スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Fate/stay night-Unlimited Blade Works-」第7話『死闘の報酬(こたえ)』を見ました!

今回は、「Fate/stay night-Unlimited Blade Works-」第7話『死闘の報酬(こたえ)』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。




Fate/stay night 通常版Fate/stay night 通常版
(2004/03/26)
Windows

商品詳細を見る










「アサシンのことならば、そう怒るなキャスター。奴はセイバーと対峙している。あの侍、何者かは知らんがセイバーを押しとどめるとは大した手業だ。むしろ、褒めてやるべきではないか?」
敵をフォローする英霊の鏡。

「ふん、ふざけたことを…。あなたを止められないようでは英雄などとは呼べない。あの男、剣豪を名乗らせるには実力不足です。」
サーヴァント2人相手しろってのはさすがに無理じゃないかな…。

日本刀で西洋剣と打ち合う…。すごい技ですね。
『どうなっている…。重さ威力速度全てこちらが上回っているのに、なぜ攻め切れない…?』

「力も気合もそちらが上。となればこちらの見せ場は巧さだけよ。その見えぬ剣にも直になれる頃合いだ。」
『今の打ち合いにおいて…!?このサーヴァント、剣技において私よりはるかに上か…!!』
ステータスは飾り。はっきり分かんだね。

『士郎、どうか…!!』


キャスターとアサシンのマスターは協力しているのですね。
「私があの犬と協力ですって?私の手駒にすぎないアサシンと…?」
「手駒だと?」
「そう、そもそもあの犬にマスターなど存在しないのですからね。」
「キャスター!貴様ルールを破ったな!!」
アサシンは最初からキャスターの手駒ってこと…?

「魔術師である私が、サーヴァントを呼び出して何の不都合があるのです?」
なんだって!?キャスターって実は最強なんじゃ…。

「まっとうなマスターに呼び出されなかったあの門番は、本来のアサシンではない。ルールを破り、自らの手でアサシンを呼ぶ。この土地に居を構え、街の人間から魂を蒐集する。自らは戦わず、街中に張った目で戦況を把握する。セイバーなど三大騎士クラスには魔術が効きにくい、魔術師のクラスである君が、策略に走るのは当然というわけだ。だがそれは貴様の独断ではないのか?キャスター。マスターとて魔術師だ、自分より強力な魔術師を召喚したのなら、たとえ令呪があろうと警戒する。その状況で、貴様だけの手足となるサーヴァント召喚を認めるとは考えづらい。となれば、このマヌケなマスターのようにとっくに操り人形にされていると予想はつくさ。」
なるほど…。

図星なのかな…?
「聖杯戦争に勝つことなんて簡単ですもの。私が手をつくしているのは、単にその後を考えているだけ。」
この世界に留まる気なのか…?

「ほう?我々を倒すのは容易いと…。逃げまわるだけがとりえの魔女が…。」
舌戦はアーチャーの方が上みたいですね。
「ええ、ここでなら、私にかすり傷さえ負わせられない。私を魔女と呼んだものには、相応の罰を与えます。」

「ほう、かすり傷さえと言ったな。では、一撃だけ…。それで無理なら、後はセイバーに任せよう。」

速っ!?かっけええ!!

「残念ね、アーチャー。」

『空間転移か、固有時制御か…。』「この境内なら魔法の真似事さえ可能ということか。」
魔術と魔法は違うのかな?
「見直したよキャスター。」
「私は見下げ果てたわアーチャー。使えると思って試してみたけど、これではアサシン以下よ。」

宣言通り、この場を立ち去ろうとするアーチャー。
「逃げきれると思って?」


士郎にもその攻撃向けるんかい!令呪を剥ぎ取るのは諦めたのかな?
「っ!あの間抜け!!」
「やっべ!?」

士郎は絶体絶命でしたが…

「下ろせ馬鹿!何考えてんだお前!?」
「知るものか、お前に言われると、自分の馬鹿さ加減に頭を痛めるわ馬鹿が!!」
「馬鹿!?お前、自分が馬鹿だって分かってるのに、人のこと馬鹿呼ばわりするのかよ!この馬鹿!!」
「ええい、ガキか貴様!馬鹿でガキとはもはや手が付けられん。せめてどちらかに決めておけたわけ!!」
お前ら本当に仲いいなwwキャスターが困ってるじゃないか!!

「いいから放せ!これくらい一人で何とかする!!」
「そうか…。」
蹴りまで入れやがったww

あれ!?
「気分はどうかしらアーチャー。如何に三騎士とは言え、空間そのものを固定されては動けないのではなくて?」
士郎を逃がすためにふっ飛ばしたのか…。

「どうやらこれで詰めのようね。どこの英雄だったかは知らないけど、これでお別れよ。」
「何かしらアーチャー?命乞いなら聞いてあげても…」
「たわけ!!躱せといったのだキャスター!!」
かっけえ!!捕まる前に仕掛けていたのね。

バーサーカーに喰らわせた宝具…!!

「I am the born of my sword.カラドボルグ!!」
呪文の一小節かな?

キャスターの防御陣を貫き見事に命中しました。

「上は上で思惑通りとはいかぬらしい…。こちらも主の危機だ、手の内を隠す余裕は無くなったが…この期に及んでも宝具を明かさないのだな。…主が未熟者であるその点に賭けているということか…。良い信頼関係だ。これは生半な手では崩せぬな。だがそれでは困る。無名とは言え、剣に捧げたこの人生だ。死力を尽くせぬのならその信念、力づくでこじ開けようか。」
アサシンもかっこいいですね。

死のイメージが頭を駆け巡る…!!
セイバーはとっさに宝具を開放しようとしますが…

「飛剣、燕返し。」
「遅かった!?」


「…アーチャー…なぜ、トドメを刺さないのです…?」
「試すのは一撃だけと言っただろう。」
傷が一瞬で治癒した…。

「では私を殺す気はないと?」
「私の目的は、この男にあったからな。不必要な戦いは避けるのが主義だ。」
「そう、あなたたちは似たもの同士ということ?」
「「はぁ?!」」
「そこの坊やは、無関係の人間を糧にする私のようなサーヴァントが許せない。あなたは無意味な殺戮は好まない。ほら、全く同じじゃない。」
「だ、誰がこんな奴と一緒なものか!」
「同感だ、平和主義者であることは認めるが、根本が大きく異なる!」


「気に入ったわ、あなたたちは力もそのあり方も希少よ?私と手を組みなさい。私にはこの戦いを終わらせる用意がある。」
笑ってしまう気持ちは分かるww

しかし、2人にはフラれてしまいました。

「そして、私の独断でね。マスターの命令ではないから、君を討つ理由はない。ここは痛み分けということで手を打たないか?」
「意外ね、あなたのマスターは私を追っていたのでしょう?なのにあなたは私を見逃すというの?」
「ああ、お前がここで何人殺そうが、私にはあずかり知らぬところだ。」
この前は気に食わないみたいなこと言ってたくせに!

なるほど、キャスターにバーサーカーを倒してもらいたいからわざと逃したんですね。
「何人犠牲になるかは知らんが、人間など結局は死ぬ生き物。誰にどう殺されようが結果的には変わるまい。」
本当にそう思っているのか…?それで英霊になれたのか…?
今のところ、セイバーが一番英霊っぽい気がする。


間一髪で避けていたのか!!
「凌いだな?我が飛剣を。なぁに、そう大した芸ではない。たまさか燕を斬ろうと思い付き、身についただけのものだ。線にすぎぬ我が太刀では空を飛ぶ燕は捉えられん。だが、その線も二本三本ならば話は違う。しかし、連中は素早くてな。事を為したければ、一呼吸のうちに重ねなければならなかった。そのような真似は人の技ではない。だが生憎と他にやることもなかったのでな。一念鬼神に通じるというやつだ。気がつけばこの通りよ。」

飛剣燕返しは、全くの同時に3度斬りつける技なのですね。
『信じがたいが、今のは…次元屈折現象。何の魔術も使わず、ただ剣技のみで、宝具の域に達したサーヴァント…。』


アーチャーの血も涙もない言葉に、とうとう士郎が怒ります。
「勝つために、結果のために人を犠牲にするなんてそんなこと絶対にするのもか!!」
「それは私も同じだ、衛宮士郎。だが、全ての人間を救うことは出来ない。キャスターが聖杯を手にしてしまえば、被害はこの街にだけにはとどまるまい。私たちが勝利しなければ、被害は更に大きくなる。ならば、この街の人間には犠牲になってもらうしかあるまい。その結果で被害を抑えられるのなら、お前の方針と同じだろうさ。」
被害を抑えたいという気持ちはあるのね。

「無関係な人間を巻き込みたくないと言ったな。ならば認めろ。一人も殺さないという方法では、結局誰も救えない。」
確かに、それはそうかもしれない…。


士郎だけでキャスターを追っても勝てないぞ…!?
ええええ!?お前が斬るんかい!!


傷だらけのアーチャー…?
無数の剣…。

凛ちゃんは夢を見ていたようですね。


「戦う意義のない衛宮士郎はここで死ね。自分のためではなく誰かの為に戦うなど、ただの偽善だ。お前が望むものは勝利ではなく平和だろう。そんなもの、この世のどこにもありはしないというのに…。さらばだ、理想を抱いて溺死しろ!」

セイバーが、血だらけの士郎に駆け寄ります。
「アサシン、なぜ今私を討たなかったのです?」
「なに、見とれてしまってな。果たし合う顔も良かったが、主を思う張り詰めようも捨てがたくてな。つい愛でてしまったのだ。今宵はこれで充分。立ち去るがいい。」
こういう、無駄が実に人間らしくて素敵ですね。

「私たちを見逃すのですか?」
「見逃すとも、良き好敵手とは得難いものだ。万全の状態でなければ、勿体無くて仕留められん。それともこれを貸しと思うか?セイバー?」
「無論です。佐々木小次郎。非礼を詫びよう。たしかにあなたは、死力を尽くすべき敵だった。あなたとの決着は必ず果たす。この聖杯戦争がどのような結末を迎えようと、必ず…。」
今のところ、サーヴァントとしてはこの二人が一番好きです!!


背後から襲いかかる影!
「邪魔をするつもりか?侍。」
「それはこちらのセリフだ。見逃すといった私の邪魔をするつもりか?私の役割はここの門番だ。行きは見逃したが帰りは別だ。些か雅さに欠ける首だが今宵はそれで収めるとしよう。」

あれ!?終わり!?










「士郎が人の悪口を言うなんて、珍しいと思いまして。」
確かに…。同族嫌悪ってやつなんですかね。
「ですが、あなたはアーチャーに斬りつけられたことを怒ってはいないのですね。」
「俺はあくまで、遠坂と協力関係を結んだだけだ。そういう意味では、あいつの行動は裏切りじゃない。」
あくまでもサーヴァントは人間。

「確かに、キャスターは放置できない敵ですが、アーチャーは非道ではないと私は思います。士郎も見たのでしょう?彼の剣技は清流のようでした。心に邪なものがないのでしょう。」
なるほど、口では憎まれ口を叩いても、心は正義というわけですか…。

「あいつの剣なんて大したことない。不意打ちしたくせに、俺一人殺しそこねたんだぞ?」
わざと手を抜いたんでないとしたら、士郎が異常なんだと思います。ランサーの不意打ちも躱したし。

「ええ、ですから士郎も筋がいいのです。長ずればアーチャーにとどく技量になりましょう。」
人の身でありながらサーヴァントに!?士郎すごすぎる…。
「決めた。傷が治り次第剣を教えてくれ。ただの鍛錬じゃなくて、戦う方法を。」
「はい、士郎がそう言うのでしたら。」
「よし、決まりだ!」





提供お前かい!!今回一度も登場してないだろ!!










tag : Fate/stay_night-Unlimited_Blade_Works-, , フェイト, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。