8つ。
元々は羽赫の喰種であると思われる。
また、梟は片方のみの赫眼を持つ。

黒磐特等(当時上等捜査官)が梟の赫包に大きなダメージを与えたんですね。
めっちゃ凄い人だったんだ…。

しかし、次の襲撃のとき、黒磐特等が与えた致命傷は完治。
その場にいた特等全員が戦闘不能に陥ってしまいます。
圧倒的な火力の前にCCGは為す術がなかった…。

「…特等「クインケ」借ります。」
当時19歳の有馬貴将二等捜査官。
彼は、特等捜査官のクインケをふんだんに使い捨て…
"天才"と"天災"の戦いは…"白鳩"側の勝利で幕を下ろした。

致命傷を負った"梟は"姿を消し―…以降なりを潜める。

有馬さんはまさにヒーローですね。


「あの時…私の両腕を奪った青年は今日はいないのか。」
10年前、CCGを襲撃したのはマスターなのか…。

「篠原ァ!「死んでもいい優秀なヤツ」だけ手元に残してあとは別棟に向かわせろ。お前らで無理なら誰もかなわねぇ、無駄死にするだけだし時間稼ぎにもならん。最小限の人数で挑め―以上。」
丸手さんも合理的で、優秀で、優しいですね。苦渋の決断だったでしょう…。

残るのは、篠原さん、黒磐さん、平子さん、そして、13区の上等以上。

「篠原さん…!?」
「亜門、お前もだ7棟へ行け。」
「俺は残ります!!篠原さんと戦わせて下さい!!」
引き下がる亜門さんですが…
「亜門一等、上官命令だ千之准特等につけ。あと、特等ナメんな。  お前は「死んじゃ困る優秀なヤツ」だ。はよ行け。」
篠原さんかっこいいですね…。

平子さんはS級の羽赫倒したことあるのか…。
なんか、失礼ですが、モブっぽいのに優秀ですよね。
「俺は死んでもいい奴でしょうか。」
こんな場面でギャグセンスも抜群です!!

「それで、篠原特等、黒磐特等「クインケ」は?」
「ん…?うん、もう"着てる"。」
着るタイプのクインケ初めて見ました…。
名前は『アラタproto』。


トーカちゃんVSアヤト戦です。
「オレはお前とは違う…トーカ!テメェでも容赦しねぇ…!!…半端な羽根ならもいでやるよ。」


第70話『姉弟』

「世界は力だ。ものごとは力の優劣で全部決まる。…いい加減わかれよ馬鹿。お前は弱ェ。だから負ける、親父と一緒だ。」


初めてトーカちゃんとアヤトの父親が出てきましたね。
「ボクらは"喰種"だから、この世界で生きるには、周りに合わせてヒトと同じように振舞わなくちゃいけないんだよ。」
それにしても肉じゃが凄い量だな…。喰種じゃなくても結構キツイと思う…。
「…この世界は"人間の世界"なの?ボクたちは普通にしてちゃ駄目なの?…」
「……別に人間だけの世界じゃないよアヤト。確かに…向こうの方が数は多いけど、僕たちにはちゃんと僕たちの世界がある。その世界を守るためにはガマンする事も必要なんだよ。」
なるほど、それがお父さんの考えなんですね。ただし、みんながみんなそうではない…。

うぎゃあ…虫は苦手です…。釣餌もつけることができません。

お父さんは料理も作るんですね。貰った食材をムダにしないですむし、良いですね。

「トーカ、お姉ちゃんだからアヤトに色々教えてあげてね。アヤト、お姉ちゃんが困ってる時はお姉ちゃんを守ってあげるんだよ。」

「骸拾い」。
お父さんはそう呼ばれているのですね。
家族のために死体を回収しているのでしょう。それくらいなら優先順位はかなり低くていいような気がしますが…。
若かりし頃の真戸さんと篠原さんですね。だんだん、面影が出てきました。


トーカちゃん…アヤトにやられて満身創痍です。
「…こんな状態でも親父かよ。んなのもういねえんだよトーカ。」


第71話『二人』

真戸さんの捜査は相変わらずえげつないですね…。
まぁ、だからこそ、人間は安心して暮らせるのでしょうが…。

佐藤のおばちゃん…
なんか嫌な予感しかしない…。

「ほ…ほ…ほんとに…あなたたち"喰種"なのね…。あの優男…あんなナリで私たちの事喰おうとしてたなんて…!」
人間と喰種の共存は難しいですね…。
一度は捜査官に捕まったトーカちゃんとアヤトですが、トーカちゃんの赫子が発現して何とか脱出に成功します。

助けたスズメに攻撃されて…こんなの、世界に自分の存在を否定された気分になってしまいますね。

「人間と関わらなければこんな事にならなかったのに…。」

『お姉ちゃんだから―守ってあげないと―アヤトを―…』

そして、この世界を二人で生きていくことになったわけですね。

「"喰場"やお互いの骨肉を奪い合うような生き方はいずれ限界を迎えるよ。 そこで提案なんだけど…トーカちゃん学校に通ってみたくないかい?」
「はァ!?…学校?」可愛い!!

「…代償は何?」
「いつかウチの看板娘として働いてもらおうかな。」
「…フン、ショボ。」
この頃からツンデレの才能を発揮していたんですね。非常に可愛いです!!

しかし、学校に行き始めたことで、アヤトとの亀裂が生まれてしまいました。
「親父のことで学習しなかったのかよッッ!!人間なんか正体バレりゃあ手のひら返しだ。テメェもいつヘマするかわかんねぇ…。これ以上平和ボケと一緒に居られるかよ。」

こうして、アヤトはトーカちゃんの元から去っていった…

「一人にしないで…。」


「しないよ。」
かっけえええ!!金木くんの登場です!!









tag : 東京喰種, 漫画, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。