スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「極黒のブリュンヒルデ」第11巻を読みました!後篇。

今回は、「極黒のブリュンヒルデ」第11巻の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。





極黒のブリュンヒルデ 11 (ヤングジャンプコミックス)極黒のブリュンヒルデ 11 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/10/17)
岡本 倫

商品詳細を見る






この女の人、小野寺さんっていうのか。千怜の代わりなの!?
しかも、魔法使いじゃないか!?ハーネストが特別性ってことは、ヴァルキュリアクラスの力の持ち主…?

こんな人を自由に歩かせるとは…、高千穂も切羽詰まってるな…。

なおかつ、最低でももう一人ヴァルキュリアがいるんですよね。
その名は『フリスト』…。実力は真子ちゃん以上…。

なんてことだ…、村上たちは、そして、人類は生き残れるのか…?!


グラサン野郎を殺すため、魔法使い三人で構成される部隊が派遣されます。
「失敗するようなことがあったら…、こんなことなら生まれてこなければ良かったと後悔するほど苦しめて殺す。イジェクトされるだけなんて思ってないでしょうね?死ぬまでバカな男どもの慰み者として昼夜を問わず最低3年は嬲られ続けてもらうわ。これは脅しじゃない。私はやると言ったら絶対やる。」
ひぇえ、この人怖いよ!!でも、千怜に比べたら若干格下にも見える…。

エロいことは大好きですが、それが描写されることはないでしょうね。
ただし、個人的に暴力やスカ○ロは苦手です!!


パッツンちゃんその髪型失敗だったのかww
でも、三人の中ではパッツンちゃんが一番好みです。

三人のハーネストは、もちろん遠隔操作できるようになっていて、逃げるのは難しい…。


水泳の授業!!くっ…みんなちょっと若すぎる…!!

佳奈ちゃん泳げるじゃないか!!初めてなのに凄い!!
結花ちゃんは泳げないんでしたよね。無理しちゃダメだよ…。

「おいで、大丈夫だから。平気よ、何があっても絶対に私が守ってあげる。」
佳奈ちゃんかっけええ!?だてに死線くぐってません…。


「ねぇ、佳奈。帰りにクレープでも食べない?さっきのお礼におごってあげるわ。」
魔法使いは甘いものに弱い!!

「私…ホントはずっとこういうのを夢見てたのかもしれない。村上が言ってたことは本当だった。私、やっぱり今の方が幸せだ。」
うおおお、良かった…!!この幸せが長く続きますように…。


「ねぇ、そろそろ本当の事を教えてくれてもいいんじゃない?私、そんなに信用ない?」
「私はね、あんたの為を思って何も言わないの。秘密を知ったらあんたも殺されるから。」
「だから別にいいって、それで私殺されても。」
『だいたい、そんなことあるわけないし。』
結花ちゃん自身が佳奈ちゃんを信じてないじゃないか…。それで、人に信用してもらおうっていうのはちょっと難しいぞ…。

佳奈ちゃんは結花ちゃんに真実を話します…。

「だったら…その魔法を見せてよ。」
当然、佳奈ちゃんは魔法を使えなくなっているので見せることはできません。

「はぁ…私…、ホントに信用されてないんだね…。あんたの力になるのなら…。ちょっとくらい命の危険があってもいいかなって思ってたのに…。そんな子供だましのウソでごまかそうとするなんて…。」
…結果的に良かったのかもしれません。結花ちゃんを危険に巻き込まずに済むし、それに、結花ちゃんを信用できるかどうかも俺には分からない…。


ヴィンガルフから派遣された魔女三人はその様子をこっそり見ていました。

「許せない…。あいつだってポンコツ魔法使いのくせに…、ずっと私は辛い思いをしていたのに…。こんな…外の世界で楽しそうにしてるなんて…。」
佳奈ちゃんに怒りをぶつけるのはお門違いってやつだぜ…。るるみちゃんも本当は分かってるのでしょうね…。


るるみちゃんは佳奈ちゃんに攻撃を仕掛けます。
人形と同じ行動を相手にも強制させる力か…!!最近漫画で読んだ気がする…!!

佳奈ちゃんは結花ちゃんを逃がそうとしますが…、結花ちゃんは信じてくれない…!!
海のときと同じじゃないか!!

るるみちゃんが攻撃対象を結花ちゃんに変更します。
これで、佳奈ちゃんが嘘を吐いてないことは分かってくれたでしょうが…このままでは結花ちゃんが…!!

おお…、佳奈ちゃんナイスキャッチ…。
るるみちゃんから人形を奪い取りました。
これで、相手は無力!他に二人いるけど…。


研究所から派遣された魔法使いの一人、委員長さんは結構頭脳派みたいですね。
「心配しないで、私たちが殺すのは人間よ。魔法使いじゃない。研究所にはあんたのこと黙っておいてあげる。そのかわり…もし私たちも研究所から逃げ出すことが出来たときは仲間に入れて。」
絶対、逃げてくれ…。是非、仲間になろう…。

「ああ、それと佳奈。その人間は自分で始末しなさいよ。じゃないと死ぬのはあんたよ。」


「ごめん。私、あなたがホントのことを言ってくれてたのに…、信じないで疑ってた。ホントにごめん。私、絶対誰にもこのこと話さない。死にたくもないし、殺したくもないから。」
「……わかったわよ。私も信じる。」
手遅れになる前に結花ちゃんが分かってくれて良かった…。


何だこの医者…ものすごく自惚れが強いぞ…!?
この人が情報提供者ですか。

佳奈ちゃんのお姉さん可愛いよ!!名前教えて!!


研究所から派遣された魔法使い三人の作戦実行日。
佳奈ちゃん、三人をつけてきたのか…。
結花ちゃんもいる!?危ないぞ!?


にんにん!
すげぇ!!美咲ちゃん透明人間になった!!これは便利!!

服は透明にできないので、全裸になる美咲ちゃん。よし!!いいぞ!!
しかし、美人な透明人間がパンツを脱いでいる姿というのもいいものですな…。


ひぇえ、記者二人の作戦実行日も被ってるんですよね!!記者にも魔法使いにも死なないで欲しい…!!

記者さん、運が良ければ佳奈ちゃんと再会できるかも…?


え!?るるみちゃんの頭痛ってまさか!?

孵卵…!?

孵卵してもまだ意識は残ってるのか…きつい…。

『りえ…ちゃん…。おいしそう…。』

委員長さんを助けようとした佳奈ちゃんの脚が…。


「せいやー!!銃が聞かないならこの拳で黙らせるしかねぇだろ。」
えええええ!?おっさんそんなに強かったの?!ただのモブかと思ってたww

あ…おっさん死んだ…。

『まだ足りない…、まだ食べたるない…。もっともっと食べないと…とても間に合わない…。』
どういうことだ…?何が間に合わないんだ?!


今度は、委員長さんが佳奈ちゃんを助けようとします。
「バカ…!!私はもういいから…!!早く置いて逃げろ!!」

「やめて!!食べるなら私を食べなさい!!その代わり、佳奈は食べないと約束して!!」
委員長さん良い人すぎる…。だけど…、るるみちゃん…だったものにそんな交渉ができるとは思えない…。

『私はバカだ。こんなに怖いのに…ホントは自分だけ逃げ出したいのに…。私、まだ優等生を演じようとしてる…。こんな状況でも、まだ誰かに褒められたいなんて思ってる。ホントにバカだ。』
いや…尊敬するよ…心から…。

「委員長!!あまりあんたと話したことなかったけど…、私…あんたともう少し仲良くしたかった…。」
委員長…生きていて欲しかった…!!


るるみちゃんは…次に、佳奈ちゃんを狙います…。

「……だから言ったのに…バカ…。」


「こっちだ化け物!!佳奈に触るな!!」
うおおお!?結花ちゃん!?


ていうか、美咲ちゃんどこ行った?!


孵卵の条件…魔法の使用頻度だったりするのでしょうか…。
















tag : 極黒のブリュンヒルデ, 漫画, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。