スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バキ BAKI」第12巻を読みました!後編。

今回は、「バキ BAKI」第12巻の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んでください。










第102話『柔道』

ドイルは地下鉄の線路脇に隠れていたんですね。
そして、走り去る電車の窓枠に掴まり移動…。下手したら全身バラバラになるぞ…。


「ミスターオリバが柔道をやりたいそうだ。誰か道着を貸してやれ。」


「ソノダァ~、これじゃ小さすぎるぜェ。」
バリッベリッ
「オウ、これならOKでェす。とりあえず、今日は五段まで取りまァす。」
借り物の柔道着なのに…。


第103話『超筋力』

「あの…、ミスター……。残念だが、今日は……五段……取れないんだ。」
「ホワ~イ?わたしガンバリまァす。一生懸命やりまァす。」
何で急に可愛らしい口調になるんだww
公式の試験を受けなければ段位を取得することはできないわけですね。


というわけで、非公式の試合が始まります。
技なんてない。腕力だけで相手をねじ伏せている…!!

「ソノダッ!全員に勝ったらッッッ!わたしに黒帯をくれッッ!!」


第104話『一本ッッ!』

オリバは圧倒的な力で相手をねじ伏せていきます。
「ええじゃないか園田くん。黒帯ぐらいくれてやりゃあ……。」
いいんじゃないかな。誰も文句言う人はいないでしょう…。


第105話『持ってけ』

「なァソノダよ、いったい何人投げたら黒帯くれるんだい。もういいんじゃねェか?くれてやっても……。どうよソノダ、これ以上続ける意味があるとは思えんが……。」
「お~い、次が控えとるぞォ~。」
渋川先生…!!先程は後れを取ったオリバですが、次は面白い戦いになりそうだ。

「アリガトよジィさん。理想的な展開だ。」


オリバは渋川先生を投げ飛ばします!!
しかし、渋川先生は難なく着地。

「チッ、ソノダ、黒帯はあきらめた。」
「なんでまた、急に……。」
「ホラ、手首を外されちまったぜ……。」
渋川さんかっけええ!?

「持ってけ、渋川剛気のおスミ付きじゃ。」
というわけで、オリバは黒帯を手に入れる事が出来ました。
思ったよりも早く終わりましたね…。


第106話『斬撃』

鎬昂昇久しぶりだな…。

「すげ…、いやマジすげェわ。見たかよオマエら、人間の手ってやつァ鍛えりゃ鈍器―ハンマーにだってなり得ることはオマエらも知ってる。しかしどうよ、刃だぜ。こんな丸っこいものが刀にもカミソリにもなるってことだ。特別コーチ、勉強させてもらいますわ。せいれェつッ!よろしくお願いしますッ!!」

「報酬は一切要求しない。ただ居所をわたしに報らせる。それだけでいい。闘技場戦士VS死刑囚。このメンバーから外されたことは屈辱ではあるが…、トーナメントで不覚を取ったことは事実…。納得はしている。だが、現在のわたしは烈海王にだって勝てる!!!」
だ、大丈夫?昂昇さん…。
正直、烈海王に勝てるイメージが浮かばない…。


鎬昂昇が狙うはドイル…!!


















tag : 刃牙, BAKI, 漫画, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。