スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アカメが斬る!」第18話『鬼を斬る』を見ました!

今回は、「アカメが斬る!」第18話『鬼を斬る』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。




アカメが斬る! (8) (ガンガンコミックスJOKER)アカメが斬る! (8) (ガンガンコミックスJOKER)
(2013/07/22)
田代 哲也

商品詳細を見る









「みんなと、もっと一緒にいたかった…。一緒に戦ってほしかった…。俺が…俺がもっと…。」
この辺詳しく見たいと思った方は漫画を読むと幸せになれると思います。ちょっとした回想シーンを見ることが出来ます。

いよいよ、敵の本拠地、キョロクへ突入です!!
この戦いに勝てば、何かが変わる…そう信じたいです。


まぁ、イェーガーズもいますよね。
ボリックの周りにいる女の子可愛いぞ!!

皇券寺羅刹四鬼
うむ、可愛い女の子が二人います。

『大事な持ち駒であるこいつらが来ているのに私まで出向かせたとは…。大臣め、よほどこの宗教団体を重く見ているな。』

クロメちゃん…、チェルシーちゃんの攻撃が効いているのか…?


エスデスさん何だその服!?ナース服も素敵だけど…
「回収した刺客の体を解剖してみたが素性は不明だ。」

クロメちゃんは結構無理をしているみたいですね。
「暗殺部隊の人間は戦えないって判断されたら、口封じもかねて処理されちゃうから…。もし、イェーガーズから外されたら、私は…もう…。私は戦わなきゃ、処理されるのはまっぴらごめん。そうやって死ぬために生まれてきたんじゃない…!!死ぬなら戦って死ななきゃ、仲間たちがそうだったように…。」

アカメちゃんがそうだったように、いや、それ以上かも知れない、クロメちゃんにも色んな物語があったんでしょうね。
ぐわあああ、クロメちゃんにも死んでほしくないんだー!!


タツミと、マインちゃんでキョロクの偵察に来ているようですね。
「あんまり張り詰めてても危ないんじゃないか?そういう空気って相手も分かるぜ、もっと自然体でいよう。」
タツミもかなり成長してます。
『チェルシーが死んであんなに悲しんでいたのに、落ち着いて次の任務に立ち向かっている…ふん、成長したじゃない。』

こちらは、ラバ。
聖堂付近の危険地帯の偵察に来ているようですね。
『幸い俺は顔も名前もバレてないし、とことん調べて、ナジェンダさんのポイントアップだぜ。』
何でナジェンダさん裸なの!?
そして、ひどい顔してるぞww

さっそく、バレてる!!
可愛い子ちゃんとひげ面のおっさんですね、敵もかなりのやり手です。


こちらはアカメちゃん。
キョロク郊外で、革命軍の偵察部隊と一緒に隠し通路を探してるみたいですね。

羅刹四鬼の一人イバラ…。
アカメちゃんとは知り合いなのか…?
なんかすっごい黒塗りなんですけど!?何がどうなってるの!?

なるほど…イバラとアカメちゃんは昔の仕事仲間ってわけですね…。

何だこいつ!?
爪や体毛が伸びたのか…?

「俺たち羅刹四鬼は壮絶な修行に加え、寺の裏山に住むレイククラーケンの煮汁を食べて育ったせいで身体の操作は自由自在よ!」


一体であの強さなんだから、ラバはかなりやばい状況なんじゃ…。
死んだふりをしてやりすごす作戦のようですね。賢い!!

もう一人革命軍の女の子がいたのか!
『あれは、俺が合流する予定だった子かな…?すまねえが、助けられねぇぜ…。密偵である以上、こういう覚悟はできていたはずだぜ。』

可愛い女の子。服装も可愛いです…。

「あー、やっぱりダメだ。味方の女の子見殺しにはできねーや。」
ラバかっけええ!!

「俺はさ、自分のポジション考えて…正面切った戦いは極力避けてるんだ。いざガチで戦うとなりゃ、とことんやるぜ!二人まとめてかかってきな!!」


腕めっちゃ伸びてる!!
うおおお!!アカメちゃんの服が!?

アカメちゃんの帝具が、イバラの手に渡ってしまいました!!
「な、何だこの刀!?」
流石アカメちゃん!帝具なしでも強い!!
「お前はムラサメを禍々しい刀だといったからな。相性が合わないと思った。」
なるほど…。

イバラさん首の骨折れてたんじゃないの!?
しかし、
「呪われた刀に気に入られなかったんだ。業が軽いと喜ぶべきかもな。」
無事アカメちゃんの勝利です。

「危険な女だなお前…好きになっちまいそうだよ。」
許しません!!

このことは、ランによってエスデスに報告されたかもしれませんね。
より、警備が厳重になるかもしれません。


糸を束ねて武器を作る。
ラバって実はかなり強いのかも!!
「この程度が奥の手とは…、笑わせるな!」
「そうかな…?俺の目的はもう達成されてるんだぜ。後ろを見てみな!!」
女の子が逃げてる!!よくやったぜラバ!!

「そして、俺もさよならする!!」
賢明な判断だと思います!!

「女を逃がすため派手な演技で目を引いていたというわけか…仕方なし…。お前だけでも魂を開放してくれる!!」
足めっちゃ早い!?
「いいのかな?そんな勢いで突っ込んできて。」
ラバの帝具"クローステール"の糸は超級危険種の体毛からできている。
特に急所を守る体毛は極めて強靭、ここの部位でできた糸はあまりに鋭く、界断糸と呼ばれている。

「とっておきの糸だ。お前でも切れないだろ。」
ひげすげぇ!?しかし、界断糸の方が強靭だったようです。
怯んだ隙に、糸の槍が体を貫きます。

「ぬるいわ小僧。修行を重ねてきた体、この傷ごときでっ」
「体がどんだけ強かろうが関係ねー。クローステールが胸に刺さった時点で、お前の心臓へ糸は向かっている。」
ラバかっけええ!!

そして、残るは一人。
「悪いけど、帝具まで見られた以上、生かして帰さねぇ。」
「悪くはないっしょ。殺し屋なら当然当然。」

メズちゃんすっごい汗かいてる!!
「脂っつうか私の汗だね、羅刹四鬼はこういう身体の操縦得意なのよ。」
ちょっとくらいたい…。

「これで、防御結界も役に立たないわけだ。」

ラバ大ピンチです…。
「くそっ可愛いなぁ…、敵味方じゃなきゃナンパしてた…。」
「お前みたいなタイプ嫌いじゃないから、OKしたかも。」
マジで!?俺ともデートして下さい!!
「まっ、それは来世で。バイバイ!」

投げたナイフに糸を仕込んでいたんですね。戻ってきたナイフがメズちゃんに突き刺さります。

なんか、ちょっと生き返りそうで怖い…。


なんだなんだ!?マインちゃんとタツミは結構いい雰囲気だぞ!?

「不毛な喧嘩はやめて下さい。」
安寧道の教主さん!?めっちゃ偉い人なんじゃ…。
「私には見えます、あなたたちは赤い糸で結ばれている。だから、喧嘩より先に告白をしましょう。カップルになれば喧嘩の一つもたまにはいいと思いますけどね。」
意外とフランクな人だなww


「おめでとう、あなたは教主様の従者という名誉な役に選ばれましたぞ。」
超可愛い子ちゃん!!
「ですが、あなたには、まだ悪しき邪念が取り付いてますねぇ。それでは役目不適切です。裸になりなさい、私が聖なる儀式で清めてあげますぞ。」
お前がするのは性なる儀式だろ!!偉ぶってんじゃあないぞ!!
「はい、ボリック様お願いします。」
マジで!?ちょっとうらやましいんですけど…。

神聖な儀式(意味深)

なんで!?なんで、女の子メロメロになってるの!?










次回は、マインちゃんとセリューちゃんの対決か…?!










tag : アカメが斬る!, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。