スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」第1話『自衛隊、異世界へ行く』を見ました!

今回は、「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」第1話『自衛隊、異世界へ行く』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んで下さい。












OP!
黒髪の女の子可愛い!!これは楽しみですね…!!
自衛隊組にも可愛い女の子いるじゃないか!!


主人公は、『伊丹 耀司』(33歳)。
「俺はね、趣味に生きるために仕事してるんですよ。だから、仕事と趣味とどっちを選ぶ?と尋ねられたら趣味を優先しますよ。」
うむ!俺もそうありたい。


『エネルギー切れ 課金してね♥』
戦闘中に課金を強いるとかひでぇ!?
せめて一時停止してよぉ!!


何だ!?突如、銀座にゲートが発生したぞ!?
これが、コミケのゲートなのか…すげぇな…。


この作品、モブの女の子も可愛いですね。素晴らしい!!


スマホをいじりながら歩いていた耀司は支柱にぶつかってしまいます。
歩きスマホは危ないんやで…。


ゲートからドラゴンが出てきた!?
ゴブリンやオーク、人型までいる…!!

問題児たちが異世界から来るそうですよ!?


お姉さん危ない!!オークに襲われて…薄い本が!!薄い本が出ちゃうぅ!!
ってええええ!?殺すの!?
何やってんだよ!!オークの風上にも置けないな!!オークやめて!!


なんて言ってる場合じゃなく、これは相当危険な状況だぞ…。
とにかく、ゲートを塞がないと…。

「やばい…やばいやばい…!!まじ…あり得ない…。」
おお、こういう時とっさに行動できる主人公は珍しいですね。素晴らしい!


「やばい…このままじゃ…!!夏の同人誌即売会が中止になってしまうーー!!!」
そっちかい!!いや、理由はどうあれ人命救助に走るその姿はとても立派です。

「立てる?!ここは危ない!死にたいのか?逃げるんだよ!!」
「ふぁ!?あなた誰!?」
この女の子可愛い!!


主人公強いぞ!!戦士相手に一歩も引かない!!
それにしても、こんなときためらいもなく人を殺せるとは…。

状況的に見て、正しい判断なのかもしれませんが…普通は出来ないぞ…。
多分、自衛官なんですよね。それにしてもこの行動力、判断力は凄い。


「皇居に民間人を収容して立てこもるんだ!!」


豚のくせに機敏に動きやがって!!
(豚は意外と素早いらしいです。)


「ここにはレンガや大理石の建造物もあるのだな。…安心したのだよ見慣れたものを目にして。…お前は不安にならんのか?我々はどこに来たのかと…。」
まぁ、そうですよね。異世界人にとってもここは異世界です。


機動隊と自衛隊の出動早い!!
これは、国の判断を介さず動いているのかな?的確な判断だと思います。

それにしても動きに迷いがないな…。


凄い!!異世界人に対抗できてる!!
今まで読んできた、見てきた漫画やアニメでは警察・自衛隊はかませ犬でしかなかったのに!!


あ、さっきの幼女!
「どうした?お父さんお母さん見つからないの?よし!じゃあ探しに行こう!大丈夫任せて!」

『同人誌…買えなかったな……。』
せっかくかっこよかったのに…!!


数日後。
「今回、このような自体に際して彼は避難誘導と救命活動に奔走し数多くの国民の命を救いました。『銀座の英雄』『二重橋の英雄』と言われた彼の活躍は日本国民全ての誇りであります。」
「三等陸尉 伊丹 耀司!」
三等陸尉だったのか…!?何歳なんだろう…結構エリートじゃない!?
確かに、耀司の行動は多くの国民を救ったことと思われます。当然の賞与ではないでしょうか。


『同人誌即売会中止のお知らせ』
悔しかったんだな…、分かるぞ…。

『こうして伊丹は二等陸尉へと昇進することとなった。なっちゃったのである。』
何だその言い方ww


「あっれー?誰かと思えば有名人の伊丹二尉じゃないですか!自分、名寄駐屯地から来た倉田と申します!銀座の英雄である二尉殿と同じ舞台になれてとても光栄です!!あの、有名になるってどんな感じなんすか?ねぇ、どんな感じなんすか!?いいな~女の子にモテモテなんだろうな~!!」
うっとうしいww ねぇねぇ今どんな気持ち?今どんな気持ち?


『現在大変混みあっております。幹部食堂は佐官以上、尉官は隊員食堂で喫食して下さい。』
幹部食堂なんてあるんですね。メニューとか違うのかな…?


耀司は昇進に興味は無いんですね。
まぁ、責任は重くなるし上司との板挟みもあるし良い事ばかりでもないですよね…。

「あの…、ところで伊丹二尉?さっきまで内緒にしてたんですが、俺、あの日即売会に行ってたんです。」
「え!?ホントか!?」
「はい…。あの日、自分は何も出来なかったので中々言い出せな…」
耀司が頭打った時に声掛けて来てくれた人…?
まぁ、無理もない。同じ人間同士の戦闘なら覚悟もできているでしょうが、突然来襲した異世界人との戦闘となると足が竦みますよね…。そうか、オタクだからこそあのとき耀司は素早く非現実に対応できたのかもしれませんね。

「それで戦果は?!何、ゲットした!?良かったら今日うちにこないか?いいじゃないか同じ仲間だろー?」
ホモホモしい…。


「倉田ぁ怒るなよー!!」
さっきとは逆ですねww
「不潔です!!伊丹二尉にそんな趣味があったなんて!!僕は女の子が好きなんですぅー!!」
ホモホモしい…。


「楽しそう…。」
ほ、本物だぁー!!!
違うゲートが開門しちゃうよぉ!!


「先日支給された戦闘服四型です。予算削減で全部隊に回るには時間がかかるみたいですが。」
「じゃあ、なんで俺らのところに優先して届いたわけ?」
「それは、そういうことなんじゃないでしょうか…。つまり、二尉の望んでいないことが起きるということだと思います。」
ホモは直接表現を嫌う…。

恐らく、ゲートに関する何らかの部隊が発足されるのでしょうね。
攻めか守りか…。


首相『北条重則』
何か悪そうな顔してるな…。

「今回の事件では多くの犯人を逮捕しました。現在、彼らは刑法を犯した犯罪者又はテロリストにすぎないのであります。門を破壊しても事態は解決しません。また日本国内の何処かに門が現れるのではないかという不安を抱えることになります。ならば、門の向こう特別地域を日本国内と考えることとしました。そして我々は向こう側を知り、そこにいる勢力を交渉のテーブルにつかせるために赴く必要があると判断したのです。たとえ危険を犯すとしてでもです。我が日本国政府は特別地域の調査と銀座事件首謀者の逮捕、保障獲得の強制執行のために門の向こうに自衛隊を派遣することに決定いたしました!」
えええ!?結構攻めの姿勢だな…。
日本なら、ゲートを封鎖したまま様子見(現状維持・先延ばしとも言う)。若しくは、異世界人との対話(先延ばしとも言う)のどちらかをとると思っていた。

そして、異世界派遣組の先行部隊に配属されたのが耀司ってわけですね…。
「冬のイベント休暇取れるかな…。」


『北条首相任期満了』
マジかよ!この大事な時に!!
日本政府の方針が変わってぐだぐだになりそう。

だと思ったけどそんなことはなかった!!
新首相『本位慎三』さんも同じ方針で行くようです。この人は良い人そう。


今日は、『陸上自衛隊特地出陣式』。

あのときの少女…。
そうか、母親は……。


…それにしても静かですね。
これだけの大事です。左翼の方たちがデモ活動をしてそう。


アウトブレイク○カンパニーの殺伐としたVerみたいな感じがする!


「…ねぇ、伊丹二尉?こっちには猫耳娘いますかね?」
「…いないわけないだろ!」
いるぞ!!安心しろ!!
多分、夏には薄い本も出るぞ!!だから、日本を守ってくれ…!!


『2つの世界を結んだ"モノ"を人はこう呼んだ。『ゲート』と…。』




ED!
黒髪少女は『ロゥリィ』ちゃんって言うのかな?



次回、『二つの軍勢』!!






面白いですね!!次回が楽しみ!!
ただ、一つ問題が…。週末面白いアニメ多すぎだろ!!

















tag : GATE, 自衛隊_彼の地にて, 斯く戦えり, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。