スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「極黒のブリュンヒルデ」第10巻を読みました!中篇。

今回は、「極黒のブリュンヒルデ」第10巻の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。




極黒のブリュンヒルデ 10 (ヤングジャンプコミックス)極黒のブリュンヒルデ 10 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/07/18)
岡本 倫

商品詳細を見る











ハーネストの一番上のボタン…。
「このボタンは、魔法使いによって機能が違う。中には危険だからと研究所によって封じられていた能力が発現する魔法使いもいるし…ただ死ぬ以上の苦しみを感じて死ぬだけの魔法使いもいる。私はそのボタンを押すと体が動くようになるのよ。」
なるほど…。佳奈ちゃんはどうして知っていたのでしょうか…。
「だったらどうして…今まで押さなかったんだよ?」

私が私でなくなるというようなことを言ってましたね…。
「!?ひょっとしてお前…、ボタンを押すと動けるようになる代わりに予知が使えなくなるんじゃないのか?予知が使えなくなると黒羽を守ることが出来なくなるから…。」
「そんな…佳奈ちゃんが今まで動けなかったのは…私のためだったの?私のために…あんな…あんなつらい思いをしていたの?」
村上の言う通りなのか…。相変わらずすごい推察力だな。

『好きなものも食べられず…どんなに辛くても身じろぎすることも出来ず…。自分の意思でトイレにも行けずにおれにさえ頼った…。そんな不自由に…こいつは寧子を守るために…ずっと耐えていたのか?』
並大抵の精神じゃ不可能です…。敬意を表する…。

「…行こう。おれたちはカズミと初菜を探しに行かないといけない。九も死んだ。ヴァルキュリアも死んだ。おれたちを脅かす奴はもういない。鎮死剤はヘクセンヤクトの連中にパスコードを教えてもらえるはずだ。それで今後の心配は何もなくなる。二人を探しに行こう。そして…みんなで天文台に戻ろう。」
これ以上刺客が現れなければいいのですが…。


真子ちゃん!?なんで…。初菜ちゃんみたいな能力を隠し持っていたのか…!?

それより、村上をかばって寧子ちゃんが…!!

「11番目の魔法が発現したみたい。」
…どしようもない…。殺せず、ハーネストのボタンも押せない…。

「本当にバカな子。人間をかばって死ぬなんて…。」
このシーン…
「何で…こんなことに…!!お前がいるから…こんなことになったんだ。お前さえいなければ…。あのままお前が死んでいれば…。」
そうか、そういうことだったんですね。村上が寧子ちゃんを刺しているんじゃなくて、刺さったナイフを村上が抜こうとしているシーンだったのか…。

「いや…まだ可能性はある。前にカズミから聞いたんだ。黒羽はヴァルキュリアより強い力を持っているって…。そしておれは、その封印を解く方法を知っている。黒羽…おれは…子供の頃に一度お前を殺した…。なのに今日また…お前を殺してしまうかも知れない。」


蘇る昔の記憶…。
「私良太のこと好きよ。良太は?」


「クロネコ……おれもクロネコのことが好きだ。」


「私良太と…いつまで一緒にいられるのかな…。…死んだらお別れだね。」
「……そりゃそうだな。だけど…死ぬまではずっと一緒だ。」
「……だったら…簡単には死ねないね。」


「く…黒羽…!?」
「ちっ…本当に悪運の強い奴…!!」
成功…したのか…?

真子ちゃんの魔法を弾き飛ばしたぞ!?
「寧子が…覚醒した…。」

うおおおお!!良かった…!!
この漫画下手したらここで殺しかねないと思ってヒヤヒヤした…。

寧子ちゃんの魔法が真子ちゃんを吹き飛ばします。
「物しか壊せないはずの…寧子の魔法が……。」
「人を攻撃できるなんて…。」


「良太!?良太!!良太でしょ!?私だよ!!クロネコだよ!!忘れちゃったの良太!?なにそれちょっとひどくない!?」
記憶も蘇っているのか!!

「まさか黒羽…記憶が戻ったのか?」
「なんで黒羽なんて呼び方するの?昔みたいにクロネコでいいよ!!」
『……誰だよお前!?』
えええ!?


「よくも私に手を上げたわね?生意気な…。」
「感動の再会を邪魔するような野暮はやめてくれる?お姉ちゃん。」


「これ…お姉ちゃんがやったの?こんな…ひどいことを…。お姉ちゃん…あなた…本当に救えない…。」
記憶が戻っても寧子ちゃんは寧子ちゃんだよね…?

「お姉ちゃん…昔はあんなに臆病だったのに…。あの男と…九と出会ってからおかしくなってしまった…。」
臆病だった頃の真子ちゃんが見たい…。

「良太。お話したいことは沢山あるんだけど…ちょっと待ってて。先にあのバカをやっつけるから。その後で…ゆっくりお話しましょう。」
とりあえず無力化しましょう!!


二人とも強すぎィ!!ドラゴン○ール始まった!?
「……やったか!?」
「……ダメだろ。」
「うん。」


こ、この再生シーンはちょっとグロい…。


「寧子……確かに昔よりは成長したみたいね…。だけど千怜に嫌われたあなたはやっぱり私には勝てない。私は最新式のヴァルキュリアよ。ハングアップまでに使える魔法の容量が増えてるし、イジェクトも簡単にはできない。でも、アナタはどれほどの力があろうが旧式のヴァルキュリア。すぐにハングアップしてイジェクトも簡単。あなたの気の済むまで攻撃すればいい。でも私にここまでした以上、もし次ハングアップしたらそのときが最後…。泣いて詫ても絶対殺す。」
真子ちゃん…ちょっと小物っぽいぞ…。
今は勝てないって認めちゃってるようなものだし…。


『……クロネコがハングアップした時が…おれたちの終わりと同時に…世界の終わりだ…。』












tag : 極黒のブリュンヒルデ, 漫画, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。