スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画 「東京喰種」第12巻、118話『解錠』、119話『旧九』、120話『透過』、121話『正鵠』を読みました!

今回は、「東京喰種」第12巻、118話『解錠』、119話『旧九』、120話『透過』、121話『正鵠』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。




東京喰種トーキョーグール 12 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール 12 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/06/19)
石田 スイ

商品詳細を見る






第118話『解錠』

トーカちゃんはヒデに金木くんの過去を訪ねます。


小学校の頃から、難しそうな本読んでるな…。

劇の主役なんかもやったことがあるんですね。結構演技が上手かった様子。
確かに、金木くんのグルメレポートは素晴らしいですからね。


「…だからか知んねーけど、何かを演じるっつーか、仮面かぶるっつーか…。一人で抱え込んじまうことがあってさ。……今回も、"色々"抱えきれなくなって、どっか行っちまったんじゃねーかなぁ、なんて思ったり…。……だとしたら、このオレに一言相談ぐらいしろっつー話だけどな!ガキん頃から一緒だっつーのによーッ。」
ヒデは、本心から金木くんを助けたいと思っているのですね…。良い友達だ…。

「元気かはわからないけど…。どっかでまた本でも読んでるんじゃないかな!だ、だからきっと大丈夫だよ…。アイツは生きてるよ…。」
トーカちゃんも良い子だ…。

「トーカちゃんは知ってっかなァ…。あいつ一個クセがあるんだ。なんか隠すとき、こーやってアゴさわんの。」


特等捜査官会議

ひぇえ、みんな威厳のある顔立ちですね…。

女性の特等もいる!!

灰崎さんなんかやばそうです…。喰種に対して必要以上の拷問を行なってそう…。

宇井さん!!可愛い!!若くしてこの階級って凄いんじゃないの?!

梟は二体いることで確定みたいですね。
一人はマスターとして、もう一人は…いったい…。


金木くん久しぶりにあんていくに戻って来ましたね…。

「単刀直入にお訊きします。「アオギリの樹」首領…隻眼の王…いや、「隻眼の梟」は…"あなたの子"ですか?芳村さん。」
えええ!?芳村さん子供いたの?! 


『川柳の時間です。2』

亜門鋼太郎さん27歳。
「いいんだな ただの喰種で いいんだな」

金木くんの「ありがとう」が感慨深いですね…。

什造の川柳が無駄に上手いのが腹立たしい!!


第119話『旧九』

ロマちゃん一人じゃお店が大変だ!?


「あの人は…"本当の梟"をかばっている。」
四方さんが教えてくれたんですね…。
「お前も知っている通り、芳村さんは「隻眼」じゃない。なぜ、芳村さんが"隻眼の梟"をかばい、そして、"梟"の姿を模す事ができるのか…お前は頭がいい…すぐに答えがわかるはずだ。」
"隻眼の梟"がマスターの子供だから…なのか…。


「―昔…「功善」という"喰種"がいた。」

彼は、人を喰らい、喰種を喰らい…ただただ生き永らえようとした。
やがて功善はある組織の勧誘を受け、「掃除屋」として役目を果たすこととなる。
ある日、功善は古い喫茶店で人間の少女と出会う。
その憂那という少女に心を許していた功善であるが、ある日、正体がバレてしまう。
彼女は…功善を受け入れた。そして、憂那は功善の子供を身籠る。
喰種と人間では子供は出来ない。栄養が足りず衰弱死してしまうからである。
しかし、憂那は人の肉を食べ、お腹の中の子供に栄養を送った…。そして…子供が生まれた。

憂那さんとても美人だったのでしょうね。髪型も素敵です!
そして、人の身でありながら人の肉を食べる。どれほど辛いか想像もできません…。

ある日、功善は一冊の手帳を見つける。
そこには、功善が所属する組織の重要な秘密が書かれていた。
彼女は組織を追うジャーナリストだったのである。だたし、功善との出会いはこのことには関係がないみたいですね。
そして、彼女の存在に気づいた組織は…。

「…私、殺されちゃうのね。あなたが「一人で」心配。」

彼女は功善自身の手で…。
それが功善の「掃除屋」としての最後の仕事だった。

彼に残された希望は、憂那との子供。
功善は組織の手から子供を守るため、『憂那との思い出のノート』だけを持たせて子供を24区に預けた。

…時が過ぎ、功善は「隻眼の梟」と呼ばれる喰種が現れたことを知る。
すぐに、自分の子だと確信した功善は、組織から我が子を守るため「隻眼の梟」に成り代わった…。


そういう…ことだったのか…。憂那さんは最後まで功善のことを心配していたんですね。
そして、アオギリとは別の組織が存在するってことですよね。物語の核心に迫る重要なキーワードになってくる気がします。

「…カネキくん、私はいつか言ったね。君は「ふたつの世界に居場所を持てる唯一人の存在」なのだと。君が捨てようとしている「もの」は、君の「半分」も占めている部分なんだよ。…まだ選び直せる。ヒトと"喰種"のはざまで考えて…考え抜いて。孤独な人を救って欲しい…。いずれ…私の子も。 「あんていく」へ戻って来ないかい。カネキくん。」

隻眼の梟とも相対することになるのでしょう。彼は、今何を思って生きているのでしょうか…。


第120話『透過』

金木くんとトーカちゃん、久しぶりの再会ですね…。

「……僕は…みんなを守りたい。ヒナミちゃんや万丈さんたち、ヒデ、それに…トーカちゃんも。僕は僕の大事な人を奪われたくない。だから摘むんだ。邪魔な芽を。」
「………あのさ、守るとか摘むとか相手は誰なの?アオギリ?"白鳩"?喰種?人間?全部?…そんなキリない事がアンタの目的?それにみんなアンタのものじゃない。アンタに守られる筋合いなんてない。アンタは他人の事考えるフリして、結局自分の事しか考えてない。本当はただ自分が一人になるのが嫌なだけでしょ。アンタがやりたい事なんか、一人よがりの自己満じゃん。馬ッッ鹿みたい。」
一人よがりでも、自己満でもいいんじゃないかな。自分のために人を守る…そういう考え方もありだと思います。
正論なんてどうでもいいです。人を笑顔に出来るのなら。いや、出来てないかも知れないけど…。

「……それでもいいよ、僕は。君が一人にならなければ…。」

「ナメんな…。勝手にッ一人で生きていけないとか決め付けんな!そんなボロボロで、悲劇のヒーローみたいな陰気なツラしやがって…!!目障りなんだよ…。自分の事すら守れないヤツに、他人を守れるワケねーだろ!!お前なんかッお前なんか「あんていく」に帰ってくるな!!」
それでいいの…?トーカちゃん…。

ぎゃああ金木くんにクリーンヒット!!真面目なシーンなのに笑ってしまったww

「なんで、そんなんなっちゃったのよ…。」
「……なんでかな…。」


「…改まってどうしたんだよ?カネキ。」
「ちょっと話があって…。ここを解散させてください。」
金木くん一人だったら大歓迎だったんだけど…。


『川柳の時間です。3』

ナキさんはそもそも川柳の意味を理解していないww


第121話『正鵠』

「たくさん助けてもらったのに本当にごめん…。僕は…「あんていく」に戻る。芳村さんの立場がわかって、彼と手を取り合ってもやっていけると思ったんだ。それに…ようやく気付けた気がする。間違ってばかりだったなら、お店に戻って、もう一度とり戻したい。なんにもなかった、ただの自分を。」

「……それと…ここからは僕の我侭だけど、みんなにも付いてきて欲しい。たくさん振り回して自分勝手は承知の上だけど……僕は…みんなと一緒にいたいんだ。」
おお!!それはナイス我侭です!!月山さんも一緒に!!

「…馬鹿いってんじゃねーよ、カネキ。元々お前に拾われた命だ。俺はどこまでもついていくぜ。」
万丈さん…!!かっこいい!!

あれ?!万丈さんの部下の素顔って初めて?!

「ヒナミは、お兄ちゃんがお店もどるなら嬉しいよ!カネキお兄ちゃんとトーカお姉ちゃん。一緒にいたほうがいいと思うもん…。だから「あんていく」に戻るの。ヒナミは大賛成だよ!」
うおおおお!!超可愛いぞヒナミちゃん!!

「カネキくん!その仲良しファミリーに、僕は入っているのかな?」
「月山さん…ごめんなさい。僕は、やっぱりあなたの事は信用できません。」
うわああん月山さん…!!ちょっと可哀想…。

「でも、そういう「仲間」がいてもいいのかなって思います。よければ…引き続きその「剣」を貸して頂けますか。」
『「あんていく」の下では手こそ出し難くなるが…それもまた良し!』
「『君のままに』」
うおおお!!やったーー!!これは嬉しい…!!月山さんが過去にやっていたこと忘れたわけじゃないけどな!!


おお!亜門さんキーホルダー取ってきて上げたのね!!
「…初めてだな、父以外の男性からなにかを貰うのは…。…大切にしよう、約束する。」
暁ちゃんめっちゃ喜んでるー!!

「…そうだ、君のクインケの改良案がある。」
おお、亜門さんの新武器登場かな…?


コマさん「男」多用しすぎww


「―失礼します。特別捜査班の調査の結果、"梟"の居所をつかむ事が出来ました。ひいては「梟対策班」の編成、並びに「梟討伐作戦」の決行の許可を御願い申し上げます。」

「…対象の居所は?」

「20区にある、「あんていく」という店です。」
えええええ!?これ、相当ピンチなんじゃ?!



『クイズの時間です。』

ナキさん…憎めないキャラしてるなww


『あおぎり。』

ノロさんも結構憎めないキャラしてる…。


『大人三人』

四方さん、ワイン飲むとめっちゃ饒舌だなww








tag : 東京喰種, 漫画, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。