スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジョジョの奇妙な冒険 第四部 ダイヤモンドは砕けない」単行本第47巻を読みました!中編。

今回は、「ジョジョの奇妙な冒険 第四部 ダイヤモンドは砕けない」単行本第46巻の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。










〈アナザーワン バイツァ・ダスト その4〉

つまり、岸辺露伴はまだ生きている…ということなのでしょうか…。


しのぶさんや、テレビのニュースキャスターは今朝と全く同じ行動を繰り返しています。
どうやら、「朝が繰り返している」と認識しているのは早人だけみたいです。

「まるで『落っことす』ってわかってるみたいに……。どうやら誰かを『フッ飛ばして』戻ってきたようだな……早人…。いや…わたしには(能力を解除しないかぎり)おまえが何をして来たのかはわからんのだよ……本当。『キラークイーン バイツァ・ダスト』って言うんだがね…、自動的にわたしを守ってくれているんだ…早人…『おまえの中』でね……。おまえがわたしの事をそいつにしゃべったら自動的に爆破が起こって……『戻って来た』。誰をブッ飛ばして戻って来た?ン?教えてくれよ…、誰を殺して来た?」
殺したのはお前だよ吉良吉影!!
この能力に抜け道があるとすれば、『早人』だけなのかもしれませんね…。

もしくは、早人に接触せずに…バイツァ・ダストを発動させずに吉良本人をぶっ飛ばすしかない。


「さて…、それじゃあわたしの大切な家族を幸せにするために、仕事に行くとするかなああ~。」
吉良は…、本当に家族の事を大切に思っているのかも…。そこに偽りは……。


玄関の前で早人を待ち伏せする吉良。
しかし、早人は既にそのことを『体験して』います。窓からこっそりと学校に行くようにしたみたいですね。
このあとしばらく吉良が待ちぼうけをくらうことを想像するとちょっと楽しいww


『露伴には他にも仲間がいるに違いないッ!『岸辺露伴』をなんとかしなくてはッ!ぼくとママを救えてあいつを倒せるのは岸辺露伴のような『能力を持つ者』だけなんだ!!』
「ぼくが露伴に会えば露伴は吹っ飛んで死ぬ…。そして、ぼくはまた『同じ朝』に戻る…。露伴に会わないで露伴にヤツの事を伝えなくっちゃあだめだッ!『運命』を変えるんだッ!」


何ィ!?まだ露伴に接触していないのにヘブンズ・ドアーの効果が早人に現れているぞ!?
「一度起こった『運命』の結果は変わらないんだよ早人。おまえはさっきのウェッジウッドのポットを自分の意志で割ったと思っているようだが…、それは違う……。『前の朝』に割れたものは、必ず割れる事になっていたのだ…。なるべくしてなる!それが『運命』というものなのだ!おまえが『前の朝』『本』にされたのなら必ず『本』になるッ!だから『キラークイーン バイツァ・ダスト』は無敵なのだッ!わたしの『正体』だけを消して時は元どおりになる!これから『露伴』が爆死するところも見学してから会社に行けるというわけだな!」

マジかよ…。露伴が爆死する運命は変えられない…。
つまり、このまま行けば吉良吉影を探る人間は誰もいなく……。

想像以上に強大で絶望的な能力だぞ…。


〈アナザーワン バイツァ・ダスト その5〉

『キラークイーン バイツァ・ダスト』の中では一度起こった『運命』というものは必ず起こるッ!一度破壊されているものは必ず破壊されるッ!

「ンン~♪♪『岸辺露伴』か…、……見ろ…彼は今…、自分がなぜ死んで行くのかさえも気づいていない……。フフフ…『もう『漫画』が描けないな…』なんて事を考えているのかな…?」


「『バイツァ・ダスト』はおまえに危害を加えるわけではないから……、おまえは気にせず安心して楽しい少年時代を送ってくれよ…フフフ。」
これは…、早人くんにとって地獄だぞ…。

『ぼくのせいだ……。ぼくに会ったために……。ぼくに会ったために…岸辺露伴は殺された…。ぼくはあいつを倒すために何もできないのかッ!!』
「あのー、ちょっと聞きたいんだけど今何時かわかる?」
康一くん…!!康一くんならなんとかしてくれる…!!そんな期待が…!!


康一くんのスタンド、『エコーズACT3』って、下手をすれば時間を操れるほど成長する可能性もある気がする。
一般相対性理論的な…。


仗助、承太郎、億泰たちも集まってきました。
でも、この状況…かなりやばいのでは…!?誰かが早人に吉良吉影の事を質問すれば…。

「この『写真』の事で君を探していたんだが…。」


〈アナザーワン バイツァ・ダスト その6〉

早人は自分の鞄からカッターナイフを取り出します…。
『ぼ…ぼくが死ねばもう誰も死ななくてすむ!『爆弾』のぼくが死ねばいいんだッ!この四人への攻撃はストップされるッ!ぼくが死ねばこの人たちがきっとあいつを倒してママを救ってくれるッ!』
な、なんて覚悟なんだ…。
小学生ながら……。畏敬の念すら覚える…。

「……ひょっとして、何か質問される事……、それ自体がまずい事でも……あるのか?」
さすがだ承太郎…。


えええ!?
早人は自分の首にナイフを突き立てたはず…!!しかし…!!
『キラークイーン バイツァ・ダスト』がカッターナイフの刃を止めている…!!

自殺すら許さない…。
そうか、早人にスタンドは見えないからカッターナイフが空中で止まってしまうように見えるのか…。


だが!仗助たちには見えるのです…!!
キラークイーンが仗助たちの目に止まってしまいました……。

「攻撃してももう遅いんだよ。わたしの事を『見た』という事は、すでに目の中に入ったという事なのだ…。何人だろうと同時にな……。おまえらは…わたしの『正体』を……『探った』!」


全員…死んだ…。
『運命』は変えられない…。仗助たちは全員死ぬ…。


他のスタンド使いを…!!ですが、その人たちも殺してしまうかも知れない…。
早人だけの力で吉良を殺すしかないのか…。


「望みは何もない…強すぎる……。キラ・ヨシカゲは化け物すぎる!……あいつが死ぬか、ぼくの中の『バイツァ・ダスト』をキラが気まぐれか何かで『解除』でもしないかぎりあの四人は確実に死ぬんだ。あいつが死ぬか……自分から『解除』しないかぎり。」

『今まで、ぼくは…この自分が…、『人殺し』なんか絶対にできないと思っていた……。誰でもそう思うと思う…。十一歳のちっぽけな少年にあんな『化け物』を殺せるわけなんかないと……。考えもしないと思う。でも、ひとつだけあった!十一歳の小僧にあいつを殺せる『可能性』がひとつだけあった……。』

ストレイキャット…!!そうか!!こいつがいた…!!

『ぼくは生まれて初めてマジに心の底から神様にお祈りした…。「どうかこのぼくに人殺しをさせてください」……と。』
























tag : ジョジョの奇妙な冒険, 第四部, 漫画, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。