スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「戦姫絶唱シンフォギアGX」第8話『向き合う勇気』を見ました!

今回は、「戦姫絶唱シンフォギアGX」第8話『向き合う勇気』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んで下さい。













響ちゃん、お父さんと話してみることにしたのか…。

娘の前でこの座り方…。ちょっと気に入りませんね。

「前に、月が落ちる落ちないと騒いだ事件があっただろ?あの時のニュース映像に映ってた女の子がお前によく似ててなぁ。以来、お前のことが気になってもう一度やり直せないかと考えてたんだ。」
ああ、マリアちゃんの全裸が晒されたときのやつですね。
つまり…、あの事件が起きる前までは響ちゃんのこと忘れてたってことかよ…。

それで、娘が有名になったら『もう一度やり直したい』か…。
「勝手なのは分かってる。でも、あの環境でやっていくなんて俺には耐えられなかったんだ…。なぁ、またみんなで一緒に…、母さんに俺のこと伝えてもらえないか?」
「無理だよ…、一番一緒にいてほしい時にいなくなったのはお父さんじゃない…。」
「あは…、やっぱ無理かぁ。何とかなると思ったんだけどなぁ、いい加減時間も経ってるし。」
…うん、この人が実は良い人でしたってパターンはありませんね。
できれば、最後の方で響ちゃんを庇って死ぬパターンとかもやめていただきたいです。

「覚えてるか響、どうしようもないことをどうにかやり過ごす魔法の言葉…。小さい頃、お父さんが教えただろ?」
平気へっちゃら……。


響ちゃんはその場を立ち去ろうとしますが…。
「待ってくれ響…!持ち合わせが心もとなくてなぁ…。」
マジかよ…。


「一本一本が地球に巡らされた血管のようなもの…。かつて、ナスターシャ教授はこのラインに沿わせてフォニックゲインをフロンティアへ収束させました。」
「これが、レイラインマップ…。」
「世界解剖に必要なメスはここ『チフォージュシャトー』に揃いつつありますわ。」
チフォージュシャトーにフォニックゲインを集めなければいけないのかな?


調ちゃんと切歌ちゃん、二人でならダインスレイフの衝動に抗うことも出来ると思う。
いや、でも自分一人の孤独な戦いになるのか…。

「誰かの足を引っ張らないようにするにはどうしたらいいんだろう…。」
「きっと、自分の選択を後悔しないよう強い意志を持つことデスよ。」


アルカノイズの反応を検知!場所は共同溝です!!
「拳でどうにかなることって、実は簡単な問題ばかりかも知れない…。」

このまま、響ちゃんを戦わせるのは危険な気がする…。
闇の衝動に飲まれてしまいそうで…。

「行くよ、二人とも。」
なんて、悲しい声を出すんだ…。


『何でそんなに簡単にやり直したいとか言えるんだ!壊したのはお父さんのくせに!!お父さんのくせに!!お父さんのくせにいいい!!』
完全に八つ当たりじゃないか…。

『違う…、壊したのはきっと私も同じだ…。』
元はと言えば全部ノイズの…そして、ノイズを造り出した人類のせいですからね。この八つ当たりは正しいのかも知れない。


一転、三人は大ピンチに陥ってしまいます!!
「道草はよくないわ…。」
「正論かもだけど、鼻につくぞ!!」
ミカちゃんは撤退。なんとか助かりました…。


「押っ取り刀で駆けつけたのだが…。」
「間に合わなければ意味がねぇ。」
ちょいちょい古い言い回しするよね翼さん!?


あらら…、今回の事件をきっかけに、調ちゃんと切歌ちゃんが喧嘩してしまいました。
原因は、調ちゃんが切歌ちゃんたちを守ったこと…?

「ごめん、二人とも…。最初にペースを乱したのは私だ…。あれからまたお父さんに会ったんだ…。ずっと昔の記憶だと優しくてかっこよかったのにね、すごく嫌な姿を見ちゃったんだ。自分のしたことが分かってないお父さん…無責任でかっこ悪かった…。見たくなかった。こんな思いをするなら二度と会いたくなかった…。」
ちゃんと理由を話してくれるのはありがたいですね。
理由を言わないでもやもやってなる作品も多いから…。

『平気へっちゃら』…。今でも使っているってことはやっぱり心の何処かでお父さんとの繋がりを断ち切りたくないってことなのかな…。


エルフナインちゃんは、調ちゃんと切歌ちゃんに『モデルK(LINKER)』を手渡します。


「敵の狙いは電気経路の調査だと!?」
「はい、発電施設の破壊によって電力総力が低下した現在、政府の拠点には優先的に電力が供給されています。ここを辿ることにより…」
なるほど、そうだったのか…。
これにより政府の重要拠点の場所が割り出せるってことですね。


再び、ミカちゃんの襲撃!!
調ちゃんが変身シーンで胸を隠してるの可愛くない!?可愛いでしょ!!

【Δ式 艶殺アクセル】好き…。


「何で!後先考えずに庇うデスか!!」
「やっぱり、私を足手まといと…。」
「違うです!調が大好きだからデス!大好きな調だから傷だらけになることが許せなかったんデス!!私がそう思えるのはあの時調に庇ってもらったからデス。みんなが私たちを怒るのは私たちを大切に思ってくれているからなんデス!」

「…マムが残してくれたこの世界でかっこ悪いまま終わりたくない!!」
「だったら、かっこよくなるしかないデス。」
「自分がしたことに向き合う強さを…。」
「イグナイトモジュール!」「「抜剣!!」」「デス!!」
切歌ちゃんブレないなww


「天井知らずに高まる力ぁ…!!」

「ごめんね、切ちゃん…!」
「いいデスよ。それよりもみんなに…」
「そうだ、みんなに謝らないと…。そのために強くなるんだ…!!」


ミカちゃん超可愛くなってる!?いや、いつも可愛いけど!!

「闇雲に逃げたたらジリ貧だぞ!」
「知ってるデス!だから…!!」
「ぞなもし!?」

おお!合体技!!
「足りない出力をかけ合わせてええ!?」

【禁殺邪輪 Zぁ破刃 エクLィプssSS】


倒した…?
『先輩が手を引かなくたっていっちょ前に歩いて行きやがる…。私とは、違うんだな…。』


「足手まといにならないこと…、それは強くなることだけじゃない。自分の行動に責任を伴わせることだったんだ。」


ミカちゃんが倒されたことにより、再びチフォージュシャトーにエネルギーが充填されます…。

ギギギギギ

キャロルちゃん…、やはり復活したか…。
「これからいかがなされますか?」
「言うまでもない。万象黙示録を完成させる。この手で奇跡を皆殺すことこそ数百年来の大願…。」


エルフナインちゃんの目を通して…ずっと監視してたのか…!?泳がされていたのですね…。
「聞いた?調ちゃんと切歌ちゃん強いね。ホントに強くなったと思う…。そう思うでしょ?エルフナインちゃんも。」
「ああ、思うとも。故に世界の終わりが加速する!!」


ED!
















tag : 戦姫絶唱シンフォギアGX, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。