スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジョジョの奇妙な冒険 第四部 ダイヤモンドは砕けない」単行本第42巻を読みました!前編。

今回は、「ジョジョの奇妙な冒険 第四部 ダイヤモンドは砕けない」単行本第42巻の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。



ジョジョの奇妙な冒険 第4部 カラー版 13 (ジャンプコミックスDIGITAL)ジョジョの奇妙な冒険 第4部 カラー版 13 (ジャンプコミックスDIGITAL)
(2013/03/19)
荒木飛呂彦

商品詳細を見る







〈ぼくは宇宙人 その3〉

壁を登れるのか!なんて高性能なスニーカー!!

どうやらミキタカにはスタンドが見えていないようです。
スタンド使いじゃないのか…。やはり本物の宇宙人…。

「助けてくれた『お礼』にあなたのために何かしてあげたい……。」
最初は断っていた仗助ですが…
「本当にしてくれるの!?ぜひ!してちょうだいッ!よろしくッ!」
本当、欲望に弱いなww

ミキタカは基本何にでもなれますが、『複雑な機械』、『自分以上の力の出る物』、『人の顔マネ』が出来ないみたいです。

仗助は、ミキタカに『サイコロ』になるようお願いします。
また、悪巧みか…。

岸辺露伴を騙してお金を儲けようってわけですね。
またヒドイことになりそうだ…。


〈ぼくは宇宙人 その4〉

高校生の夏休み、三万円もあったら充分じゃないかな…。
勝負はチンチロリン。サイコロの出目で競う単純なルールのゲームですね。

「ただし、条件がある。君のその『サイコロ』は使わないよ。うちにある『サイコロ』でやらしてもらう。」
ですよねー。相手が用意した道具は疑うのが基本です。

「負けた時は『マジ』にきちっと払うんだぜ。いくら『知り合い同士』でもね。」


『やったァ~っ!岸辺露伴の性格だ…「自分とこの『サイコロ』使う」って言い出すと思ったもんね~ェ!!『宇宙人』はスデに家の中にしのびこましたんだよぉーっ!』
おお!!仗助の方が一歩上手でしたか!!
しかし、悪い顔だなww


チップは一枚千円。
ルールは一般的なものですね。


「サイコロというのは人類の歴史とともにある道具だ…。最初は動物や人間の骨で作ったそうだ…。サイコロを3個使うゲームの起源はフランスの『ハザード』で、それが東洋に渡ってマカオ・ホンコンで『大小』というゲームになり、第二次大戦後日本で『チンチロリン』になったという。関西のヤクザの間ではもしこの『チンチロリン』でイカサマをした者を見つけたら、そいつの『目玉の中』にサイコロ2個を埋めこんで川に流したという……。残りの『1個』はどうしたか?そう!そいつを死体にする前に全身に「21」の風穴をあけたのさ……。サイコロは1から6までたすと合計21だからね…。残りの1個ってわけさ。」
脅してるのか…。


最初は仗助がサイコロを振ります。
6のゾロ目!?ひぇえ、完全に疑われてしまう…。

「次はぼくの番だね…。今のをとり戻したいから……、ぼくは『10枚』でいくよ。」
強きですね。なんとなく露伴さんはギャンブル強そう…。

一二三!?


〈ぼくは宇宙人 その5〉

「そのサイコロにさわるなーッ!東方仗助ェーッ!」
露伴は虫眼鏡を使ってサイコロを入念に調べます。

この場はなんとか乗り切りましたが…

次は、仗助の番です。
6のゾロ目…。

露伴の笑顔が怖い…
バン!ドス!

じ、自分の指をペンで!?
「きさまは何か『イカサマ』をしている……。方法はわからんがなんらかの『イカサマ』をしている……。ゆるせん、その方法がわからない所が許せん!」
「手出せよーッ!おれの『クレイジー・D』で治してやっからよーッ!」
「うるさい!何のためにこの露伴が自分の小指をこうしたのか!きさまを『ゲーム』からおろさせないためだぜ東方仗助!きさま程度のスカタンにこの露伴がなめられてたまるかァーッ!!!あと一回ずつだけ勝負だ!その間に必ずきさまの『イカサマ』をみやぶってやる…。もしどんな『イカサマ』か!?ぼくがみつけられなければ……ここに200万円ある!これでおまえの『クレイジー・D』にこの指の治療をたのんでやる!しかし…『イカサマ』の正体をみつけた場合!必ずみつけるが……。おまえの「小指」をもらうぞ!東方仗助!」
振り切れてやがる…。ここまでするとは…。


そこに玉美が通りかかります。
「ぼくがさっき電話してやとったのさ。『取り立て人』をね。」
本気すぎる…。

「ただし、おまえが『イカサマ』をしないという逃げ道もある。だからそれを封じさせてもらう……。もし、『イカサマ』をしないで振った場合、玉美の『錠前』が自動的にお前を襲うというルールにさせてもらうよ。」
玉美の能力がここで活かされるとは…。
『取り立て屋』本職にしてもいいんじゃない?


〈ぼくは宇宙人 その6〉

消防車のサイレンがこんなタイミングで…!?
露伴の強運が成せる力なのか…!?

結果は6のゾロ目!!
しかし、どんどんサイレンが近づいてくる…。

「ああ!これはッ!わかったぞッ!わかったッ!火事はここだよッ!露伴先生!あんたん家が燃えてんだよォ!!」
強運じゃなかったぁ!!
さっきの虫眼鏡が原因なのか…。


「うるさい!たかが家が焼けてるぐらいどうでもいい!それよりも仗助の『イカサマ』を見抜く方が大切だッ!」
本当にすげぇな…。

結局勝負は有耶無耶に。
200万は仗助のもの…?

「あの……、わたしはお役に立てたでしょうか?」
こいつ…!!















tag : ジョジョの奇妙な冒険, 第四部, 漫画, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。