スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「selector spread WIXOSS」第9話『その別れは唐突』を見ました!

今回は、「selector spread WIXOSS」第9話『その別れは唐突』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。



【Amazon.co.jp限定】「selector spread WIXOSS」BOX1 (初回限定版)(オリジナルステッカー付)(ウィクロススターターデッキ付) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】「selector spread WIXOSS」BOX1 (初回限定版)(オリジナルステッカー付)(ウィクロススターターデッキ付) [Blu-ray]
(2015/02/25)
加隈亜衣、久野美咲 他

商品詳細を見る









「へっぶーい!あきらぶりー。みるるんぶるぶるーん!」
「バトル…続けなきゃ…。セレクターバトル…。」
何を願って…?
「ウリスの傷が、早く治りますように…。」
「フッ…お安い御用だるん♪」
ミルルン見限った…?それとも最初から…?


OP!


今回の提供は最初からふざけてるぞ!?


「イオナさんにも辛いこと思い出させちゃった…。」
「…どこまでお人好しなのよ。私たちはもともとマユが作り出した。だから、セレクターバトルを作りだしたのは私たち。あんたたちは私を憎んでもいいはず!なのに…どうしてそんなこと…。」

「マユっていう子のことは許せない…はずなんだけど…。私ね、るぅ子や遊月と友だちになる前は、毎日が辛かった…。」
そっか…、一衣とマユちゃんはある意味近い存在なのか…。
「でも、イオナさんの話を聞いたらね。マユは一人ぼっちを感じることさえできなかったんだって分かったの…。」

「そっか…そうなのかもしれない…。マユの…本当の願い…。あのね、こうしてみんなと話してるときはいいんだけど、カードの中ってさ一人ぼっちなんだよね。本当の一人ぼっち…。マユはもしかして、私たちにも本当の一人ぼっちはどんな気持ちか知らせたいんじゃないかって…。」
遊月ちゃんも辛い思いしてるな…。

「遊月ぃ…、ごめんね!そんな思いさせてたなんて…!!これからはずっと、寝るときも遊月を抱きしめて寝るからー!!」
あれ!?ギャグパート始まった!?


「信じられない。あんなひどい目に合わされたのに…それなのに、マユのこと悪く思わないなんて…。」
「思ってないことないんだけどね。たぶんね、あんなふうにみんなが思うのタマとイオナがいたからだよ。だって、タマとイオナ二人揃ってマユになるんだったら、マユのこと本当の悪い子だって思えないもん…。タマもイオナも私たちの友達でしょ?だったら、マユも、心から話せばきっと分かってくれるって信じられるもん…。」

マユちゃんの行動は償いきれるものじゃないと思うけど、被害者が許すのなら…。

『胸が苦しい…。闇を司る私が、こんな思いを抱いてしまったから…。でも、苦しくてもこの気持ちは暖かい…。この気持ちは抱きしめていたい…。』
大切にしよう…。


「変なの…変なの!へーんなの!!」
マユちゃん拗ねちゃった…。

「クロはもう違う人になっちゃった…。セレクターバトルにはね、強い光と深い闇がないとダメなんだ…。使い物にならなくなった闇のルリグカードは燃やしてしまいましょう。ね?シロ…。」
自分の手を離れていくのが怖いのかな?でも、マユちゃんにはイオナちゃんを殺せないんですよね…?


おお!怪我は大したことなかったのねウリスちゃん。
タマのカードも無事だった!!

「ウリス、大丈夫…?」
タマちゃんウリスちゃんの心を浄化して…。

「ねぇ、聞いてもいいかしら?イオナは闇のルリグとして、多くのセレクターの手を渡った。あなたはるぅのカードになるまでどこに…?」
私も気になっていました。マユちゃんのところにいたのかな…。
「タマはね…気づいたらるぅのところにいた。マユのこともこれまでのことも全部忘れてたんだけど、でもるぅにあったときね、タマはるぅに会いたいから生まれてきたんだって思った…。」
惚気話かよ!!ばとるぅー!!言ってた頃が懐かしいですね…。

「そう…。マユの気持わかるわ。マユはゲロみたいなあなたを切り捨てたかったのよ。自分の中にカスみたいにこびりついた偽善的な光を求める気持ちが胸糞悪くて…。だからこそるぅ子に最初に渡るようにした。あの子は恐ろしい子だもの…全てを壊すことのできる子…。」
タマちゃんいじめないでww でも、裏を返せば、ウリスちゃんの中にも光は残っているってことですよね!!


こちらはちよりちゃん、エルドラペア。
ちよりちゃん大分、廃れてますね…。

「なんという悪…。もうちより、セレクターバトルのこと大体分かったんだから!!」
今更かい!!

「ま、保身が第一っすよ。」
そう言う割に、ちよりちゃんに真実話したけどね!!

ちよりちゃんポイ捨てやめなさいww

「そういえば、エルドラも元は人間だったんだよね。どんな願いがあったの?」
エルドラちゃんの人間姿想像できないなww
「え…?!ああ……忘れた。ちよりには話したくないっすね。大したことない…うん、今思えばほんと大したことない願い…。でも、そんときは割りと真剣だったかも…。」
だよね…、ルリグは願いがある少女のもとにしか訪れない…。


そして…。
「バトルしてくだしぃー!!」

「正義は勝つ!」
「えーっと…じゃあ私…悪?」

「じゃあさー、私としようよー。」
でたー!!妖怪あきらぶりー!!
「あ、いいっすよ。やりましょやりましょ。」
エルドラちゃん!?

「こらー!エルドラ!!なにセレクターをほっぽって勝手に決めてるの!!」
「へぇー、負けるのが怖いんすか?」
あれ…エルドラちゃんなんか様子がおかしくない…?

結局、るぅちゃんがちよりちゃんを連れて逃亡。

あきらちゃんは追わないみたいですね。ウリスちゃんからのメールかな…?


まぁ、あきらちゃんは結構弱いから狙い目だったかもしれませんが…。
「いいっすよ、誰が相手だって。」
エルドラちゃん本当にどうしたんだ…。

「私…ちよりさんと戦う…。」
ちよりちゃんは現在二敗。もう一度負けたら…
「分かってるから…、そして、ちよりさんがあと一敗しかできないからだよ。」

そっか…、ちよりちゃんの願いが逆流したらWIXOSSが出来なくなるのか…。
もしかしたら、エルドラちゃんもそういうことなの…!?

そうだとしたら、この喧嘩も…。悲しくなってしまう…。


「あの…私、ちよりさんとバトルしてもいいですよ…。」
エルドラちゃん…そういうことなんだね…。


イオナちゃんあと一勝で願い叶うんだっけ?!
「そして、あなたが、この浦添伊緒奈の身体を使って表に出る。」
タマちゃんが浦添伊緒奈に…。周りは大混乱だろうな…。

「あなたは、るぅ子と対等な友達になりたいんでしょう?それが願いなんでしょう?だったら、私たちは利害が一致してるわ。バトルに勝てばこの体はあなたのもの。ルリグじゃない、同じ人間としてるぅとお友達になれるわよ。」
キスするのかと思った…。  ウリスちゃんはタマちゃんを上手いこと誘導していますね。


一見対等ですが…。赤デッキはエナを削る能力がある。ちよりが勝つ可能性は低い。久しぶりにゲームの説明入ったな!!

「ちよりは気づいていないのかもしれない…。だけど、ルリグであるエルドラが気づいていないはずがない。」

「ま、負けちゃう…。このままじゃ負けちゃう…。」
「ちより、指示を!…負けたっていいじゃないすか。セレクターバトルから降りて、普通の女の子に戻るんすよ。」

「あのー、えー、こんなのバトル中に頼むのおかしいんすけど、私が負けても、この子と仲良くしてやってくんないですかね?」
これは…涙が…。

「この子、こんなイカれた格好してますけど、最初会った頃はチョー地味だったんですよー!」


ちよりちゃん可愛いじゃないか…。

「これ!エルドラっぽいかなー!」
「私の真似っすか?女子のそういうお揃い心理、キモいんすけど。」
「えー、いーじゃん。そんなに嫌ならエルドラが着替えて!」
「所詮紙なんでむっりー!」
回想で笑わせに来るとはww

「じゃあ、ちよりがマジックで描いてあげる!服!」
「はぁ!?」
「塗ったげる!」
「やめれ!!」
幸せじゃないか…。


『めんどいやつではあるけど、私のセレクターがこの子で良かったって思った…。』


「頭は確かに弱いけど、悪いやつじゃないっすよ、ほんと。」
もう泣いてるよ!!


「私は悪。だから…一緒にいない方がいい…。ちよりのルリグで良かったって思ったのは最初だけ。あんたは脳天気で馬鹿で浅知恵で、ほんと屈託なくて…。…あんたにはそういう奴のままでいて欲しいんすよ!ずっと!」


「まだ…まだ終わってない…!!ちよりの脳みそしっかりして!!逆転の流れ考えて!!じゃないと…このままじゃ…!!エルドラとお別れになっちゃう…!!」


「思いついた!!」
「ちより、その攻撃は…!!」
ちよりちゃんが、一衣ちゃんに攻撃しますが…
「…無意味っすね。今の一衣さんたちにこっちの攻撃は通らない。ちよりがシーラを引けなければあと3ターンで一衣さんが勝つ。」
一衣ちゃんもかなりつらそうだ…。

「エルドラさん…」
「おっと、わざと負けるような動きなんてしないでくださいよ?私だって人間に戻りたいっすから。でも、ちよりみたいな下手くそと一緒じゃ…叶わないっすからね…。」

「ちより忘れないからね!!絶対…絶対忘れてやんないんだから!!だって…エルドラは…ちよりがウィクロスの中の人になったらちよりの部下にするんだからー!!」


「ちより…大好きでしたよ…、あんたのこと…。」


「ターンエンド、終了っす。あとは…トドメをくらうだけ…。」












「遅いわよ、あきらぶりー。」
ウリスちゃんがあきらぶりーって呼ぶのちょっと笑えるな…。
「ちげぇよ…今の私は…蒼井晶…あんたを倒して…あんたを助ける…。蒼井晶。」
あきらちゃんの苗字って蒼井だったんだ…。忘れてた…。







さすがにここではふざけなかったか…。提供さん。










tag : selector_spread_WIXOSS, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。