スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「PSYCHO-PASS 2」第7話『見つからない子供たち』を見ました!

今回は、「PSYCHO-PASS 2」第7話『見つからない子供たち』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。




PSYCHO-PASS サイコパス 2 VOL.1 [Blu-ray]PSYCHO-PASS サイコパス 2 VOL.1 [Blu-ray]
(2014/12/17)
不明

商品詳細を見る








「事件はまだ続いてるっていうのに、私たちはもうドローンに頼ってる。」
仕方ないさ、便利であればあるほど、一度馴染んでしまえば切り離すのは難しい。
須郷さんも病院に運ばれていましたね。

あら素敵なお姉さん!
「これだよこれ、やっぱりゲームはリアルじゃなきゃ…。」
真実を知っても、まだゲームを続ける人間がいるみたいですね。

その辺は、地道に捕まえていくしかないですね。

「スキャナーに監視されたこの社会で、他人になりすますことは不可能だ。ただし、意図してサイコパスを維持できるなら話は変わってくる。例えば臓器移植だ、多くを取り替えることはサイコパスの移植に等しい、クリアな人間であれば誤差の範囲で処理されちまうだろうからなぁ…。鹿矛囲の隠れ家には大量の臓器が保管してあったそうだ。」
本物の代議士の臓器の多くを、偽物に移植したってこと!?そんなの、偽物にとっても地獄じゃないか…?!

迎えが来てしまいました。代議士は釈放です。
「お前と同じように他人になりすました人間がいる。そいつらが鹿矛囲の仲間か?」


「…また、撃てませんでした…。」
鹿矛囲が次の行動を起こす前に、捕まえよう。確実に近づいているぞ!

「やはり、鹿矛囲を逮捕できるのはあなただけだ…。」
東金さんのこの嬉しそうな顔よww


適性を持たない人間がドミネーターを所持できるか試した。それが第一の事件。

ドミネーターで監視官を裁けるのか知ろうとした。第二の事件。

そして、複数のドミネーターを手に入れるために起こした第三の事件。
それは、おそらく仲間にドミネーターを与えるため。

『つまり、鹿矛囲の目的は一人では成し得ないということ。』

周りに漂うのは煙草の煙かな?

『あり得ない自体が起こったなら、疑うべきは二つだけだ。前提条件が間違っているか、それともあんたの頭がいかれちまったか。』
狡噛さんお久しぶりです。

『免罪体質とも違う特殊な体質…。だからこの社会に認識されない。』
『しかし、そこには必ず仕掛けがあるはずだ。個人を徹底的に管理するこの社会の隙間を突いた重大な仕掛けが…。』

「それは、案外近いところに転がっているかもしれない。」
似ているんじゃなく、似せている可能性もありますね。朱ちゃんのことを徹底的に調べ上げている東金さんのことです。狡噛さんのことも知っているのでしょう。

「鹿矛囲ですよ。サイマティクスキャンに認識されない奴の体質を暴くことが事件解決の最善手ではないかと…。」
「ええ、その理由さえ分かれば、彼に色をつけられるかも知れない…。」


「鹿矛囲の隠れ家には、移植用の臓器の他に、網膜パターンをトレースした生体コンタクトが置かれてたみたい。」
「網膜パターンは酒々井瑞絵のものだな?」
目そのものを移植したわけじゃなかったんですね!!
「適性を持たない人間が、ドミネーターを扱うには、適性者であるように誤認識させるしかない。鹿矛囲にとって、彼女はそのためのコマだろうからな。」

「奪われたドミネーターは8丁か…。なら、酒々井瑞絵の反応は、今後8人まで増えるだろうな。」

「ずいぶんのんきなのね。それとも、もう止める手立てを考えてあるのかしら?」
「そんなものはない。シビュラが彼女の行動を正しいと認め続ける限り、ドミネーターは使われ続けるさ。」
この世界で、シビュラに疑問を呈している人間は貴重です。
酒々井さんをドミネーター使用不可に設定できればいいのかもしれませんが、シビュラも頭固いからな…。

「本人ではない人間がまかり通り、犯罪者に協力する監視官が野放し。事実を言ってるだけだ。」


そうか、朱ちゃんは鹿矛囲に場所を知られている、あのアパートから引っ越していないんですね。
自分自身すらコマとして認識してるのかもしれない。


『保護対象、常守葵の収容介護施設にて、養護ドローンの異常が発生。』
警告?何らかのメッセージ?

朱ちゃんとお婆ちゃんはよく似ていますね。
「命の大切さ、重さを知っている。それは何があっても絶対手放しちゃいけないよ。」
いいお婆ちゃんじゃないか…。

イヤリングが不自然な光を放った…?


「今日来たのは、シビュラの考えを聞くためよ。なぜあなた達は酒々井監視官のドミネーターに使用停止措置をとらないの?彼女の行動は全て把握してるはず。」
「当然だ。しかし、酒々井監視官のサイコパスはクリアなままなのでね。サイコパスがクリアなまま行動している監視官を我々が止める理由は理由はない。」
変なプライド持っちゃって…。ガバガバじゃないか!!
「あってはならないの間違いでしょ?それは自己の否定につながるから。」

「既存の制約に縛られたままでは今回の犯人は裁けない!!」

イレギュラーは殺せと。
「東金執行官を止めたのは誤りだったんじゃないかね?」

「不自然だわ。シビュラシステム、あなたたちは免罪体質者というイレギュラーを自ら取り込むことによってシステムを維持してきた。でも、鹿矛囲に至っては観察対象にすらせずに社会から消し去ろうとしている。つまり、あなたたちはすでに結論を出している。鹿矛囲の正体、それが自分に取り込めない種類のイレギュラーであると…。」
なるほど…。

「鹿矛囲の謎は必ず解き明かす。その上で私たちの手で逮捕し、正当な法の裁きを受けさせるわ。」


家具の微妙なズレを見抜く。これは、霜月ちゃんバレちゃいましたね。
「取り繕った後があるが、順番と上下がズレている。詰めが甘いな。」
さすがに詰めが甘すぎィ!!そして、東金さん微妙に笑ってた?ww

監視カメラまで仕掛けているのか…。
「ほう…、よほど俺のことが気に入らないらしいな。霜月監視官。」


10歳から潜在犯認定…。犯罪係数769!?誤作動を疑うレベル…。
担当監視官を5人?も執行していますね。

これはもはや、狙ってやっているとしか思えない…。
次のターゲットは朱ちゃん。
霜月ちゃんもついでにってところでしょうか…。

霜月ちゃんさすがにビビりすぎww


増田代議士は釈放後、すぐに自殺…。
そんなにまでして成し遂げたいことなのか…?それとも、鹿矛囲に操られているのか?

「こ、これ凄い…。」
もう、雛河執行官好きになってきたかもww

鹿矛囲のアジトにあった、メンタルケアの薬に目をつけたようですね。
「ほ、ほとんどが独自に調合された違法薬。こんな組み合わせ、見たことない。あと、ここまで細かく調整するの無理。て、適当な調合で、それなりの効き目出すのだったら僕でもできるけど、狙ってやってるのだとしたら普通の知識じゃない。」
雛河さん優秀だな…。薬の事もっと調べて欲しいです。メンタルケアに必要な成分の他に、何か他の成分が混ざっていないか。

「薬剤師のホロを纏っていたのも、案外ふりだけじゃないのかも…。」
「どうして報告しなかったの?」
「デ、データ霜月監視官に送りました。」
「なぜ口頭で報告しなかったんですか!これはあなたの伝達ミスです!」
これからは、朱ちゃんに送ろう!!


第一の事件と同じですね。
過去に死亡した者の成長復元ホロを纏っていました。

15年前の航空機事故…。

「私たちは前提条件を間違っていた…。焦点にすべきは最初の女性じゃない。この事故で死んだ、全ての子供たちよ。」

事故は15年前の5月。修学旅行に向かう小学校の生徒を乗せた旅客機が熊鷹山に墜落した。
原因は機体トラブル。犠牲者は185名の子供たちに、引率や乗務員、パイロットを合わせた202名。
生存者が一人だけ、その名は鹿矛囲桐人。

これ、機体トラブルじゃないパターンでは…。

鹿矛囲桐人の記録は公安の権限でも閲覧不可。
理由は、医療上の機密保持。

当時の執刀医に会いに行くことに。

「ありがとう雛河くん。あなたのお陰で鹿矛囲を見つけることができたわ。引き続き、事故被害者の子供たち、185名の成長復元ホロ作戦をお願いします。」
相当大変なのでしょうね…。
「や、やります。お、お姉ちゃん…。」


「必要な処置はすべて終わらせた。あれが届けば君たちは全員ドミネーターを扱える。」
執刀医もグルだったんですね。
「助かります。あとは、この社会をこの社会たらしめている主を見つけるだけだ…。」

「私は口下手な方でね。ちゃんと鹿矛囲の福音を伝えられるか不安だ。」
隠す気はさらさらないと…。


「霜月さん、戻ったら鹿矛囲の治療記録の調査をお願い。」
霜月ちゃんは相変わらず、不満そうですね。


何その、サプリメント丼!?超不味そう…。


弥生ちゃんと唐之杜さんはお楽しみでしたか…。
「元々は重度のうつ病でおかげで薬が手放せない体質になっちゃったと…。」
まぁ、巡り巡って、鹿矛囲逮捕のための大きな戦力になってくれているのだからありがたい。


「手術記録の閲覧レベル凄く高い設定にされてる…。なんで…。考えられるのは技術、もしくは薬剤特許を取得するため…。」
「薬剤特許!?日本有数の薬剤特許取得団体その名義は確か…。」
東金財団…。裏で繋がっているということなのか…?

「やっぱりこの件は私が調べます。」
嫌な予感しかしない…。


何か、事情があるなら、朱ちゃんと雑賀教授は最適の人物だぜ!!


「今、翔君からメールが届いたわ。185人分の成長復元ホロ出来たって。」
早っ!?

この人!?セラピストの!?
代議士の色相がクリアになった謎が解けましたね。

「こいつは…軍事ドローン施設のプログラマー…。」
「他にも見覚えがある。あいつは確か、車両のメンテナンス係だったはず…。」
第一の事件…。

謎がどんどん解けていく…。


「あなた方は鹿矛囲桐人一人にいいように翻弄されていると思っていませんか?だがそれは違う。彼はそもそも一人ではない。」


「第三第四のホロどころじゃない。鹿矛囲は、ずっと私たちの傍にいた…。」





鹿矛囲と会っているのは…東金さん…?











tag : PSYCHO-PASS_2, サイコパス_2, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。