スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「戦姫絶唱シンフォギアGX」第4話『ガングニール、再び』を見ました!

今回は、「戦姫絶唱シンフォギアGX」第4話『ガングニール、再び』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んで下さい。











「これは…、セレナのアガートラーム…。」
「破損したシンフォギアを作戦行動に組み込むことはありません。持っていなさい。これから、偽りを背負って生きていかなければいけないあなたに小さなお守りです。」
マムも憎いことしてくれるぜ…。


OP!マリアちゃんが纏っているのはセレナちゃんのシンフォギアだったんですね。


「歌えない…?聖詠が胸に浮かばない…。ガングニールが応えてくれないんだ…!!」


「一体何が!?」
緒川さんとマリアちゃんが響ちゃんの援護に向かいます!!


「あー、まどろっこしいなぁ!!あんたと立花がどんな関係か知らんけど、だらだらやんのならあたし等巻き込まないでくれる?」
へ!?詩織ちゃん…?
まさか、了子さん並の実力を隠していたとか…!?

「お前、こいつの仲間じゃないのか?」
「じょーだん、たまたま帰り道が一緒なだけ。ほら、道を開けなよ。」
ひぇえ、親友だと思ってたのに…。
って、ガリィちゃん素直に道開けてくれるんかい!!


「行くよ!!」
一斉に逃げ出します!!

「さっきのはお芝居!?」
「たまには私たちがビッキーを助けたっていいじゃない!」
「我ながら、ナイスな作戦でした。」
うわああん!!みんないい子や…!!


「と見せた希望をここでバッサリ摘みとるのよねぇ。上げて落とせばいい加減戦うムードにもなるんじゃないかしらぁ?」
「アニメじゃないんだからぁ!!」
アニメだよ!!

うお!?響ちゃんのギアが!!

そうか!!マリアさん…!!
響ちゃんのギアは元々マリアさんのものだったんですよね!!これは熱い…!!
っていうか、マリアさんスタイルめっちゃいいな…。


この胸に宿った信念の火は♪
ランスマリアさん!!目に焼き付けておかなきゃ!!


「マリアくん!!発光する部位こそが解剖器官。気をつけて立ち回れ!!」
ランスかっこいいな…。


「頭でも冷やしやああ!!」
ガリィちゃんは水使いなんですよね。多分。

ギアが分解された!?いや…、マリアちゃんの体が限界を迎えたのか…!!


「何よこれ?まともに歌える奴が一人もいないなんて。聞いてないんだけどぉ?チッ、くっそ面白くない。」
帰ってくれて助かったぁ…。


『もしも私が、ガングニールを手放していなければ…。…いや、それは未練だ。』
「君のガングニール…」
「私のガングニールです!!これは、誰かを助ける為に使う力!!私が貰った、私のガングニールなんです!!」
響ちゃん…。

「そうだ!ガングニールはお前の力だ!だから目を背けるな!!」


レイラインの開放…?
『レイライン』…古代の遺跡には直線的に並ぶよう建造されたものがあるという仮説のなかで、その遺跡群が描く直線をさす(Wikiより)。
それが世界を分解することに繋がるのか…?

「ガリィにお任せです☆」可愛い!!
「…お前に戦闘特化のミカをつける。いいな?」
「いいぞー!」我那覇響かな?
「そっちに言ってんじゃねえよ!!」


二段ベッドなのに、あえて一つのベッドで寝るスタイル。相変わらずですね!
「戦えないんだ。歌を歌ってこの歌で誰かを傷つけることがとても怖くて…。私の弱さがみんなを危険に巻き込んだ。なのに…。」
「私は知ってるよ、響の歌は誰かを傷つける歌じゃないことを。」
やっぱり、響ちゃんの帰るところは未来ちゃんのそばですね。


「マムの大好きな日本の味デス!」
「私は反対したんだけど、常識人の切ちゃんがどうしてもって…。」

キッコーマンのしょうゆじゃないかww
しかも、1リットルサイズ…。

確かに、日本の味と言えるかもだけどしょうゆだけじゃキツイだろ…。
どこが常識人だよ!!


『ネフィリムと対決したアガートラームも、再び纏ったガングニールも、窮地を切り抜けるのはいつも自分のものではない力…。』
あれ…、アガートラームって一回起動してるんだっけ…。記憶が…。

「私も変わりたい。本当の意味で強くなりたい。」
キッコーマンのしょうゆじゃなくて、キクコーマンのしょうゆでした。
ナスターシャ教授の声優さんが井上喜久子さんだったことにかけてんのか…。普通に面白い…。
シリアスシーンだぞ!?


「ビッキーが歌を歌えないのって、もしかしたら歌う理由を忘れたからじゃないかな…。それを思い出せたらきっと…。」
「響はまた歌える…。」
響ちゃんが歌う理由…。
たしか、最初は「守りたい」「守らなきゃ」って気持ちから始まったんですよね。実は、最近シンフォギア見なおしてます。


「この現状を打開するため、エルフナインくんより計画の立案があった。『プロジェクト イグナイト』だ。」
【IGNITE】…。熱い展開になりそうですね!!


「響は初めてシンフォギアを纏ったときのことって覚えてる?そのときの響は誰かを傷つけたいと思って歌を歌ったのかな…。」
覚えてますよ!つい最近見たから!!
小さな女の子を守るために戦ったんですよね。もう一回その子に会ってみる?


「『イグナイトモジュール』…、こんなことが本当に可能なのですか…?」
「錬金術を応用することで、理論上不可能ではありません。リスクを背負うことで対価を勝ち取る。そのための『魔剣 ダインスレイフ』です。」


自動人形が響ちゃんと未来ちゃんを襲います!!

「逃げないで歌って欲しいぞー!」
ミカ・ジャウカーンちゃん、我那覇響ちゃんっぽくない?!

「いい加減戦ってくれないと、君の大切なもの解剖しちゃうぞ?友達バラバラでも戦わなければ、この街の人間を、犬も猫もみーんな解剖だぞー!」
あ、性格は真反対かも…。


しかし、響ちゃんは歌えない…!!
「あのね、響!!響の歌は誰かを傷つける歌じゃないよ!!伸ばしたその手も、誰かを傷つける手じゃないって私は知ってる!私だから知ってる…!だって私は、響と戦って救われたんだよ!?私だけじゃない、響の歌に救われて響の手で今日に繋がってる人たくさんいるよ!だから怖がらないで!!」
「ばいならー!!」


「私の大好きな響の歌を、みんなのために歌って…。」


「ごめん、私、この力と責任から逃げ出してた。だけどもう迷わない。だから聞いて、私の歌を!」
響ちゃんは遅刻の常習犯だな…!!でも、間に合ってよかった…。


「行ってくる!」
「待っている。」
夫婦かよ!!


「これが戦闘特化した自動人形のスペック…!」
「それがどうした。相手が戦闘特化だとしても、立花が遅れを取るなどありえない!」


ミカちゃんの髪のくるくるはジェットになってるのか!?

「残念♪それは水に写った幻。」
やってくれるぜ、ガリィちゃん…。


響ちゃんのギアが、分解された……。
光が消えてしまった…。



ED!




「あたしらならやれる!だから、プロジェクトイグナイトを進めてくれ!」
「強化型シンフォギアの完成を…!!」















tag : 戦姫絶唱シンフォギアGX, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。