スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「グリザイアの果実」第6話『レーゾン・デートル』を見ました!

今回は、「グリザイアの果実」第6話『レーゾン・デートル』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。




グリザイアの果実グリザイアの果実
(2011/02/25)
Windows

商品詳細を見る







カッターの音怖いよぉ…。

「それでね、榊さんって妾の子なんだって。お父様と離れて暮らしてたんだけど、跡取りの弟さんがお亡くなりになったから本家に呼ばれたって…。」
由美子ちゃんにそんな家庭事情が。しかし、なぜペラペラと他人に話すのか…。

このくらいの髪の長さの由美子ちゃんも可愛いですね。

なるほど、「面白いこと」が聞き出せるから由美子ちゃんと仲良くしてたと。なんて悪趣味な…。

「榊さん…、どうしたの?お顔の色がよろしくないわ。」
何故ごまかせると思ったのか。

『私には安住の地がなかった。でも、今はもう、それがなくても生きていける方法を知った。』


なるほど…、学園に入学したのは雄二の希望でもあり、仕事でもあったのか。
いや、入学してから仕事の話があったのかな…。

とにかく、雄二は調査員として由美子ちゃんを監視する義務を負っているようです。
「由美子には一刻でも早く、我が東浜電鉄グループの一員となる準備をしてもらわんといかんのだ。」
クライアントは東浜電鉄グループ社長であり、由美子ちゃんのお父さんでもある榊道昭。

JBさんは雄二にはできるだけ普通の学生生活を送ってもらいたいみたい…?
「彼に、由美子が素直に実家に戻るよう心変わりをさせる手伝いをさせたまえ。」
「私どもの組織は、カウンセリングや洗脳を生業としているわけではありません。」
「そうだ!うちの連中に由美子を襲わせ、恐怖感を味合わせよう。そうすれば恐怖で私の言うことも聞くようになる。」
それでも父親かよ…。

「その作戦で行くのならば、私から一つ御提案があります。」


幸ちゃんは意外とドSですよね。

雄二は、由美子ちゃんを監視するため、みんなとのゲームを切り上げます。
「最近お兄ちゃん、由美ちゃんのケツばっかり追い回してるね。」
なんか、言い方が良くないよ!?
天音ちゃんは相変わらず私服が凄いな…。もはや、パンツ穿いてない。

「トイレットペーパーは指んとこ痛くなるからあれは天姉が持つんだぞ!な!」
薪菜ちゃん可愛いww


由美子ちゃんの護衛…
「守りながら、叩きのめされてほしいの。」
全ては由美子ちゃんを言いなりにするため…。


とても綺麗な絵だと思います!!
「絵を描いていれば人と話さなくて済むもの。」
たとえ手段の一つとして続けていたものでも、そこまで行くと立派な芸術さ!!

由美子ちゃんは雷が苦手。これも、トラウマに関係があるのかな?

出たな黒服!!
雄二の後ろにそそくさと隠れる由美子ちゃん可愛い!!

「悪いな…気が変わった。」
おお!!かっこいいぜ雄二!!


雄二と由美子ちゃんは橋の下に隠れて様子を見るようです。
「事情を聞かないの?」
「聞いて欲しければ聞く。お前が話したくなければ俺は聞かない。」
いつだかと同じセリフですね。

「あなたはどうしてそう強いの?」
「俺は自分が強いと思ったことはない。」
「強いわよ。こうやって一人で生きていけているじゃない…。私とは大違い…。」

「私の父は、母との結婚で跡継ぎになる男の子を望んでいたの。だけど生まれたのは私。体の弱かった母は次の子をつくれなかった…。」
とても美人なお母さんです。
「母は、父から、榊の家から援助を受けていた実家からも責められ心と体を病んでいった…。世間体を気にする祖父母に入院させられて、母は一人になった。そしてそれは、私も同じだった。うわさ話と好奇の視線に晒され、友達なんて一人もできなかった。家では祖父母が邪魔者を見るような目で見つめてきた。それでも私は毎日のように母に会いに行った。いつかまたあの笑顔を見せてくれると思っていたから…。あの日までは…。」

「由美子…あなたが男の子だったら良かったのにね…。なんで…そうじゃなかったのかな…。」
これはショックを受ける…。

榊道昭は愛人に男の子を産ませた。それがショックで母親は自殺。
「最後まで、男の子を産めなくてごめんなさいと謝っていた…。」

その後、男の子も病気で死亡。
「父は私を連れ戻し、何くわぬ顔で私を跡継ぎに育て上げようとした。」

そして、冒頭の事件…。

「父は、私を世間から隠すために学校を作った。それが美浜学園。」
そうだったのか…。

「私という人間の価値なんて何一つない。…喋りすぎたわ、こんな価値の無い人間の相手をさせてごめんなさい。」
そんなことはないぞ!由美子ちゃんに価値がないなら俺の方がもっと価値がない自信がある!!
「…確かにつまらない話だ。お前が一人でいたい理由は分かった。だが俺には関係のない話だ。先に行く…。」
あれ?!思ってた以上に冷たい…?


「あの風見某とかいう男を即刻退学にし給え。由美子がようやく落ち着いてきたのに傷でもつけられたらかなわん。」
傷をつけてるのはどっちだよおっさん!!
雄二を退学にしなければ、学園は廃校、由美子ちゃんはアメリカに留学。
権力を持った子供は厄介です。


天音ちゃん!?おっぱいが蒸れるのかい?!


「私よ、話があるの…。」

雄二は自分の部屋にこもっているようですね。

榊道昭が学生寮の前にやって来ました。
「ちょっとあんた!なに偉そうに忙しぶってんのよ!!時間がないならとっとと帰りなさいよ!由美子は今テンパってんだから!!分かったらさっさと帰りなさい!しっし!」
かっこいいぜみちるちゃん!!
「素敵ですみちるさん。後でご褒美に角砂糖をさし上げましょう。」
セッコかよ!!

「貴様ぁ!やはり由美子をこんな小娘共と一緒に置いておくのは間違いだな!」
「心配は無用よ。こんなところでも、榊の家よりずっと居心地がいいわ。」
言ったれ由美子ちゃん!!

由美子ちゃん拳銃持ってたの!?
「買ったのよ、ネットで。」
マジで!?そんなもの売ってんのネット!?
「あれは…ワルサPPK。ドイツのワルサー社が開発した警察用拳銃です。見たところ、口径は32、装弾数は7プラス1発。」
幸ちゃん詳しいなwwルパンが持ってるやつの仲間ですかね。

みちるちゃんちょっと黙って!!

無駄撃ちはやめて、一箇所に狙いを絞るんだ由美子ちゃん!囲まれた以上、殲滅は不可能だぞ!!
「馬鹿な真似はやめて出てこい由美子!美佐子に続いてお前まで失ったら私は一人になってしまう!」
あれ…?由美子ちゃんのお母さんを責めたのも、自殺に追い込んだのも、由美子ちゃんを無理矢理連れ戻そうとしたのもおっさんだよね…?よく分からなくなってきたぞ?!

「私は今まで、跡継ぎのお前の為を思ってだな!!」
説得力なんて微塵もないぞ!!
「嘘よ!!あなたは私のために考えたことなんてない!あなたは榊の家の呪縛に取り憑かれてるんだわ!!私はもう、あなたみたいになるのは嫌!!死んでも嫌よ!!」
「いいかげんにしろ!お前一人が傷ついたと思っているのか!!」

命を張れるタイプの男だったのか!?
「父から受け継いだ大東浜を小娘のわがままで潰すわけにはいかん!」

ヤバイ弾切れだー!!

「突入!!」

手榴弾だーー!?
そういえば、第1話の最後の辺?で幸ちゃんが色々作ってたような…。

「お父さん、あなたは私のことを分かってくれなかったけど、私もあなたのことを分かろうとしなかった。こんなことは、私たちで断ち切らないと。私は最初からいなかった…そう思って…。ごめんね…お父さん…。」

雄二、由美子ちゃん助けてあげて!!

飛び込んだのは会社の跡取りのためか、娘のためか…。

娘のためだったのかも…。



「何の用だ?」
「礼を言いに来た。学園を残してくれたことに感謝している。だが、なぜだ?」
「部屋に、これがあったそうだよ。自分がいなくなっても、美浜学園はそのまま続けて欲しい。最初で最後のあの子からの頼まれごとだ。最後に、あの子が残してくれたあの顔、あの言葉、あれが心に焼き付いて離れない。由美子が命をかけて私に何かを教えてくれたんだ。この先の人生で、それが何なのかじっくりと考えてみるよ。ありがとう、由美子。お前という娘が持てたことを私は誇りに思う。」
娘の死によってようやく変わったわけですね…。


そして、隠れてそれを聞く由美子ちゃん。
何となくそうじゃないかと期待していたよ!!
「ええ…私、こうして別れてやっとお父さんの気持ちが分かった気がする。今も榊の家に生まれたことは嫌だけど、お父さんとお母さんの間に生まれたことは少しだけ、嬉しく思えるようになった。ありがとう…お父さん…お母さん…。」
由美子ちゃんもこれで自分の人生を生きることが出来るようになったわけですね。
これが一番良い終わり方なのかも…。


雄二が橋の下で由美子ちゃんに冷たいセリフを言ったとき、同時にメッセージを見せていたのですね。
『見張られている。親父さんに関しては俺が協力するから、お前は自分の生き方を決めろ。』
いつの間に書いたんだ!!

死体の調達はJBさんがやってくれたみたいですね!愛してる!
なんだかんだで、甘い人ですよね。

娘に盗聴器まで仕掛けるなんて…。どうかしてるぜ…。
「最後にこれ、戸籍。ほとぼりが冷めるまではうかつな行動は避けてね。そこから、新しい人生が始まるのよ。」


「タッチが変わったな。」
「そう?」
「ああ、魅力的だ。」







tag : グリザイアの果実, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。