スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画 「東京喰種」第13巻、122話『黄鈴』、123話『銃後』、124話『口前』を読みました!

今回は、漫画 「東京喰種」第13巻、122話『黄鈴』、123話『銃後』、124話『口前』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。




東京喰種トーキョーグール 13 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール 13 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/08/20)
石田 スイ

商品詳細を見る






第122話『黄鈴』

什造は喰種に育てられた人間。

美食レストランの余興をさせられているのかな?

「今日の什造ちゃん、いい子ポイント60点!」
これ、点数が多ければ多いほど痛みが増えるのでしょうか…。
『―玲は、痛みという感覚が鈍くなっていた。ビッグマダムを名乗る"喰種"による、数々の残虐行為の結果だった。』


『「什造」は解体屋としてビッグマダムに与えられた名前。――初めは三日三晩嘔吐し、悪夢にうなされたその行為も、いつしか自らの存在価値となっていた。』
狂ってしまうのも無理はない…のでしょうね…。


ううむ…什造が中性的な顔立ちをしているのはこれが原因だったのかな…。


やがて、ビッグマダムはCCGの手によって死亡。
什造は保護されました。


猫の惨殺は什造のせいじゃなかったのか…!?ごめんなさい…。


「―鈴屋 玲…性別…「ナシ」。…面白い人材だ。試験はいい、入局させなさい。」
それでいいのか爺さん…。


そして、現在に至るというわけですね。
什造は梟討伐作戦のメンバーに抜粋されています。
「次は本気で死ぬかもしれないよ。」
「ワクワクですね。」
「…什造、私はお前が死んだら哀しいよ。」


第123話『銃後』

滝澤さんは実家に帰ってきたようです。

梟討伐作戦のメンバーに選ばれたのか…。

作戦前に遺書を書く決まりになっているそうです。
何を書けばいいか分からないですよね。まだまだすごく若いのに…。


有馬さんはいつも白紙。
「彼はいつも何を書こうか考えていた。その上で白紙なんだ。」


ヒデも書くのね。
マブチさんは本当にその遺書でいいのかww


滝澤さんが喰種になった理由…お母さんを守りたかったからなのね…。
死にたくない…よね…。


第124話『口前』

暁ちゃん新クインケ?!

亜門さんの新クインケは暁ちゃんの考案みたいですね。
暁ちゃん優秀だ…。


昔、暁ちゃんの父親と母親は24区の捜査チームで仕事をしていた。
そして、隻眼の梟と戦うことになり…
「丸手特等は全員に退却を命じだ。班で最も実力のあった者…母を殿に。」


暁ちゃんにとって今回の作戦は仇討のチャンスとなるかもしれないのですね。
「父の無念は私が晴らす。ヤツが目の前に現れれば息の根を止めてやる。」

亜門さんは暁ちゃんに死んでしまった同期を見ているようです…。
「私の知らんヤツを、勝手に私に重ねるな。そんな事許さん。  お前はデカすぎるな。」




金木くんはカフェでコーヒーを飲みながら読書中です。白髪目立つな…。
『自分の事でいっぱいで…肩に力が入りすぎてたのかな…。「みんなを守る」僕なりのやり方をもう一回考えてみよう。一人で…じゃなくて、みんなと…「あんていく」で。』
そうだね、みんなで協力してなんとか乗り切って欲しい…。

えええ…討伐作戦のことそんなにペラペラ喋っていいのか…?











tag : 東京喰種, 漫画, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。