スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「甘城ブリリアントパーク」第8話『恋心が届かない!』を見ました!

今回は、「甘城ブリリアントパーク」第8話『恋心が届かない!』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。




甘城ブリリアントパーク1 (富士見ファンタジア文庫)甘城ブリリアントパーク1 (富士見ファンタジア文庫)
(2013/05/21)
賀東 招二

商品詳細を見る








「甘城交通が、バスの増発に同意してくれたわ。」
おお!それはありがたい!!さらなる集客が見込めますね!!

「あと、例のスタジアムについて、今のところこれという報告はなし。」
スタジアムで何かを企画しているのかな?

可児江くん体調不良かな…。ずっと休みなしでしたもんね。


OP!


過労と夏風邪だそうです。
しばらくは休んだほうが良さそうですね…。

シルフィーちゃんは何をやっているんだww

昔の人はフグの毒に当たると地面に潜っていたのか…。


無理を押して仕事をしようとする可児江くんですが…。
「可児江様、健康は何よりの宝ですよ。」
これは…さすがに何も言えなくなる…。

「可児江くん、具合はどう?」
いすずちゃんも見舞いに来てくれました!
ん?新種のアクセサリーかな?

いすずちゃん!?
「もう私、秘書の立場じゃ我慢できないの…。」
これは、着ぐるみなのか!?

「ざーんねん!僕でしたミー!!」
病人に変なことするんじゃない!!前回のCパートはこういうことだったんですね。
それにしても体型がぜんぜん違うだろ!!

「これで、出席日数問題は解決ミー。」
「つまり、こういうことか、俺のきぐるみを作ってお前らが…」
「うん、代わりに学校に行ってあげるロン。」
嫌な予感しかしない…。せめて、もっとまともな人に頼んで…!!

「この、いすずちゃんスーツは試作品。あいにく外見だけだから見えないところまで再現できないけど、そこを想像で補ってるミー!」
キジも鳴かずば…

「とはいえ、悪いプランじゃないと思うフモ。ここはあいつらに任せてみるフモ。どうせ友達いないんだろうし、黙って過ごせば問題ないんじゃね?」
うう…む…、ティラミーとマカロンには頼まないほうが…。


かといって、いすずちゃんが代わるの!?
いすずちゃんにも出席日数とかあるだろうに…。

「ヒャッハァ!!」
げえええ、なんでこいつらが!?
「女だ、女の匂いがするー!!」
やばいこいつら…社会に出してはいけない…。

「か、可児江先輩…?おはようございます。」
椎菜ちゃん!!今日も可愛いミー!
「おはよう中城さん、気にしないで…。」
しゃべり方変えて!!オカマみたいになっちゃってるから!!

「それより、今日の俺をどう思う?」
「いえ、そう言われましても…。あ、今日はご機嫌が良さそうですね!普段なら椎菜のことは無視しますから。だから…ちょっと…嬉しかったです!」
無視してるの…!?酷い!?でも、もしかしたらなにか理由があるのかも知れません。
それにしても椎菜ちゃん可愛かった…!!


ラブレターだと!?もしくは、果たし状!!

いやいや、ここは指示を仰いだほうがいいと思うよ!!他人が判断していい問題じゃない…!!


「は?人違い?」
そうだったのか…いや、これはむしろ良かった…。
しかし、可愛い女の子だ。
「怒ってますよね?ほんとにほんとにごめんなさい!!」
「いや、気にするな!間違いは誰にでもある。匿名だから逃げることも出来たというのに、こうして謝罪に来たのだから、むしろあっぱれだ。見上げた心がけだ。」
おお!これは、ナイスですよいすずちゃん!!

「君の恋が上手くいくよう、陰ながら応援しているぞ。」
「はい、本当に…手紙を間違えて良かったです。」
え!?あれー、まずいパターンだったかなー。


「じゃあ、大きな間違いは無かったロンね。」
「取り立てて報告するようなことは。明日も上手くやってほしいわ。」
確かに…プライベートなことをぺちゃくちゃと喋るわけにもいかないし…。
って明日はマカロンなの!?やめて!!

「高校かー、何もかも懐かしいロン。メープルランドのドキドキメロディー高校って知ってる?かなりガラの悪い学校で有名だったロン。僕はそこで番張ってたんだロン。ま、途中で退学になったけど、ちょっと他校と揉めちゃってね、学校側にバレて退学ロン。」
嫌な予感しかしない…。っていうか、過去の過ちを自慢するんじゃないよ!!
「全く興味ないわ。」
女の子にこれ言われたらショック受ける…。

「とにかく、問題は起こさないで。」
「分かってるロン。ちゃんと普通の高校生を演じるロン。」


普通の高校生とは…。
早弁し、机に足をかけ、パチスロ雑誌を読む。
「気にすんなロン。いいから自分の仕事してろ。」

「はぁ~、かったりぃロン。すんません、ちょい体調悪いんで保健室行っていいっすか?」
可児江くんの学生生活が崩壊してゆく…。

「可児江先輩…ですか・・?」
椎菜ちゃん!!
「いや、まいったよ。ヤニは吸えないし、授業は退屈だし、キレて暴れそうになったロン。」
退学になって当然だな!!
「良かったら一緒にフケるロン?午後はパチスロに行くつもりだけど。」
いすずちゃんどこ?!コイツどうにかして!!


あれ?かなえちゃん?
「そうなんだけど、自分でも分からなくなってきて…。本当にこれでいいのかって思い始めちゃって…。」
マジかよ!?
『ここは人生の先輩の出番だロン。』
お前は黙ってろ!!

可児江くんのことも前から気になっていたのか…。
それで、ラブレターの件でコロっといっちゃったと…。

「決して両天秤にかけてたわけじゃないんですけど、あのとき優しくしてもらって、私ほんとはどっちが好きなんだろう…って…。」
よし!俺に惚れるといいよ!!万事解決だね!!

とうとう木村くんが殴りかかってきました!
『遅い!さばくのは容易い!が!!』

「ふん、なかなかいいパンチだロン。だが、まだ軽い、脆い。その程度ではドキメロ高で番を張ってた僕を倒すことは出来ないロン。」
うげえええ頭が!?これはビビる…。

「あの…大丈夫なんですか…?」
「ああ、平気平気!ちょっと特異体質なんだロン。」
「そうなんですか、良かったぁ。」
かなえちゃんも結構凄いな…。
『この説明で納得するとは、この子もちょっとあれだロン。』

「すみませんでした、可児江くんは悪くないのに…。」
「気にするな、過ちは誰にでもあるロン。まぁ、自分の離婚体験からアドヴァイスさせてもらうなら…」
また余計なことをww

「こういう問題は第三者を交えて話すのがいいんだロン。当事者同士だと、どうしても感情的になって、話がまとまらなくなるからねー。誰か頼りになる友達に相談して、一緒に喫茶店とかで話し合うロン。他人のいる場所の方が、冷静になれるから。」
まぁ、言ってることはまともである。

「あ、あの可児江くん!色々ビックリしたけど、助かりました!ありがとうございます!」
「よせって、あんまりヘコヘコすると女を下げるロン。」
「は、はい…!!」
惚れられた?!


「特に大きなトラブルはなかったのね?」
「まぁ、細かいあれこれはあったけど、報告するほどのことじゃないロン。」
いやいやいや、さすがに報告してぇ!!

明日はティラミー…コイツが一番やばい…。
意外と頭いいのか…。

シルフィーちゃんが、可児江くんのスーツ着たところも見てみたい気がする。

「ちゃんと普通の高校生を演じるミー。」
退学になりませんように…。


可愛い女の子多すぎだー!!
「あの…可児江くん…。」
「ミー?」me?

今はまずいぞかなえちゃん…。
『キタミー!!』(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)
目がやる気だ…。ヤル気だ…。

「えーっと…君は…名前、なんだっけ?」
「土田かなえです…、もう忘れちゃったんですか…?」超可愛かったんですけど…。
「忘れるなんてまさか、君が名乗るときのその声が好きなんだミー。」
可児江くんがナンパ野郎に…。

いや、でも、分かる…。可愛い女の子の色んな表情が見たい、色んな声が聞きたい…。これはもう愛だよ!!

「場所、変えようかミー?」
でも、それはやめて!!可児江くんの学生生活が終わっちゃうから!!

「あ、あの…どこへ…。」
「言ったミー。君をいじめちゃうところだミー。怖がらなくていいミー、ちゃんと僕がリードしてあげるんだミー。」
非常に興奮します!!

「可児江先輩…?」
椎菜ちゃん!?今度一緒に食事しましょ!!

「僕たちこれからお楽しみだミー。」
「か、可児江くん…。」
これめっちゃ興奮するぞ…!?

「椎菜ちゃんはまた今度相手してあげるミ゛ー゛!?」
「不潔です!ていうか屈辱です!!千斗先輩に…言いつけてやるー!!」
ナイスだ椎菜ちゃん!!早いとこいすずちゃん呼んできて!!

「可児江くん今の子誰なんですか…?」あれ…?
凄い動きしたぞ!?
「なんか、さっきから「ミー」とか言われて困ってるんですけど…。」
あれあれ?
「今の子とどういう関係なんですか?それに千斗さんって最近可児江くんと仲いいって噂の人ですよね?私は三人目ってことですか?」

「それに可児江くん最近おかしいです。今日は特に変。なんか遊び慣れてる感じだし、もっと誠実な人だと思ってたのに…。」
あらあら…チョロくなかった…?

「じゃあ、私の名前は?」
土田かなえちゃん!!
「つつい…さなえ!」
そこは、ちゃんと答えてやれよ!!


「特に問題はなし、本当ね?」
「ほんとだミー。もう、やになるくらいなんも無かったミー。」
こいつ…どうにかしないと…。

明日はモッフル。まぁ、ティラミーよりはマシかな…?


「可児江くん、千斗さん。私のクラスメイトにずいぶんなことしてくれたそうね。」
なるほど…、マカロンのアドヴァイスがここで効いてくるわけですか…。

「寺野さん、私そんなに気にしてないから…。」
ううむ、寺野さんも可愛い。
「何言ってるの、昨日この男に人気のないところに連れ込まれたんでしょう?」
「寺野さんに聞いたよ、その千斗ってのと一年の中城も可児江くんの女で、共謀して土田さんに酷いことしたって!!」
話が大きくなってるー!?
「私…そんなこと言ってない…。」
相談する相手を間違ったな。

「冗談じゃないわ、女神リーベラに誓って、私と可児江くんはそういう関係じゃない!!」
「はぁ?信じるわけないじゃない。ってか、リーベラって何?」
「知らなければ、リーベラの怒りを思い知らせてやる…」
傍から見ると、パンツ下ろそうとしてるみたいだな!!前かがみです。

「と、とにかく、彼女傷つけたんだから謝りなさいよ!!」
「ごめんなさいフモ。」
まぁ、素直に謝っておくのが吉だと思います。
『まぁ、別にいいフモ。どうせ小僧の格好だし…。』

「どうせ上っ面だけの反省でしょ?恋愛ってものをバカにしてるようにしか見えない。だいたい、言葉にも姿勢にも誠意ってものが感じられないのよ!漫画やドラマのパクリじゃないの?」
この展開…どこかで見たような…。
「お前は…言ってはならないことを言ったフモ…。調子に乗るなメスガキが…!黙って聞いてりゃ恋愛だの誠意だの安っぽい言葉を使うんじゃねーフモ。お前に…お前ごときに愛の何が分かるのか笑わせるんじゃないフモ!!友達ごっこの延長でちょっと付き合って傷ついただの傷つけられただの、お前ら人生舐めてるフモ?土田さんのためにここまで怒れる私かっこいいとか思ってんだフモ?ふざけんなフモー!!」

木が…!?

「本気の恋の辛さ、苦しさがお前らに分かるフモ?!例えば十年以上惚れてた女が、大嫌いな男の嫁になった新婚初日、のた打ち回ったフモ!苦しみぬいたフモ!あまつさえ10年後、その女から娘を頼むと言われた気持ちが分かるフモ?!いいや、分かるわけないフモ!!」
モッフルは姫様のお母さんに惚れていたのか…。色々あるんだな…。


「ちょっと待ってくれ!!」
木村くん!!何で頭おさえてるの?!
「みんな、ごめん!!可児江は、俺のために滅茶苦茶やってくれてたんだ。支離滅裂なことを言ったり、女子にいやらしく迫ったり、わざと土田さんに嫌われて、俺と土田さんと取りもとうとしてくれたんだ。な、可児江!」
なるほど…。上手いことやりましたね…。

「実は俺、可児江に相談したんだよ、土田さんの事。そしたら可児江が、なら俺が彼女に嫌われれば元通りだって言ってくれて…。土田さんにはみっともない所見せちまったけど、これからは君にふさわしくなれるよう努力する。だから、しばらく見守っててくれないかな?」
「あ、うん…木村くんがそれでいいなら…。」

笑い方が元のままだぞ!!


「はぁ…知らせてくれて感謝するぞ、中城。おかげで丸く収まった。」
この図やばいな…。人の皮を被ってるみたいだ…。

「でも、なんでモッフルさんたちを怒らなかったんですか?危うく女子に嫌われるところだったのに…。」
「まぁ、結果はどうあれ、俺のために替え玉をやってくれたんだからな、怒るのも筋違いだろ…。」
いやいや、怒っていいと思うぞさすがに…。

「どうした?」
「いいえ、やっぱり先輩は、椎菜の思ってた通りの先輩だったなって…。」
くそう…羨ましい…!!


独特なショートケーキの食べ方だなww電王のオーナーかよ!!

コロッケの衣に砂糖を足すのはちょっと…どうかな…。

何だ、この幸せな空気は…。
いすずちゃん…?


本日の入場者数511人…。




ミュースちゃんの部屋だー!!
部屋着可愛いよ!!
「全然ダメぇ―!!」
次回は、エレメンタリオ回かな?






次回、『チームワークが生まれない!』
エレメンタリオのリーダーは大変そうだ…。でも、ミュースちゃんしかいないと思うよ!!










tag : 甘城ブリリアントパーク, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。