スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「刃牙道」第5巻を読みました!前編。

今回は、「刃牙道」第5巻の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。




刃牙道 5 (少年チャンピオン・コミックス)刃牙道 5 (少年チャンピオン・コミックス)
(2015/03/06)
板垣恵介

商品詳細を見る





第36話『逢いてぇ』

宮本武蔵は刑事さんにつけられているようですね。
『刑事課強行犯係 末光 高。』『班長 引木 栄一郎。』

一瞬、末堂さんのお父さんかと思った…。


その後、武蔵は徳川邸へ飛び込みます。

『○○警察署 署長 巳代 哲』
署長自らとは…。
警察からしたら、指名手配中の容疑者が、「たまたま」徳川邸に入り込んでしまった形になるのか…。これは面倒くさいww

「不法侵入ぅ?容疑者?宮本殿が?」
ひぇえ、下手なこと言ったら、首が飛びかねない…。

「巳代くん、内海に言っといてくれ。放っとけと、手を出すなと、様子を見ろと。徳川がそう言ったと。ええな巳代くん。」
権力全開だな…。まぁ、金と権力にものを言わせて遊びまくってる人ですからねww

悪い顔だぜ…。

「かしこまりましたッッしかとお伝え申し上げますッッ。」
振り回される身にもなってやってww


「……で、続きじゃが。何故ここに……、何故ワシが知ると思ったかね。」
刃牙以外で、宮本武蔵に最初に辿り着いたのは愚地独歩ですか…。

「ジっちゃんよ、アンタは東京ドーム地下闘技場の所有者だぜ。国内外問わず強者の情報は全てアンタに集まる。こと「強ええ」と噂される野郎で、アンタが知らねェ男は、この日本にゃ一人もいねェ。」
さすが、付き合い長いですね…。
作中で、徳川さんとの付き合いが一番長いんじゃないかな…。

「独歩おぬし、まさかあの男を本物と?」
強けりゃあいい。そういうもんだよ、この作品の馬鹿たちは。

「いいじゃねぇか、ホンモノでもニセモノでも。技術がホンモノならそれでよし、他はよし。」
「苛立っとるな独歩。」
「……逢いてぇ。」
そうか…、独歩のセリフだったか…。

ちょっとだけ、「してェ…試合してェ~。」を思い出すwwあれ大好きです!!


タンッ
「いやァ~…、腹減ったァ~…。」
ひぇえ、戦争が始まる…。


「武蔵殿。急であれじゃが、この人を見て何を感じる。」
「ふむ……、この人なら飯の前でも構わんよ。」
完全に下に見られてますね…。
いや、武蔵ならこのセリフも許される。実力に見合ったセリフです。


第37話『空手』

「抑えられた。この部屋に入ってからここに座すまで、三度仕掛けてみた。抜きしな頭を抑えられた。三度とも。」
もう始めてたんかい!!
しかし、さすが愚地独歩です。ちゃんと防いでいた。

「ふふ…、立ち会いは…食後が宜しいようじゃな。」
「否!それは構わん。」
それでもなお、彼我の差は圧倒的だと…。


二人は道場へと移動します。

「ところで宮本さん。出バナをくじくようですまんのだが、この場を借りて改めて愚地独歩氏を紹介したい。」

おお!加納さん久しぶり!!徳川さんと刃牙の初対面の日、刃牙にやられた人ですよね。
用意したのは、ビン、ブロック、木材。クラフトするのかな?

「口で説明するよりこっちの方が早い。」


独歩は、用意されたブロックを手を乗せたまま勢いを付けず破壊し、ビンを切り抉り、木材を綺麗に切断します。
「愚地独歩です……。」
何か笑えるんだけどww

「ぶっ、武と云うよりは舞、舞踊だな。」
分かる気がする…。
先のはあくまでもパフォーマンス。それは、独歩も分かっているのかも…。

「なんだァ?てめェ……。」
そんなことはありませんでしたぁ!!


第38話『舞踊る』

「上等だ…。踊りか…踊りじゃねぇか…その身体で試してみるかい。あ…?」
独歩マジ切れ…。

「赦されい、愚地さん。少しからかってみた。あんたがさきほど見せた徒手による据え物切り。あれが"武"であることは、無論知っていた。見えるんだな……一人で動いているのに―相手が見える。強敵とは言えぬまでも、決して甘くはない相手、重く……、鋭利な当て身で5名を制した。お見事だった愚地どの。」
なるほど、パフォーマンスではない…。相手はいたんですね。ちゃんと戦っていた…。ごめんなさい。

「いいよもう…。こっちは奇襲の頭突き外されちまって、バツが悪いったらありゃしねぇ。」
独歩、ちょっと拗ねてるww可愛くないからな!!
それにしても、「その身体で試してみるか」。いいですね、可愛い女の子に言ってみたいセリフです。もちろん、性的な意味で。

「高くつくぜぇ、このハゲ頭を撫でた代償はよォ。」


いよいよ、武蔵との勝負です!!

独歩が斬られた…!
やはり、実力は武蔵の方が上か…。

「ははは…、なぁ愚地さん。やはり舞踊っていたぞ。斬るまでもない。」
拳で一突き…。
これは、屈辱です。


第39話『真剣』

「天地上下の構え」…!!実在する空手の構えらしい…?
『ヤル気じゃッッ。独歩はまだまだヤル気じゃッッ。』

しかし…
「いかがされた…?愚地どの……?」
武蔵にとって、独歩は既に死んだ相手…。

「……はァ…?立ち上がれるから立ち上がる。どこがおかしいンでぇ。」
そう…!!独歩は、アライJr.に敗北しながらも負けを認めずもう一度立ち向かった男!!
他の人間と戦って、既に満身創痍のアライJr.をボコボコにした男です!!そんな男がここで負けを認めるはずがない…!!

「宮本さん、アンタの最大の失敗は、真剣を持ってここに立たなかったことだ。」

「ふむ……、真似は真似……。実際に斬られた訳ではないと。承知!徳川どの、刀剣はお所有か。」
「痩せても枯れても徳川は徳川。」『国宝「國虎」 伝家の宝刀……、お目にかけよう。』
この刀折れそう…。いや、折れる。
この戦いで…ではなくとも近日中に…。














tag : 刃牙道, 漫画, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。