スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ログ・ホライズン 第2シリーズ」第5話『クリスマス・イブ』を見ました!

今回は、「ログ・ホライズン 第2シリーズ」第5話『クリスマス・イブ』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。



ログ・ホライズン 第2シリーズ 1 [DVD]ログ・ホライズン 第2シリーズ 1 [DVD]
(2015/01/28)
寺島拓篤、前野智昭 他

商品詳細を見る






前話の最後、キョウコちゃんが謎の大地人に殺された後も、殺人事件は続いているようですね。
冒険者の口ぶりからすると、キョウコちゃんは無事生き返ったのかな?良かった…。
かといって、死に慣れるというのも恐ろしい話ですが…。

衛兵とは、この世界がゲームだった頃の治安システムである。
戦闘行為禁止区域内での暴力行為を即座に感知し、瞬間移動で制圧に向かう。
彼らは、外部からの魔力で身体能力を大幅に向上させる鎧『動力甲冑(ムーバブルアーマー)』を身にまとっている。
それにより、大地人であるはずの衛兵が、冒険者を上回る能力を持ち、都市の治安を守ることが可能となるのだ。

衛兵って大地人が中に入ってたんですね。自動で動いてるのかと思ってました。


冒険者の中でも、治安維持部隊が発足し、夜の街を見まわっているようですね。
部隊はレベルの高い者で構成されているのでしょうが…

全滅。犠牲者は10名を超えたようです。
殺人鬼の名前は、『エルバート・エルリス』。職業サムライ。レベル94。

円卓会議内では、レベルの低い冒険者を他の場所に避難させる案も出ています。

シロエの不在も、そろそろ怪しまれ始めましたね…。


「50レベル以下の者はゴブリンの残党狩りに参加するように。通達が出たのですニャ。」
殺人鬼から避難させるための口実。
トウヤは殺人鬼を懲らしめてやりたいようですが…
「下手したら死にますニャ。」
「覚悟の上だって。」
「また生き返れるからですかニャ?」
にゃん太さんは良き師匠ですね。
「生き返る事自体がすでに特別扱いされているようなものですニャ。それに慣れてしまうのは、あたりまえだと思ってしまうのは、代わりに何かを失ってしまう気がするのニャ。」

アカツキちゃんはクリスマス・イブの今日も、奔走中のようですね。
レイネシア姫を守ってほしい。
『何から守れって言ったのかな…。確かに、大地人は弱いけど、でも、彼女は充分強い…と思う。彼女を守れる資格なんて私にあるのかな。何か言えるような資格だって…。強く…なりたいな…。』


西風の旅団ギルドホール。
旅団でも殺人鬼をどうにかしようとしているみたいですね。
「目標は身内を斬った輩だ。斬り捨てろ。」
怖っ!?ソウジロウめっちゃ怒ってますね…。

あれ!?サラちゃん出た!?

キョウコちゃん!!元気そうで何より!!
「身内の誰がやられても、ソウジは絶対相手を許さない。」
『確かに優しいよ、ソウジは。でも、優れて善良だからじゃない、あれはただ単純に、そういう性念だから。だからこそ、一度怒れば何をするか分からない。その恐ろしさと紙一重の優しさだけどね…。こんなときあの二人がいれば…、ソウジを諌めたり影響を与えられるのは和彦さんかシロエだけだから…。』
ソウジロウは割りとすぐ怒りますからね。
西風の旅団のメンバーはそれを知っていても着いてきてくれる。ソウジロウ自身、旅団のメンバーに支えられてるところがあると思います。

殺人鬼が現れたようです!
「調査班は下がらせるよ。私ら本隊で、包囲殲滅だ!」


レイネシア姫の元に菫星さんが。一体何用でしょうか。
大地人の間では衛兵は衛士と呼ばれているのですね。
「その詰所より、一揃いの動力甲冑が盗まれました。盗みだしたのは衛兵の一人、我がクニエ一族の者だと推測されます。衛士の動力甲冑は都市の地下に構築された巨大魔法陣から、常に魔力供給を受ける必要があり都市ごとにその調整も異なります。」
犯人は街の中にいる可能性が高いということですね。そして、街の中にいる限り、その者は無類の強さを発揮する。
「まさか、殺人鬼は…。」
「はい、あの犯行にはクニエ一族が関わっている。恥ずかしながら、そう断言せざるを得ません。」
大地人が冒険者を殺めた。やっと、埋まり始めた大地人と冒険者の溝が、更に大きくなってしまう…。

魔力供給を停止すれば、動力甲冑は機能を失うものの、同時に都市の防衛機能も停止し、モンスターの侵入を許すことになってしまう。そうなれば、今よりも大きな被害が出ることは必至。再稼働には10年もの期間が必要となれば、殺人鬼を捕まえる間だけ魔力供給を停止することも不可能…。

ジリ貧ですね。冒険者に事情を話さないわけにもいかなくなるでしょう。
おびき寄せて、袋叩きって方法も、大規模戦闘系ギルドが出払ってる現在の状況では厳しいかも…。
衛兵には衛兵って考え方もあるかもしれませんが、衛兵の攻撃が冒険者以外に通るのかどうか…。

「もうダメです。ほんとにダメです。なんで今なのでしょうか?何で私ですか?よりにもよって、自分が赴任したときに限って…。もう少しどうにかなりませんか?サービスしてくれませんか?手加減してくれませんかねぇ?どうすればよいのでしょう…。」
久しぶりのぐうたら姫モードですね。こっちの姫様の方が可愛くて好きです。
って、アカツキちゃんがいる!?クラスティさん以外の冒険者に本性見せたの初めてじゃない!?

「円卓会議に相談する?」
「でも、それをしてしまったら冒険者の方々と争うことになりませんでしょうか?」
「かといって、秘密にも出来ない。」
あとで、バレるより自分から話したほうが幾分かマシだと思います。

「あの妖怪は、何でこんなときにいないのでしょうか!用事がないときはあんなに顔を見せていたくせに…。」
にやにやする!!

あれ!?アカツキちゃんが居ることに気づいてなかったのかww
「あの…聞いてました…?」
バッチリ祭りだぜ!!

ア、アソパソマソ!?
甘いモノを食べて落ち着くというのは良い考えですね。

「…潜伏場所は下水だと思う。戦闘能力を失うから、街の外に出ないとすれば、探す場所は限られる。まだ探しきれなくて、人目につかない場所は下水くらい。」
しかし、もし衛兵を追い詰めたとしても…
「衛兵は瞬間移動が可能だから取り囲んでも逃げられる…。」

『小さな肩。重い責任を背負わされているのにこんな小さな肩で、頑張ってたんだ…。』
「見つけてくる…。役目を果たすから…。頑張っているの見てたから…。」
おお!かっこいいぜアカツキちゃん!!


イサミちゃん!!
ギリギリのところでソウジロウが間に合ったようです!

旅団でもかなりの高レベル組が集まって全然ダメージを与えられないとは…。
やっぱり、勝てないのか…?

「"天眼通"ソウジの口伝、防御の技。空を走る軌跡を見るようなものだとソウジは言っていた。だけど、余裕が無い…。いつもなら剣で弾かず、流すか躱すかするのに…。」
とうとう、口伝の一つが明らかになりましたね。口伝って一人一つなのでしょうか。凄いスキルです。

『ソウジにかけていた障壁が消し飛んだ…HPの2割は防げるはずなのに。この調子じゃ長くは持ちこたえられない…。下手に逃げれば、あいつは矛先を変えてみんなに襲いかかるだろうし…。ソウジ一人で、それを抑えられる保証はない…。』
なずなちゃんとソウジは息ピッタリですね。ソウジが何を考えているのかも理解しています。

くっ、リア充め…!!

「危ないソウジ!!」
アカツキちゃん…!!

なずなちゃんはとっさにアカツキちゃんにも障壁をかけます。
アサシンタイプなら、狭い路地裏でもソウジロウと組んで戦えます!!やったれ!!

『強い…、それにあの刀…。』
何か様子がおかしいのか、それとも、アカツキちゃんが欲しがっていたあの刀なのか…。

「逃げて…!」
「なぜです…?」
「倒すのと、解決するのは違うから…!」
かっこいいぜアカツキちゃん!

「だから、逃げて…!!」
「そんなことには頷けませんね。引け!ナズナ!!」
「了解!ギルドホールで待ってる…!!」

『仲間を見てた!?この戦いの中で…。いかに引きつけ、頃合いを見て逃すか。勝ち目はないと知りながら、仲間のために…。』

「クリスマスイブですからね、僕も先輩の後輩にくらい、少しは贈り物をしないと…。といっても、言えることなんて大してないんですけどね。 よく見て、よく聞くこと!強く望み、そのために考え続けること!諦めずに鍛錬を続けること。…ホント、情けないくらいなんの説明にもなってないですけど…これが…口伝の全てです…。」

ソウジロウが…死んだ…。

「まだだ…まだ、何も掴めてないのに…!!なにか…届きそうなのに…!!」


「ありえねぇだろ!?こんな…。」


「今日は、お前らの間じゃこう呼び交わすらしいな…。メリークリスマス。」

「どうしてる…かな…主君。会いたい…な…主君。」







次回、夜明けの迷い子。
これが…ウィリアムが言っていた、死ぬと見えてくるいろんなもの…。






tag : ログ・ホライズン, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。