スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「PSYCHO-PASS 2」第6話『石を擲つ人々』を見ました!

今回は、「PSYCHO-PASS 2」第6話『石を擲つ人々』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。




PSYCHO-PASS サイコパス 2 VOL.1 [Blu-ray]PSYCHO-PASS サイコパス 2 VOL.1 [Blu-ray]
(2014/12/17)
不明

商品詳細を見る







前回の続きからですね。

本格的なアクションシーンです。
「確かなんですか?唐之杜さん!」
「ええ、今ドローンを遠隔操作してるのは…」一般市民。

蓮池さん単独行動の深追いは死亡フラグだぞ!!

「おそらく、当人たちに自覚はなし。国境警備オペレーターが使う保護プログラムが利用されてる。」
サイコパスが悪化しないよう現実と違うホログラムを見せる。実際に一部では利用されているのか…ちょっと怖い。

『殺意なく殺す人々。彼らの色は何色かそういうことなの?鹿矛囲!』


ゲームは複数のサイトで公開。削除しても数分で再登録。
コントロールを奪うのにも時間がかかるようです。

「デコンポーザーの弾数は3発。厳しい状況ですね…。」
デコンポーザーって弾数制限とかあったのか…。知らなかった…。

「鹿矛囲はドミネーターの機能を追究していた。デコンポーザーでドローンを無力化できるのは分かっていたはず…。 全ての執行官に警告!単独行動は禁止。監視官の傍から離れないで下さい。ドローンは囮です、ドミネーターを持った敵が背後にいます!」


酒々井さん…今度は自ら執行官を撃つのか…。
「鹿矛囲の作る世界に猟犬はいらない。」
そんなの、世紀末になっちゃうぞ…。治安もクソもない。

「気分はどうかな?」
「とても澄んだ気持ち。サイコパスがクリアなままなのが自分でも分かる。」
「それこそ、君が本来持っていた心だ。君は開放された。おめでとう。」
完全に洗脳されている…。

酒々井さんの目を自分に移植したのか!?
「完璧だ。これでこのドミネーターは、僕を君だと認識し続ける。」
「あなたの目になれて嬉しい。役に立つのなら私の体どこでも使って。」


「ああん、なるほど…。お前たちの目的は…」「ドミネーターの回収。」


「先輩のサイコパスの変化を記録してる!?配属された日から…毎日!?気持ち悪っ!?」
身長、体重などを毎日記録されてるようなものですかね。いい気分ではない…。


「これは…酒々井監視官が起動した2丁のドミネーターが、別々に動いてる!?」

「霜月監視官を待って、応援に出ます!」
「駄目よ!敵にドミネーターがある以上、執行官は来るべきじゃない。」
一方的にやられることになってしまいますものね…。実銃を使わない限り…。

3係は全滅…?
鹿矛囲は"透明人間"だからドローンには狙われないのね。

朱ちゃんは一人で鹿矛囲を追うようです。
「ドミネーターでは監視官は殺せない。鹿矛囲は、私が捕らえてみせます!」
どうするつもりなんだ…?


「何勘違いしてんの?!執行官を下がらせて前線に立つなんて、ちょっとサイコパスがクリアだからって調子に乗って…。濁っちゃえばいいのに…。 …っ!?私…何言ってんだろう…。」
濁っていってるのは霜月ちゃんの方だ…。


「ゲームのクラウドサーバー。灯台下暗しなんじゃないのか?」
雑賀教授と雛河執行官も合流しました!

鹿矛囲は国防省のサーバーを乗っ取って直接ドローンを操作しているようですね。
「次はゲームプログラムをクラックして、サイコパス保護のホロを解除しろ。」
ゲームだと思っているプレイヤーに現実の光景を見せるつもりなのか…。
確かに、ここで鹿矛囲を捕まえておかなければ被害がどれだけ増えるか想像もつきません。
まぁ、プレイヤーのサイコパス数値は跳ね上がるでしょうが…。

「さっすが、国防省のプログラム。ホロ情報を解除するだけでも骨が折れそう…。」
「ぼ、僕が…やる…。お姉ちゃん…助けなきゃ…。」
雛河さん頼りになる!!朱ちゃんのことお姉ちゃんって呼んでるのかww


須郷さんかっけえ!?
「お守りは監視官の仕事だぞ!逆なんてやらせるな!」
東金さんと宜野座さんも戻ってきました!

「それより、今の…。」
「同士討ちを避けるための安全装置です。一定の射角内に同機種が存在する場合、銃にロックが掛かるようになっている。」
須郷さんの知識が役に立ちましたね!
「自分に作戦があります。ドローンの大半を無力化できるかもしれない。」
「かもしれない…か。失敗した場合は?」
「自分が死ぬだけです。損害とは言えない。」
かっこよすぎるぞこのセリフ!?

「須郷執行官説明を、私がやります。」
朱ちゃんは自己犠牲精神が半端ない…。

「須郷さん、命令です!私に指示を!早く!これ以上犠牲が出ないうちに…!」
「…この先の運用試験場へ移動します。」

東金さんの趣味発動。
「この状況でなんてふつくしい…。だからこそ、黒く染めてやりたい…。」

東金さんの目的は、朱ちゃんを濁らせることなのか…。


フライドチキンを投げてる!?鶏が!?自らの身を犠牲にしているのか…。

「ドローンは、常守監視官に標的を絞っています。それを利用し、誘導します。」
監視官以外はドミネーターで一方的に殺せるものね。
「これは?」
「ドローンの装備用火器です。」

ひぇえ、一体どれだけ集まってるんだ…!?これだけの銃口に狙われるとか怖すぎる…。

「今よ!!」
集めてあった火器を利用して爆発を起こしたのか…。
これで、ドローンの大半は無力化できました!!


実銃を手に入れた…!これで、鹿矛囲に対抗できる…!!


「お?コンティニューきたー!」
マジか!?今度は警備用ドローンまで!?数が半端ないぞ…。

ホロの解析出来た!!
「よーし、すぐにゲームプログラムに打ち込んで画面のホロを解除しろ。」
「待って!プレイ中の人たちに今までの現実を見せるってこと?!そんなことして何人のサイコパスが濁ると思ってるの?!」
今すぐそうしなきゃ、どんだけの被害が出るかも分からないんだぞ!?いつまで、平和ボケしてるんだ!!
「…そいつは、お前さんの仕事だ。このまま全てのドローンがコントロールを奪われたら、どうなると思う?マニュアル通りじゃ、どうにもならないこともある。」


須郷さん!?撃たれたのか…。
宜野座さん!?義手で殴りかかるとか1期じゃ考えられないなwwかっこよかったぜ!!

雛河さん祈ってるww

「すみません、宜野座執行官…。」
「黙って、走れ!」


カチャカチャカチャッターン!ホロの解除開始です!
エリアストレス警報が発令。仕方ないね。
「だから言ったのに!こんなの全部対処しきれるわけないじゃん!」
「泣き事言うな。監視官だろ。」
「出動しましょう。霜月監視官。」

「集団的なサイコパス汚染か…。まるでシビュラの弱点を一つ一つ確認してるみたいだな…。」


とうとう鹿矛囲に追い付きました!
「これが君の色…。やはり驚くほどクリアだ…。」
実弾で撃つんだ!!

「あなたは何者?何が目的なの?」
「常守監視官、君に裁きを見届けて欲しい…。」

そっか…、朱ちゃんは槙島さえ撃たなかったんだっけ…。
東金さん!?撃ってくれ…!!これ以上被害者を増やさないために…!!
「汚れ仕事は、我々の役目だ。」
「駄目!!」

狡噛さんと重ねたのか…。
しかし、鹿矛囲を逃してしまった…。早く捕まえなくては…。









tag : PSYCHO-PASS_2, サイコパス_2, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。