スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジョジョの奇妙な冒険 第四部 ダイヤモンドは砕けない」単行本第36巻を読みました!後編。

今回は、「ジョジョの奇妙な冒険 第四部 ダイヤモンドは砕けない」単行本第36巻の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。




ジョジョの奇妙な冒険 第4部 カラー版 8 (ジャンプコミックスDIGITAL)ジョジョの奇妙な冒険 第4部 カラー版 8 (ジャンプコミックスDIGITAL)
(2013/03/19)
荒木飛呂彦

商品詳細を見る






〈『重ちー』の収穫 その4〉

さっそく、宝くじを換金しに来た仗助、億泰、重ちー。
ですが、どうやら銀行員に疑われているみたいです。

「なにビビッてんだよ!何度も確認したろッ!おれたちは全然悪いことはしてない!泥棒したか!?サギ罪を働いたか!?」
遺失物横領罪(占有離脱物横領罪)になるのかな…。

「この「当選券」はどちらの『売り場』でお求めになられたのでございますか?」
完全に疑ってかかってますね…。

「ところで奇妙なことに気がついたのですが…。宝くじ券の裏面にはですね……。お名前とお電話番号を書くところがございますのですが…見てくさいますか?『森下一郎』…お客様3人のどれとも違った名前が書かれていますねえ…。」
そんなのあるの!?ていうか、あったとしても、一々名前書くもんなの?!
この宝くじは落し物なのかもしれませんね。
当選したことを知って、裏面に名前と電話番号を書いた後で落としたのかも…。

しかも、めっちゃ達筆。

「裏にそんなことが書いてあったのか!気づかなかったどッ!」
重ちー黙ってて!!
ここまで来たからには引き下がれませんよね…。

銀行員さんは、森下一郎さんに電話をしてみることに。
「宝くじというのはここの整理番号でどこで売られたものかわかるのです。」
へぇ、そうなのか。もし、森下一郎さんが、宝くじをどこで買ったか覚えていれば仗助たちは警察に引き渡されることに…。

『やったぞ~、このクソガキどもーっ。やっぱりあたしの銀行員としての嗅覚にくるいはなかった。そもそも神様がこんなガキどもに当たりくじをお与えになるハズがないのよー。』

森下一郎さんは、宝くじが当たったことを知らなかったのか…。
つまり、宝くじ一枚一枚に名前を書く几帳面な人。

クレイジーダイヤモンドで宝くじを殴り、筆跡を一部だけ元にもどす!?
そんな几帳面な事できるの!?それとも、この窮地に覚醒したの!?

木下一郎の「木」の字が違和感ありすぎるww


というわけで、何とか小切手を手に入れた仗助たち。
さて、ここからですよ…。


「やったァーッおらの賞金だッ!おらが当てた500万円だぞーッ。」
「おい……『半分』って約束したよな。『半分』はおれたちのもんつったよな重ちー!!」
「……言ったっけ……?そんなこと…。」
…うん、殴ろう。殴った後で、250万渡して、縁を切ろう。
大金を得れば人は変わる…。だけど、ここまで変わるのもすごいな…。


〈『重ちー』の収穫 その5〉

「ホイ!これでいいだろ?あんたたちは…。大した事しなかったんだから……。」
こいつ…!!一発だけじゃ許されんぞ…!!
仗助や億泰がいなかったら絶対に手に入れられなかった金だぞ!?

「友だちとしての……、おらからの……『情け』だよ……。」
よくやった億泰…!!もう一発いったれ!!


手形は仗助たちが預かることに。
「世の中ってよォ~、常識で素直に考えりゃあ当然のことでもよぉ~、絶対に一歩もゆずらねえワカラズ屋っているよなあ~。特にカネとか欲望がからむとそーなんのかもな…。」
「でもよぉ~、あいつを「小遣い」かせぎにちょっくら利用しようと思ったおれたちも反省する必要あっかもな。」
そう…なのかも…。それに、組む人は考えないとね…。
仗助って髪型以外のことは冷静だな…。


「や・る・も・ん・か・よ!!おらの『ハーヴェスト』におまえらがかなうわけはないんだ……。証拠見たいか?ン?強い証拠見たいか?ンン?見してやるッ!」
こいつ…、やる気か…。
確かに、ハーヴェストは強い。
おそらく、スタンドが攻撃を受けたことによる、本体へのダメージもないでしょう…。

勝ち目があるとするなら、本体がアホなこと。
本体狙いが一番いいと思います!!

小切手を盗られた!?
「それ以上……追って来たら……殺すぞ……!!」
冷静に、再起不能にしてやろう…。


〈『重ちー』の収穫 その6〉

ザ・ハンドで距離を詰めよう…!!

重ちーは、ハーヴェストを上手く使用して逃げまわります。


やっと追い詰めたと思ったら…
「言ったハズだど……。追って来たら……『殺す』って……!!」
何だ!?重ちーが分身したぞ!?

んん?ガス?毒薬の類か!?
「まだ気づかねーのか?おまえらは…今!『酒』で酔っ払っているんだどッ!」
体内に直接酒を注入しやがった…。
意外と頭回るじゃないか…。反省しないとな…。


〈『重ちー』の収穫 その7〉

億泰は、負けを認め、現金を差し出して重ちーに許しを請います。
なわけねーだろ!!

ザ・ハンドで距離を詰め、小切手を取り戻しました。
仗助はその小切手を破ります。これで、仗助なくしてはお金を手に入れることができなくなりました。

「???500万ッ!!なにしてんだど?おまえッ?理解不能!理解不能!」
「つまりよ~、おれたちを傷つけたり殺したりしてみろ。この500万円の手形を直せるのは俺の『クレイジー・D』だけだからな…。だからおまえの勝ちはもうない。」
「あ…、な…なるほど!理解『可』能。」

「そして、次の時点でおめーの負けが確定する!」
仗助は、小切手を風に乗せて飛ばします。破片ちゃんと持ってるよね?!

「のこらず拾ってこい!『ハーヴェスト』ッ!」
「気づいてねーようだな…。『ハーヴェスト』を拾いに行かせたってことはオメーの敗北なんだぜ~ッ!!重ちーっ!」
おお、なるほど!ここまで考えていたとは…。

「つまりよぉ~。ここにいる2人の酔っぱらいから、だれがおめー自身を守るんだ?……あ?」
「あっ!理解『可』能。」
よし!これで、500万円は3頭分することになりました!!
改心したように見えるけど、油断しないほうがいいぞ、仗助!億泰!!


そして、3日後…
とうとう現金が目の前に…!!

「待てよ……平等に、恨みが残んないように……か!おや!…おかしいどーっ」
殴り飛ばせえええ!!













tag : ジョジョの奇妙な冒険, 第四部, 感想, 漫画,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。