スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Fate/stay night-Unlimited Blade Works-」第19話『理想の末路(こたえ)』を見ました!

今回は、「Fate/stay night-Unlimited Blade Works-」第19話『理想の末路(こたえ)』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。




【Amazon.co.jp限定】Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box I【完全生産限定版】(CDサイズスチールケース、描き下ろしB1布ポスター付)【Amazon.co.jp限定】Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box I【完全生産限定版】(CDサイズスチールケース、描き下ろしB1布ポスター付)
(2015/03/25)
不明

商品詳細を見る







え?何!?

「それで、誰も泣かずに済むのなら。」
衛宮士郎が英霊となった瞬間…でしょうか…。


OP!


この世界にたった一つしかないはずのペンダントが2つある理由…。
「英霊の召喚には触媒が必要となるが遠坂凛には呼び出すための触媒がなかった。」

「凛が触媒を持っていなかったと言うのなら…」
「ああ、召喚者ではなく、呼び出された英霊自身が触媒を持っていた。」
アーチャーは未来の英霊…。


「あのお嬢ちゃんなら俺に任せろ。マスターからの命令でな、元から俺はあのお嬢ちゃんを死なせないために協力したわけだ。」
「私はここに残ります、ランサー。私はこの戦いを見守らなければ。」
セイバーはアーチャーの真命に気づいているのかな…。


B
何だこれ!?
偵察用の魔術でしょうか。便利!


ランサー早く凛ちゃんを助けてあげて…。


「あぁ?悪いなガキ、口より先に手が出ちまった。」
うおおお!!やったー!!ありがとうランサー!!間に合ってよかった…!!
え?PC版でも間に合ってるん…だよね…?

「そこまでだ、ランサー。」
やっぱり、生きていたのか綺礼…。
そして、ランサーのマスターとは…。


「そうだな、俺は確かに英雄になった。衛宮士郎という男が望んでいたように、正義の味方になったんだ…。だから、それが理由だよ。俺はその事実が"間違い"だと知っている。その男の人生には何の価値もないことをな。わかるだろ?セイバー。誰よりも過去を、過去の選定をやり直したいと思っている君なら。」
アーチャーはセイバーのこともよく知っているのか…。

「士郎、私は聖杯…万能の願望機を以てある選択をなかったことにしたかった…。私の過ち、ブリテンの滅びの運命を変えるためにまだ倒れるわけにはいかなかった…。だから、この手に聖杯がほしい。私は理想に届かなかった、私は王になるべきではなかったのです。」
他の者が王になるべきだったと…?
でも、それは…。自分について来てくれた多くの臣下を裏切ることにもなるのでは…。


アーチャーは後悔をしているんですね…。
人の命を天秤にかけ、より多くを救うために、少数の命を犠牲にしたことを…。

しかし、理想には手が届かなかった…。
「何も、争いのない世界なんてものを夢見ていたわけじゃない。俺はせめて自分が知りうる限りの世界では誰にも涙してほしくなかっただけなのにな…。そこでようやく悟ったよ…衛宮士郎という男が抱いていたものは都合のいい理想論だったのだと…。」
衛宮士郎は壊れていたから…、気づくのが遅くなってしまったのですね…。

「多くの人間を救うというのが、正義の味方だろう…。だから、誰も死なせないようにと願ったまま大勢のために一人には死んでもらった。誰も悲しませないようにと口にして、その影で何人かの人間には絶望を抱かせた。それがこの俺、英霊エミヤの正体だ。そんな男は、今のうちに死んでおいた方が世のためだと思わないか?」


衛宮士郎=アーチャー。
アーチャーは衛宮士郎の未来の姿だったのですね。

死んでおいた方がいい…とは思わないけどな…。
英霊エミヤは、殺してきた以上の人間を救ってきた。多くの悪党は彼の手によって始末されたでしょう。


「自害しろ、衛宮士郎。」


綺礼は凛ちゃんを殺す気なのか…?
「待てよ言峰。自分の教え子を救いたいって話、あれは嘘だったのか?」
「嘘なものか、彼女はここまで育てた大切な駒だ。10年に渡り欺き続けたのだからそう簡単にリタイアされてはつまらん。」
まるで玩具のように…。
慎二は下衆だけど、こいつはもっと邪悪な存在だ…。

こいつ…!!凛ちゃんの父親をも殺してたのか…!!
「当然だろう。恩師であったからな、騙し討ちは容易かった。」
慎二以上に聖杯を渡してはいけない人間がいたとは……。


「俺が自分の罪を償う?馬鹿なこと言うなよセイバー。確かに、俺は何度も裏切られ、欺かれた。他人のために命を捨てる男なんぞ誰に理解されるハズもない。最期には、争いの張本人だと押し付けられて絞首台だ…。俺に罪があるというのなら、その時点で償っているだろう。」
悲しい最期…。
そして、さらに悲しいことにそれはまだ終わっていないのですね。自ら終わらせることすら出来ない…。


凛ちゃんが聖杯に…?どういうこと…?
「ランサー、そのゴミを始末しろ。器に心臓はいらん。」
聖杯を呼び出すには器が必要…。


「人間の後始末などまっぴらだ。だが、英霊となった俺はそれを永遠に繰り返す。俺は元より無…、俺が消えられるとしたらそれは…。」
英霊となる前の衛宮士郎を殺すこと…。
終わらせたいんですね、アーチャー…。


「どうした、ランサー。相手は少女だ、殺すのは容易かろう?」
「お断りだ、今回のは従えねぇ。俺にやらせたかったら、その令呪でも使うんだな。」
かっこいいなランサー…。
「ならば、仕方あるまい。」
令呪すげぇ!?たくさんあるの?!それともデカイだけ?!

「では令呪を以て命ずる。自害しろ、ランサー。」


「アーチャー、お前、後悔してるのか?…それじゃ、やっぱり俺達は別人だ。俺はどんなことになったって後悔だけはしない。だから絶対に、お前のことも認めない。お前が俺の理想だって言うんなら、そんな間違った理想は俺自身の手で叩き出す。」
「その考えがそもそもの元凶だ。お前もいずれ、俺に追いつくときがくる…。」


理想を抱いたかつての自分と、現実に絶望した未来の自分との戦い…。


「俺の剣製についてこられるか?わずかでも精度を落とせば、それがお前の死に際だ。」


ED!




次回、『Unlimited Blade Works.』

















tag : Fate/stay_night-Unlimited_Blade_Works-, フェイト, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。