スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジョジョの奇妙な冒険 第四部 ダイヤモンドは砕けない」単行本第40巻を読みました!後編。

今回は、「ジョジョの奇妙な冒険 第四部 ダイヤモンドは砕けない」単行本第40巻の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。



ジョジョの奇妙な冒険 第4部 カラー版 11 (ジャンプコミックスDIGITAL)ジョジョの奇妙な冒険 第4部 カラー版 11 (ジャンプコミックスDIGITAL)
(2013/03/19)
荒木飛呂彦

商品詳細を見る
















〈アトム・ハート・ファーザー その2〉

そっか、幽霊っていうんなら鈴美ちゃんがいますもんね。
他にもいたって不思議じゃない。

様々な心霊現象が…!!
仗助の顔面に受話器が投げつけられます!

吉良の父親は電話を通してコンタクトをとってきました。
「「息子」を追う者は死んでもらう!」
「てめーっ!自分の息子の犯罪を知ってたのか~ッ!」
「愛する「息子」は……わしが守ってきた。幽霊となってわしの「魂のエネルギー」でズっと守って来た…。」

写真の中の父親が受話器を持ってる!?
写真の中で動けるのか…!!

またしても、受話器を投げつけてくる父親。
「またか…、2度同じ手が通用すっかァーッ!この仗助さんにーッ!」

バガァアン

「通用してるよ~ッ!?」
何面白いことやってんだww


「こいつは写真の中のお前を攻撃したんだぜ!仗助。」
回避不可能ってこと…!?

仗助は写真を破り、対抗しようとしますが…
「や…やばい…写真を直せッ!仗助……写真へのダメージはおれたち自身に……戻ってくるぞ……。」
何だ!?無敵なのか!?


〈アトム・ハート・ファーザー その3〉

「やっと気がついたのかねフフフ!『閉じ込められている』ことを…。おまえらはもう外に出ることはできない…。その『見えない壁』は写真の『ワク』だ!おまえらは部屋の中にいるようで実は部屋の中にいるのではない……、その部屋は『写真の中』なのだ。わしは『写真の中』に『生きる』幽霊!」
なるほど、外から加勢することも出来ない完全に隔離された空間…。
写真の父親は安全に戦えるというわけですか…。

「写真の中~!?なに言ってんだァ?コラ~ッ!おれの目の前に見えてるじゃあねーかよーッ!」
「頭の悪いヤツは無理に考えなくてもいいぞォ~ッ。」


「仗助……おれはもうあきらめたぜ……。もうそのオヤジの攻撃を止めることは不可能らしい……。」
承太郎が諦めるのか!?いや…そんな……

「オヤジを止めるのはあきらめた…。しかし、この写真から『オヤジ』の方だけをひきずりだせばいいわけだな仗助……。」
もう一枚写真を撮った…?
「こいつは『自分の移ってる写真』を支配するというなら……。こいつだけもう一度カメラで撮って……、ひとりだけにすればいいって……とこかな……。」
おおお!!なるほど…!!さすがだ…。


「さてと……、この家からゆっくりと『吉良吉影』への手がかりを探すとするか……。その前に仗助……こいつに何か言ってやれ……。キメのセリフをバシッと!」
「……お、お……、お前なんかぜんぜん怖くなかったぜバ~カッ!」


〈アトム・ハート・ファーザー その4〉

「逃げられないようにおとなしくしててもらうぜ…。この家の中におれたちに『見つけられては困る何か』がある…。だからこそおまえは攻撃してきた。ゆっくりと探させてもらうぜ。」

バシィーン
ビッ!
ガラッ
ビィーッ
グルグルグルグル
バシン
写真を半分に折ってテープでぐるぐる巻きにし、柱に画鋲でとめました。これで安心ですね。

「見えないがわしは今『柱』にいるらしいな。フッフッフッ!いいことを思いついたぞッ!『画鋲』のおまえのおかげでここを逃げ出せる奥の手を思いついたわいッ!簡単だッ!おまえのおかげだ~!それじゃああばよッ!」
ドンバギャバリッバダム

シィーン

ブラフですね。落ち着かない気持ちは充分すぎるほど分かるけど、ここは我慢だ…。
もしくは承太郎に相談してもいいんじゃないかな!

「承太郎さんッ!に…逃げられた……!!」
「お…おれのせいっス!が…『画鋲』つかってこ…こいつ何かしやがったッ!」
ベリッ

「だまされたなッ!間抜けがァ~!『すき間』程あけばこうやって逃げだせるんじゃよーッ!」
くっ…!まぁこの手はモラウさんも騙されましたからね…。
もうこの家にカメラはありません(多分)。吉良の父親は逃げの一手!


『弓と矢』!?
一本だけじゃなかったのか…?!

『この『矢』は絶対に渡さん!息子はどこにいるのかわからんが…、これがあるからこそ息子を守れる!息子はこれがあるからこそ幸せだった…!!』
吉良がスタンドを身に付けたのもこれが理由ですか…。


〈アトム・ハート・ファーザー その5〉

「息子吉影の『キラークイーン』を引き出したこの『矢』!肝心なのはこの『矢』なのだ……。この矢の先の『矢じり』。十数年前エジプトの老婆から手に入れ…、わしもこの矢によって写真の中に入る能力を手に入れた…。」
あ、やっぱりスタンド能力だったんですね。
なるほど、弓と矢はエンヤ婆から直接手に入れたのね…。

『写真のおやじ』
幽霊でありながらスタンド使い。
スタンド名『アトム・ハート・ファーザー』


『矢』で敵をドンドン増やされたらたまったもんじゃないですね…。
早く捕まえないと…。

「ク……、クソ~。お…おれのせいだ……。おれが……写真のテープを開けたりしなければ!」
「いや…、億泰。ヤツの方が『上手』だった……。あの父親にしてあの『息子』ありといったところだ。あの親子の決してあきらめない生きのびようとする執念にしてやられたんだ。」

「『弓と矢』か……。なるほどな……『ひと組』だけではないと思っていたぜ。あの矢の先がなぜ『スタンド能力』を引き出すのか…、それは謎だ。だが…、かつて『DIOという男』と『エンヤという老婆』は…短い期間で30人近い『スタンド使い』を世界中から集めた。なぜそんなに集められたのか不思議だったが…これでわかった……。DIOは何組かある『弓と矢』で世界中に仲間を作っていたんだ。ふた組あるのは問題じゃあない……。問題はあの父親が息子を守るためまちがいなくあの『矢』を使う…という点だぜ。おれが恐怖を感じるのは…。」


『吉影よ……いま…どこにいるんだ?おまえは少年の頃から『女を殺さないではいられない性格』……。それは誰にも止められない…。でも…、それがおまえの幸福というのならわしは守ってあげるよ…。ヤツらより先におまえを捜し出してカワイイおまえを守ってやるよ…。だってわしのたったひとりの『息子』だものな~。』
どこまでも歪んだ親子…。でも、この父親の涙は嫌いじゃないかも…。


『川尻浩作』
まさか…この男が……


夫婦仲は悪い(悪かった?)ようですね。川尻浩作という人間は物静な性格だったのかな。
奥さんも奥さんだな…。

チャーハンとアスパラのベーコン巻き!
美味しそう…!!

川尻浩作もとことん運のない人生だったな…。

























tag : ジョジョの奇妙な冒険, 第四部, 漫画, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。