スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ログ・ホライズン 第2シリーズ」第19話『赤き夜』を見ました!

今回は、「ログ・ホライズン 第2シリーズ」第19話『赤き夜』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。




ログ・ホライズン 第2シリーズ 1 [DVD]ログ・ホライズン 第2シリーズ 1 [DVD]
(2015/01/28)
寺島拓篤、前野智昭 他

商品詳細を見る





「隠れて引率しているというわけにもいかなくなりましたにゃ。」
やっぱり、にゃん太さんはこっそりついてきてたのね。
久しぶりにグリフォン呼んだ気がする。


OP!


「一般的に考えて、街などの生活拠点に対する襲撃が予見された場合は、出来る限り離れた場所で応戦すべきだ。」
うむ、できるだけ大地人の生活を守りたい…。


突然の襲撃に対し、大地人の皆さんは意外と落ち着いています。
オデュッセイア騎士団は結構頼りにされてるみたい。


ルディは五十鈴ちゃんと一緒に、みんなとの合流を目指します。
五十鈴ちゃんちょっと元気になった…?


殺されても笑っている…。
オデュッセイア騎士団の戦い方には、合理性が無いように思えますが…。

「彼らはエンパシオンの提供に協力的なようだ。あれだけ死んでくれると採取効率が高い。〈典災〉は助かっていると思うよ。」
エンパシオンって、冒険者が死んだ後にこぼれ落ちる記憶のカケラのことでしょうか、そんなものを集めて〈典災〉は何をしようとしているんだ…?何らかのエネルギーに変換できるのか…それとも、単に知識欲ってやつなのか…。
っていうか、ロエ2さん〈典災〉のこと知ってるんですね。本当に何者なんだ…。

オデュッセイア騎士団は死ぬことを望んでいる…?


汽車すげぇ!?転移装置みたいなものなのか!?

オデュッセイア騎士団の行動は、Plant hwyadenの意思とは無関係なのか。
いや、そもそも、オデュッセイア騎士団自体がPlant hwyadenの中でも異質な組織なのかも。

何か、今回のワイバーンの襲撃事件、カナミちゃんたちが中国サーバーで経験した事件に似てる気がしなくもないです。
〈典災〉関連なのかな…。

サーヴァント…?冒険者がモンスターのようなものを生み出してるの!?
「大地人の意識を投影した、ナイトシェードサーヴァントを召喚する。」
「こいつを使って手に入れた経験値は呼び出した本人のものになるんだね。」
ナイトシェードサーヴァントを呼び出すのは、機械を取り付けられた大地人で、この機械は、大地人のレベルを無理やり上げる装置みたいなものなのかな?
このサーヴァントを使ってモンスターを倒し、経験値稼ぎをすると…。

大地人にEXPポットの投薬まで…。
冒険者よりも扱いやすく、数も多い…そんな兵隊を手に入れようとしているのか…?

世界征服とか大変そう…。


サーヴァントを倒しても経験値は手に入らないのでしょうね。
相手にするのは非効率…だけど…。


戦場を街中に!?
「殺せ!殺せ!そして、死ね!」

トウヤはオデュッセイア騎士団を止めようとします。
「命を落とすといったな。だが、この世界では死なないんだ。自分で自分の命を落とすことも不可能だ。俺たちは帰りたいんだよ、家に帰るんだ。知っているか?死ぬと家族が見えるんだ。死ぬと元の世界が少しだけ見えるんだ。あっちの世界を見られる。きっとあそこは繋がっているんだ…。死んで、死んで、死に続ければ、いつかきっと元の世界に戻れるんだ。」
なるほど…、オデュッセイア騎士団は、元の世界に帰りたい人たちだったのか…。
だけど、何をしても帰れない。心の拠り所が必要なんだ。
宗教…とちょっと似ていますね。

「でも、この世界にだって大切な人がたくさんいる!この世界だって、本物なんだ!!」
「ふざけたことを言うな!!死んでも死なない?そんなの…そんなのゲームだろ!!そんな世界が、本物なわけがないだろう!!お前らみたいなのがいつまでも生きてるから、みんなが死なないから、俺たちはこの世界から出られないんだよ!!」
誰かのせいにすれば、現実を見ないですむ、悲しみを押し殺せる…。
思ってたより、ずっと状況は深刻みたいです…。

「死ぬとか死なないとかそれがそんなに大事かよ…!!そんなことが…。兄ちゃん死んだこと、あるのかよ…?元の世界で死んだこと、あるのかよ?死にそうに…死んでるみたいになったことあるのかよ?」


元の世界には色んな歌があった…。つらいときも、悲しいときも…。
「なのに、ひどいよ…。42しかないなんて、ひどい。泣きたいときに、怒ってるときに楽しいときに歌えないなんて…。だから、行こうルディ!!この世界に42しか音楽を作らなかった神様に喧嘩を売ってやるんだ!!」
えええ!?運営に喧嘩を売るの!?


「私はシロエさんの弟子です、ロエ2さんはお姉ちゃんです。遠くから来て遠くへ行っちゃいますけど、今は、ここで…ここに、一緒にいます!」
どこから来て、どこに行くのかは関係ない。今はただ、ロエ2さんと仲良くなりたいってことなのかな?

「確かに、私たちは先を行くものとして義務がある。君たちが差し伸べた手を振り払うのは、とてもかっこ悪いことだからね、お姉ちゃんは決して、妹を見捨てない…!」


「エレメントクラスタはその規模が大きくなるほどに安定するけれど、決定論的にふるまうことになる。そうして小さな欠片を取りこぼしてゆく。それは悪いことじゃない。すべての人が幸せを望むのはあたりまえのことだ。しかし、それはやはり悲しみの起点でもある。」
何言ってんのか全くわからない!!

「でも共感子…エンパシオンは伝わる。きみたちの流儀なんだろう?これが。」




にゃん太さんは、自分の戦うべき相手をわかってるみたい…?









ED!















tag : ログ・ホライズン, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。