スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バキ BAKI」第12巻を読みました!前編。

今回は、「バキ BAKI」第12巻の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。










第98話『その男再び』

「そら……、シコルスキーだ……。遠慮しねェで持って帰ったらいい。」
全裸で気絶したまま連行されるって屈辱だな…。

「……仕事が……、早ェえんだな……。」
「( *╹ω^*)-☆」
ウィンクとかちょっと可愛らしいじゃないか…。


さて、あとは柳龍光とドイル…でしたっけ…?
そういえば全く見てないな。すっかり忘れてた…。


「強ええな。それに、格闘技をやってる動きじゃない。なに喰ったらそんな躰になるんだい?」
「愚問だな…。愛以外に人を強くするものなどあるものか。」
愛かぁ…、それなら仕方ないな。


警視庁 第二情報処理室

オリバは、ベクター・ドイルの情報を調べています。

コンコン
「コーヒーを……お持ちしました。うわァ恐い顔…。」
「恐い男さ……。」
「東京のどこかに隠れているのね。」
「ああ…、意外に近くかもしれん。」
「真後ロニイタリシテ…。ハローMr.アンチェイン。」

婦警になりすまして警視庁に侵入していたのか!?
パンツまで女物じゃないか…。

「ビスケット・オリバ……、Mr.アンチェインハ君ダケジャナイノダヨ。」


第99話『開始メヨウ』

オリバは戦闘態勢に入りますが…、急に視界が揺らぎ始めます。
「バカゲタ筋量ノセイカ、効クマデノ時間ガ通常ノ数倍ダ。肘ノ先ニ幻惑剤ヲ仕込ンデアル。我々死刑囚ガ執行当日死ノ恐怖ヲ和ラゲルタメニコッソリ服用シテオクモノダガ―効果デキメン。」


第100話『密室の死闘』

オリバの分厚い筋肉にナイフが刺さるのか!?
俺の肌に傷をつけるとはなかなかいいナイフだな。


そんなとき、第二情報処理室に入ってくる命知らずが…!!

「ほう…。」
渋川剛気先生!?


第101話『合気』

「聞いてくれよ園田ァー!ど~ゆ~教育受けてんだよ君ンとこのフケイはァ。チョットなんだ……、ほんのチョットだけわたしが口説いたら、叩くわ蹴るわ切るわ刺すわ。」
「そして……、その婦警はそこの点検坑から脱出と……、言うつもりかな?」
「ワカってるじゃないかソノダ~。」
警視庁の名誉を守ってくれたのかな…。

渋川先生は、警視庁で逮捕術の指導にあたっているみたいですね。
だから、警視庁にいたのか…。


「ところでセンセイ渋川?渋川流は筋力では対抗できないそうだが……、このわたしの筋力でもダメかな?」
「ええよ……。試してみたらええよおデブちゃん。赤い肉も白い肉も同じことじゃて。」


勝負を避けたと見せかけて不意打ちを仕掛けたオリバでしたが…
軽く抑えこまれてしまいました。すげぇ…。



























tag : 刃牙, BAKI, 漫画, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。