スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「冴えない彼女の育てかた」第10話『思い出とテコ入れのメロディ』を見ました!

今回は、「冴えない彼女の育てかた」第10話『思い出とテコ入れのメロディ』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。




冴えない彼女の育てかた (富士見ファンタジア文庫)冴えない彼女の育てかた (富士見ファンタジア文庫)
(2012/09/07)
丸戸 史明、深崎 暮人 他

商品詳細を見る






最初からシャワーシーンとは。
氷堂美智留ちゃんはお色気キャラなのかな?


倫也たちは製作中のギャルゲーについて会議をしています。
個人的に、テレビ電話?ビデオ通信?とかちょっと抵抗ある…。

お色気シーンを入れるかどうかの話ですね。
個人的には、お色気シーンは少なくていいかも。あんまりそういうのが多いと価値が薄れるというか…。
主人公がわざとやってるだろ…ってのは好きじゃないかも。

っていっても、これはギャルゲー。お色気シーンは付き物なのかも?

英梨々ちゃんですが、前回の喧嘩がいいように働いてるみたいですね。

さっきから見えてる恵ちゃんの谷間が気になる。


「もうこんな時間だ。風呂入って寝ないと…。」
ガチャ
これがベタなお色気シーンですね!
でも、普通はここでヒロインが叫ぶのかも!

なんで、美智留ちゃんがここにいるんだろう。


「ごめんごめん、入る前に声かけとけばよかったね。しばらく世話になるんだし、最初に挨拶しなかった私が悪いよ。」
しばらく世話になる?
なるほど、父親と喧嘩して家出してきたんですね。

二人はいとこで、同い年みたいです。
「同い年どころか、誕生日も生まれた病院も同じだけどな。」
すげぇ!?なんという偶然…!!

美智留は飽きっぽいけど、色々な才能を持っていると。

喧嘩の原因は、美智留ちゃんがバンドを始めたことを親に言ってなかったこと。
ライブハウスからスカウトきたって凄いな…。


おお、倫也もゲーム作り頑張っているんですね!
詩羽ちゃんが作業を変わってくれようとしますが…、
「だって先輩、小説の方遅らせてまでこっちのシナリオ書いてくれてるんだろ?これ以上迷惑をかけられない。このままじゃ俺が先輩の作家人生を壊しちまう…。そんなの、一生かけても償いきれない…。」

おお、ヒロインは複数いるみたいですね!ルート分岐や選択肢もあるのかな?

詩羽ちゃん隔離されてるww

スクリプトは小学校のこと触った記憶があります!
小学生には難易度高いよ先生…。

「そんなわけで、あと残るは音楽だけね。」
ここで美智留ちゃんの出番というわけですか!
「本当に良いBGMになると、その曲を聴くだけでシーンが頭に浮かんできたりするんだよ。」

タイミングよく美智留ちゃんからメールが。

そして、みんなに内容を見られてしまいました。むしろ、タイミング悪かった?

ひぇえ、修羅場です…。
「長野の実家の近くにかかりつけの産婦人科があってさ、うちの一族はみんなそこで生まれてしばらくは実家に預けられるんだよね。」
何そのしきたり!?倫也って実は由緒ある家系の子供なの!?

「じゃあ、幼少期どころか生まれたときからの幼馴染ということね。これはもう倫理くんの幼馴染の頂点に君臨するまさに原始の幼馴染ということね!他のパチモン幼馴染とは関係の深さが違いすぎるということよね!」
あんまり英梨々ちゃんをいじめないであげてww可愛いことになってるww


帰宅。
あれ!?倫也のコレクションがなくなってる!?

「あー、ほら、この部屋だいぶ散らかってたしあたしの荷物入んないから大掃除しといてあげたというか。」
「俺のお宝は?!」
「それなら大丈夫。週末の廃品回収に出せるようにちゃんとゴミ袋に詰めて居間におい…」
ひでぇ!?美智留ちゃんでいったら、ギターやアンプを捨てられたようなもんだぞ…。いや、関わってきた時間的にも、それ以上の仕打ちだ…。

しかも、袋に詰め込まれると傷とかつくんじゃ…。

ポスター破れてる!?うわああん!!

「あー、ごめんごめん。泣くほど大事な物だとは思わなくてさー。」
ギャグ展開ですんでよかったな…。

「あ、でも、夫婦でもよくあることらしいよ。旦那さんの趣味のグッズを奥さんが勝手に捨てたりとかさ。」
そういうニュースありますね…。全く酷いぜ…。

「でもさ、ちょうどいい機会じゃん。トモもそろそろオタクなんか卒業しようよ。」
上から目線!?
そんなことで趣味がやめられると思ったら大間違いだぞ…。むしろ、逆効果になると思う。

「なんなら女の子紹介してあげようか?うち女子校だから、結構よりどりみどりだよ。」
女の子には困っていません!!倫也は!!
「いい加減なこと言うな、リアルの非ヲタ女子高生が俺なんか相手にするかよ!」
「そっかな、トモって普通にしてれば絶対モテると思うけどな。」
確かに、色々と普通にすればモテる…のかも…?

「それにさ、うちの学校偏差値ちょっとあれなんで、豊ヶ崎の男子っていうだけで結構興味持つ子多いんだよ。」
マジで?
釣られるのかよ!

「女の子と遊んでる方が絶対楽しいって。」
俺はどっちも同じくらい好きだよ!!
「そう言ってるお前だって、実は彼氏いないんだろ?そうなんだろ?」
「そ、それはさ、あたしはほら、今はバンドに夢中で恋愛なんか二の次だし。」
「俺だって同じだよ。俺にだって、大きな夢がある。それを実現するまでは、オタクを卒業する訳にはいかない。」

「どの道仕事にする気じゃないでしょ?将来の事考えなよ、趣味だけで生きていくわけにもいかないじゃん。」
美智留ちゃんに言われたくないよ!
趣味だけで生きていくわけにはいかないかもだけど、趣味のない人生なんてただの機械みたいじゃないか。


「もう限界だ…、何としてもおじさんに連絡して迎えにこさせてやる…。悪く思うなよ、美智留…。」


おお、ギター上手いじゃないか!

「いい加減にしろよ!美智留!」
あ、これはタオル落ちるパターンだ…。


「美智留、俺と一緒に最強のギャルゲーを作らないか?」
これがベタなお色気シーンです…か…?


ED!









tag : 冴えない彼女の育て方, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。