スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジョジョの奇妙な冒険 第四部 ダイヤモンドは砕けない」単行本第33巻を読みました!中編。

今回は、「ジョジョの奇妙な冒険 第四部 ダイヤモンドは砕けない」単行本第33巻の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。




ジョジョの奇妙な冒険 第4部 カラー版 5 (ジャンプコミックスDIGITAL)ジョジョの奇妙な冒険 第4部 カラー版 5 (ジャンプコミックスDIGITAL)
(2013/03/19)
荒木飛呂彦

商品詳細を見る





〈イタリア料理を食べに行こう その4〉

億泰が腹痛を訴えだします!
これは攻撃なのか否か…!!


仗助は厨房に走ります。
そこには、億泰に出されるであろうメインディッシュと同じ料理を食べさせられている犬が…!

犬が苦しみ、吐血をしだしたぞ!?

「そこで何をしている~ッ!見タナァ~っ!」
ひぇえ、包丁投げてきやがった!!結局悪い人なの!?

「ただじゃあおきませンッ!覚悟してもらいマスッ!」


億泰!?もう、食べる手を止められないのか!?
億泰の肉が引き裂け内臓が飛び出します。


仗助危ないっ!!
「タダじゃあおきマセンッ!」

「ここでは!「石ケン」で手を洗いなサイッ!」
石ケンでけぇ!!それもう鈍器だろ!!

「調理場は清潔でなくてはイケないのデスヨッ!」


「おい!仗助ェ!「腸」の具合がスッキリ!してよお~っ!急に満プク感で満たされて来たぜェーっ!ゲリ気味だったハラが治ったァーっ!」
いやいや!飛び出た内臓どうしたの?! 

犬も元気になってる…。

「あ…あんた!あんたの目的は本当に億泰にいい料理を食わせようと…ただそれだけなのか…?」
「料理人にとって他に何があるっていうのでショウ?ソレがワタシの生きガイでス。ワタシの望ム全てデス。」
立派な人や…。結局、トニオさんはいい人だったんですね。
殺す気なら、最初に出した水や前菜の段階でとっくに殺せていたはずですものね。
でも、包丁は投げちゃダメ!!

結局、仗助は調理場を汚した罰として、掃除をさせられたのでした。


こんなお店、俺も行ってみたいです…。


〈レッド・ホット・チリ・ペッパー その1〉

『「空条承太郎」は町を出ねーようだな!あんだけ おれが警告したのによおー。』
虹村形兆を殺した、謎の男から接触が…!?

仗助を殺しに来たのか…。
しかし、ずいぶん余裕見せてますね…。

「もっとそばまで近づいて来い。「スタープラチナ」と同じくらい素早い正確な攻撃がくり出せる近くまでだよ、仗助。もっと!」
バキィ!
「あっ!?えっ!!?は…!!!は…早い……こいつ!」
殴られやがったww滅茶苦茶ダサいぞww

しかし、油断しなければかなりの強敵みたいです。
すぐに反省して自分を戒め、強くなろうとするその態度…思った以上に強敵かもしれません…。


海辺で新聞を読む承太郎の元に、SPW財団からの使者が…。
ジョセフ・ジョースターが杜王町に!?


〈レッド・ホット・チリ・ペッパー その2〉

仗助、億泰、康一くんの三人は、承太郎に呼び出されて町外れに集まっています。
近くに、電気がない場所を選んだのね。

なるほど、ジョセフ・ジョースターがいればレッドホット・チリペッパーを見つけ出すことができる。
そのために、杜王町まで来ようとしているのか。

その話を、レッドホット・チリペッパーの本体に知られてしまえば、やつは必ずジョセフ・ジョースターを殺しに来る。


「確かに……聞いたぞ……。」
億泰の乗ってきたバイクに!?

「その老いぼれはーっ!港に到着と同時に必ず殺すッ!」


レッドホット・チリペッパーは、そのままバイクに乗って逃走。
しかし、億泰のザ・ハンドがあれば…!!

「てめーは……おれの相手だ!」
億泰の空間を削りとる能力…。もしかしたら相性いいのかも…!!



















tag : ジョジョの奇妙な冒険, 第四部, 漫画, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。