スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「甘城ブリリアントパーク」第4話『お金が足りない!』を見ました!

今回は、「甘城ブリリアントパーク」第4話『お金が足りない!』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。



甘城ブリリアントパーク1 (富士見ファンタジア文庫)甘城ブリリアントパーク1 (富士見ファンタジア文庫)
(2013/05/21)
賀東 招二

商品詳細を見る






幹部会議ですね。
みんな沈鬱な表情です。
「…お金がない。」

「30円作戦の成果ですね。」
アーシェさんの目が冷たい!
さすがの主人公も言い返せません。

「とにかくだ、このままでは今月の給料も払えなくなる。」
非常にまずい状態ですね。
30円セールは7月31日まで継続すると告知しちゃってるでしょうから、いまさらやめるわけにもいかない。

「このままじゃ、キャバにも行けなくなるミー!」
キャバクラに行ってたのか…、まぁ、個人の自由か。
「パチンコはどうするロン!?」
パチンコに行ってたのか…、タバコの臭いをちゃんと落とすんだぞ!

「そういうわけで、手っ取り早くお金を稼ぐアイディアを出せ。」
ティラミーを他パークに売り飛ばす!!

「皆で競馬!!」
運否天賦じゃダメなんだ!!

「開幕、夜のテーマパーク。」
マジか!?女の子のためにも反対はするけれど、開催することになったら通ってしまう…!!
「風営法違反だ。」
はい…。

「殴られ屋!」
稼ぐのに何発殴られなきゃいけないんだ…!

「FXはどうかしら?」
絵が凄い!!
FXは、よく勉強してからじゃないと危ないぞ!!というか、俺は勉強しても稼げなかったんだ…!!

「そうだロン!!ドルネルの洞穴があったロン!!」
「南に第二パークがあるでしょ?」
そんなのあったのか…。
「そこに、洞穴があるロン。」
「洞穴に財宝があったらしいフモ。」
ここは、魔法の世界とつながる場所…もしかしたら本当に…。


OP!


「あの…クレープ2つ…。」
土偶…ここのキャスト変更して…!!

おお!かなりいい施設じゃないか…!!
「この南エリアはスポーツをテーマにした第二パークを作る計画だったの。
それで、最初に建てられたのがこのスタジアムよ。」
「そのあと、バブルが弾けて計画が吹っ飛び、これだけが残ったフモ。」
現実は非情である。
「このスタジアム含めて、南エリアは今もずっと放置されたままなの。」
なるほど…何らかの形で利用できるようになればいいのですが…。
むしろ、このスタジアム使えばエレメンタリオのステージも大規模なものに出来るのでは!?

「結局、ドルネルは洞穴から戻ってこなかったの。」
怖っ!?かなり危険じゃないか?!
洞穴の奥は広大な地下迷宮だった…その迷宮の奥で財宝を見たと。

隠しスイッチを押したら通路が出てきた…。
一人は入り口に残しておいたほうがいいと思うぞ!!これは閉じ込められるパター…ン…。

「「「しまったー!!」」」

「進むしかなさそうね。」
いすずちゃん頼りになる!!


エレメンタリオの皆様!!
「ポフン!!」
シルフィーちゃんは相変わらずで癒されます。

これがLINEってやつなのか!初めて見た…。
まぁ、洞窟内でも電波が通るならひとまず安心できますね。
しかも、アンテナ4本…。

『いまどこですか?』
『謎の穴m9(^Д^)』
何なのその顔文字wwいすずちゃんメールではテンション違うタイプか!!

「トントントントンスケルトーン!!」
もうシルフィーちゃん大好き!!


主人公一行は謎の広間に。
「フハハハハハハハ、我は扉の守護者なり、冒険者たち我が前へと進み出るがよい。」
あ、これ、忘れ去られたアトラクションパターンだ…。
「喋った…!?」
「馬鹿な!?」
「科学の常識では考えられないミー!」
お前らもたいがいそうだけどな!!

「好きな棺を選ぶが良い、さすれば汝に魔物を屠る武具を与えよう。」
スコップ、スタンガン、金属バット、火炎瓶、チェーン…なんか、現実的で嫌だ…。

凶器準備集合罪なんてよく知ってるな!!この場合「他人」という言葉に、魔法の世界の住人が含まれるか否かが問題となりますね。

ひぇえ、壁から電動ノコギリが!?
これヤバイぞ!?アトラクションじゃない、ガチなやつだ!!
ティラミーは耳切られたけど大丈夫なのか!?

「落ち着くフモ。ここは気を引き締めたほうが良さそうフモ。」
さすが、軍人組は冷静ですね。

「あ、やっちゃったフモ。」
こいつぅ…!!

いすずちゃんのふとした表情の変化が可愛い。

迫り来るインディー・ジョーンズのあれから逃げる最中でもLINEには返信するいすずちゃん。
『死ぬ/(^o^)\』
全然危機感がないww
そして、シルフィーちゃん大好きだww

ガチで殺しにかかってくるトラップの数々。
主人公をかばって、いすずちゃんが落とし穴に落ちてしまいました…!!
無事であってくれ…。
お前もかいマカロン!!
まぁ、マカロンは死んでも死ななそうな気がする。毛皮がクッションになってくれるでしょう。

「千斗…。」
「落ち込んでいる暇はないフモ。まずは迷宮からの脱出だフモ。」
そう…ですね。出口を見つけないと…。

大量のゴブリン…!?
「戦闘タイムだミー。」
「上等だフモ。」
生き生きしてやがる…!!

「血だるまにしてやるフモ。」
「ここがお前らの墓場だミ―!!」
遊園地のマスコットがこんな顔していいのか…。


いすずちゃん生きてた!!良かった…!!
「お風呂入りたい…。」
いすずちゃんはおそらくお風呂好きね!!

牢屋の錠なんて、いすずちゃんのシュタインベルガーで一発です!!
残念ながら薄い本的な展開はありません!!

隣の牢屋から笑い声が…?
何だこの部屋は!?ポスターだらけだぞ!?
本の量もヤバイ!!
「な、何なのこの部屋!?」
「ん?もうご飯の時間?」
ドルネル…こんなところにいたのか…。


爆薬を作れるお花の妖精ティラミー。


「つまり、誰も迎えに来てくれなくて、暇だからプラモ作ったり、アニメ見たり、ネットを引いてもらってゲームをしてたりしたわけね。」
その期間、なんと10年。
ドルネルの目なんかイヤラシイ!!

MMOか…ハマるとやばそうです…。
「一番ハマったときは一日20時間位インしてたネル。」
「ガチの屑だロン…。」
「でも、人目につかずに生活してたのに、なぜ今まで消滅しなかったの?」
「たぶん、ネカマで人気だったからネル。」
そんな方法があったとは…。
確かに、可愛い…。

ドルネルは、10年間、このアトラクションのお客様として居座り続けたってことですね。


次回予告に出てきたドラゴン…!?
「我は赤龍ルブルム、人智を超越したものなり。」

どれだけ、「人智を超越した」って言いたいんだこのドラゴンww
「我を愚弄するか、ならば貴様らの罪、その身を持って償うがいい!!」
絶体絶命です!!

「えぇい、こうなったら一か八か…。おい、ルブルムとやら、さっきから人智を超越したとか連呼してるな!笑わせるな!!
それこそ信じられん!!お前なんぞより、俺の方がよっぽど頭がいいと言ってるんだ。」
「ならば、その証を見せよ。」
「上等だ、何か俺に質問してみろ。ただし、俺が正解を言ったら見逃せ。いいな?」

そういえば主人公には他人の心を読む力があったんだった!!すっかり忘れていた…!!

ドラゴンが一気に小物っぽくなったぞww
「入試の過去問かよ。」
「ださっ。」

「やはり、貴様らを生かしておけん!!」
「うーむ、なんか倒せそうな気がしてきたフモ。」

「秘技覇龍滅殺!!」
なんか凄い技!?
「やめろって。」
なんか、この言い方好きかも!!

「すんません、マジ、すんません、調子に乗ってました!ていうか、今のはやり過ぎだと思いますよ、そりゃ私も、久しぶりのお客さんでハッスルしすぎた感は否めませんが…。」
「お客さんだと?」
「ええ、あなた方は当アトラクション、ルブルムの試練城が始まって以来、2組目の来場者になります。」

やはり、アトラクションだったのですね。しかし、2組目って…よく消滅しなかったな…。

「その話は本当よ。」
非常口までついてるー!!

「昔、ボツになったアトラクションだと…?」
モグラ達はその技術力の高さゆえ、あちこちの権力者から狙われていた。それで、弱っていたころ、パークがこの土地を使わせてくれてかくまってくれた。ただし、書類上はアトラクションの必要があった。

財宝の話は本当だったんですね。しかし…
「この大広間にはおいらたちの財宝があったんだけど、もう使い切っちゃった。」

『大丈夫ですか?』
『大丈夫よ((((;゚Д゚)))』
顔文字が大丈夫じゃない!!えいえいおー!!

「ボブスレー!!」
ワニとトリケンと大工まで一緒になって遊んでるww
シルフィーちゃんには周りを巻き込む力があるのかも!!


今日の出来事を姫様に報告に来たようですね。
「可児江さま…実は…」
姫様が何やら言いかけたようですが…

ドラゴンいいじゃないですか!!パレードやりましょう!!これで客がひける!!

姫様、ちょっと元気が無いですね…。無理してるんじゃ…。

どうやら、モグラ達の敵はすでに滅んでいたみたいですね。これで安心です!!
「ついに自由モグ!!なら、お願いモグ、おいらたちを雇って欲しいモグ!!」
いいですね!優秀な建築士も手に入れました!!

「分かった、雇ってやる。その代わり、みっちり働いてもらうぞ。」
やったー!!

「可児江くん、お金はどうするの?」
「あ、それならいい方法があるロン。」


ドルネルのコレクションを売っぱらったようですね。
「ドルネルのコレクションのおかげで、今月はしのげそうよ。」
どんだけ集めてたんだ…。

「でも、根本的な解決にはなってないわ。一体どうするつもり?」
そうですよね…、どちらにせよ、何か考えなければ…。



「例のブツが手に入ったミー。」
仙豆!?いや、薬物か…!?
「さっそく、試してみるロン。」
「楽しみだミー。」
悪い顔だww







tag : 甘城ブリリアントパーク, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。