スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アイドルマスターシンデレラガールズ」第7話『I wonder where I find the light I shine...』を見ました!

今回は、「アイドルマスターシンデレラガールズ」第7話『I wonder where I find the light I shine...』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。




アイドルマスター シンデレラガールズ 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]アイドルマスター シンデレラガールズ 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2015/04/23)
大橋彩香、福原綾香 他

商品詳細を見る








未央ちゃんは…、あれから事務所に来てないみたいですね。

「あ、あの…、私、未央ちゃんの家に行ってみようと思うんですけど…。」
「未央の家、教えて。」
「…それは、こちらに任せて下さい。」


他のアイドルも気分が落ち込んでいるみたいです。
「未央ちゃんやめちゃうの?」
「じゃ、じゃあ、ニュージェネレーションズも解散!?」
「そんなの…プロ失格にゃ。みくたちより先にデビューしたのに…」


プロデューサーが未央ちゃんの家に行ってみますが…
「…みんな、待っています…。これは、あなた一人の問題では」
「そんなの分かってるよ!!」
追い返されてしまいました…。


え!?卯月ちゃんも休み!?
「卯月が来てないんだけど…。」
「先ほど、連絡がありました。体調不良で、今日は休まれるそうです。」

「私たち、どうなるの?このまま未央が来なかったら…。」
「こちらで、調整を…」
「調整?なにそれ…。」
「その…みなさんは各々出来ることを行って下さい…。」
「出来ない。この状況は何なの?あんたはどうするつもり?納得の行く答えを聞かせて。」
ううむ…、プロデューサーももうちょっとちゃんと答えてあげたらいいんだけど…。

「逃げないでよ。あんた言ったよね?ここにくれば、今までと違う世界があるって。初めてステージにたったとき、完成した自分たちの歌を聞いたとき、私、見つかるような気がした。夢中になれる何かってやつ。でも今は…見つかる気がしない…。教えてよ…見解の相違って何?何で未央を連れ戻さないの?あんたは、何を考えてるの?」
「…申し訳ありません。」
ここでも…答えないのか…。

「信じてもいいと思ったのに…。」
一人一人離れていく…。


「あのとき、私がステージに誘ったから…。」
それは違うぞ美嘉ちゃん!!少なくとも、美嘉ちゃんは何一つ悪くない…!!

「あんたたちのプロデューサーは、なんて?」
「何にも…。」
「あの人、何考えてるのか分かんないんだもん…。」


「以上が、次回のイベントの概要です。」
おお、ラブライカは次のイベントも決まったのか!!

「あの…、先日のステージ、どう、感じられましたか?」
「ステージの間は、頭が真っ白で、歌うだけで精一杯でした。」「でも、歌い終わったとき、拍手、貰いました。」「ここが、私たちの第一歩なんだって思ったら、嬉しくて…。でも、今は、こんな状況で…」「どうしていいのか、分かりません…。」
俺も、個人的には、ステージ大成功だと思ったんだけどな…。


卯月ちゃん結構ガチな風邪だった!?
こういうのもあれだけど、ちょっと安心した。卯月ちゃんはここで、精神的な問題で、休むタイプではないと思ってたから…。

(コンコン
「なぁに?ママ?」
「…具合は、いかがですか?」
ひぇえ、これは怖いww

そこにケーキ置いたら、ドア開けたときにぐちゃぐちゃにならない?!
良かった…、内側に開くタイプの扉だったか…。


奥様相変わらず可愛い…。
卯月ちゃん寝癖立ってる!!超可愛い!!

「あの…、実は、この前のミニイベントなんですけど…、ちょっと心残りがあって…。私、せっかくのステージなのに、最後まで笑顔でやり切ることが出来なくて…。だから、次はちゃんと最後まで、笑顔でステージに立ちたいなって。凛ちゃんと、未央ちゃんと一緒に!」
うわあああああん!!天使か卯月ちゃん!!
こういう場面では卯月ちゃんの笑顔が癒やし…!!


「プ、プロデューサー、ちゃんと聞かせて…、この部署はどうなるの?」
「未央ちゃんは?凛ちゃんは?」
「やっと、デビューまで信じて待ってようって思えたのに、みくたちどうしたら…」
「大丈夫です。ニュージェネレーションズは、解散しません。誰かが辞めることもありません。絶対に…彼女たちは、絶対に連れて帰ります!だから、待っていて下さい。」
おお!?初めて、真っ直ぐな答えを返した気がする…。

プロデューサー、傘忘れてるよ!!


プロデューサーの、過去…?
「昔々、あるところに、とても真っ直ぐな男がいてね。男はいつも真っ直ぐに道を示した。シンデレラたちが正しく進めるように。まっすぐ、まっすぐ…。でも、正しい道でも、真っ直ぐな示し方でも、時と場合によったては息苦しく感じてしまうものだ。結果、何人かのシンデレラたちが男の元を去って行った。それ以来、男はとても臆病になってしまった。そして男は自分を、シンデレラたちをお城へ送る、無口な車輪に変えてしまった…。」

なるほど…、昔は、口下手ではなかったんですね…。
去って行ったシンデレラって…

「さて、その魔法が解けるかどうか、もう少し待ってみようじゃないか。」


もう一回、やり直そう、未央ちゃん…。

って、また不審者扱いかプロデューサーww
そして、アイドルに助けてもらう。いつだかと全く同じじゃないか!!

「本田さん!もう一度、ちゃんと、お話をさせて下さい!!」

「先日、あれが当然の結果と言ったのは、失敗して当然…という意味ではありません。あれは、成功だと思っています。」
うむ、俺もそう思う…。
お客さんも、デビューライブにしては集まってた方なんじゃないのかな…。

「どこが…、お客さんだって、全然…。」
「その次を…」

そこには、笑顔のお客さんの写真が…

「いい笑顔だと、私は思います。確かに、身内を除けば、数は多くありません。ですが、その人たちは足を止めて、あなたたちの歌を聞いてくれていました。」

「拍手…貰ってたのに…駄目だな、私…。私さ…お客さんの数ばっか見てて…。」


プロデューサーも、ちゃんと喋るようになったな…。
そっちの方がかっこいいぜ!!


876プロの看板!!


「しぶりん!!しぶりん、私……ごめん!!私、辞めるって言って…、リーダーなのに、逃げ出しちゃって、迷惑かけて、ごめん!!でも、私、このまま終わりたくない!アイドル、一緒に続けさせて欲しい!!」
よく頑張ったな、未央ちゃん…。

「渋谷さん、あなたが言うとおり私は逃げていたのかもしれません、あなたたちと、正面から向き合うことから…。あなたたちを混乱させて傷つけてしまいました…。」
「…嫌なんだよ…。アイドルが何なのかよく分かんなくて、分かんないまま始めて、よく分かんないままここまで来て…。でも、もう、このままは嫌。迷ったときに、誰を信じたらいいか分かんないなんて、そういうの、もう、嫌なんだよ…。」
「努力します。もう一度、皆さんに信じてもらえるように。もう一度、一緒に見つけに行きましょう、あなたが夢中になれる何かを。」
わーい!!これで、ニュージェネレーションズ復活ですね!!
卯月ちゃんだけ風邪でここにいないけどな!!


「皆さん、待っていてくださってありがとうございました。改めて、シンデレラプロジェクトを始めていきたいと思います。一緒に、一歩ずつ階段を登って行きましょう…!」


「あのさ、プロデューサー、試しに、丁寧口調やめてみない?」
なんだと!?プロデューサー次回から、丁寧口調じゃなくなるの!?





「入られては?」
「部外者だし、遠慮しとく。」
去って行ったシンデレラ…美嘉ちゃんだったのかな…。





「卯月はブレないね。」
「そういうとこ、ちょっとかっこいいよ。」
うむ!!俺も卯月ちゃんのそういうとこ大好き!!



















tag : アイドルマスターシンデレラガールズ, モバマス, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。