スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジョジョの奇妙な冒険 第五部 黄金の風」カラー版第7巻を読みました!中編。

今回は、「ジョジョの奇妙な冒険 第五部 黄金の風」カラー版第7巻の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んで下さい。









〈偉大なる死 その7〉

ペッシのビーチ・ボーイズによって何とか落車を免れたプロシュート。しかし、その脚にはブチャラティもしっかりとしがみついています。
「今のおまえの行動!……本当にオシマイかと思ったよ……ブチャラティ。さっき、おまえの事「幹部失格」だなんて言ったが撤回するよ…。無礼な事を言ったな…。おまえは物事を平等に決断できる男だ。…「自分の命」をも含めてな…。ボスが「娘」の護衛をおまえにまかせてもいいと判断したのは正しい選択だった……。…いや、マジに恐れいったよ。」
自らの過ちを認め、発言を撤回できる良い大人。ギャングですが…。


釣り糸を攻撃するエネルギーは釣られた者に帰って行く!
その性質を上手いこと利用したブチャラティはプロシュートを落車させることに成功します。


〈偉大なる死 その8〉

プロシュートが死亡?気絶?したことにより、列車内部の乗客の『老化』が解除されたみたいです!
ただし、抜け落ちた髪は戻らないんだな……。


と思ったらまた『老化』が始まった!?
「あともうちょっとでノドに食らいつけるって「スタンド」を決して解除したりはしねえッ!たとえ腕を飛ばされようが脚をもがれようともなッ!」

まさしく、有言実行…。腕はちぎれ、全身隈なく骨折しながらもスタンドを解除しない…。
かっこいいな……。


「わかったよプロシュート兄ィ!!兄貴の覚悟が!「言葉」でなく「心」で理解できた!」
ペッシの様子が変わった…!?


ペッシのビーチ・ボーイズはブチャラティの腕に食い込み、心臓を突き破ろうと登ってきます。
そんな中ブチャラティがとった行動は自分の体をバラバラにすること。自らの心臓すら…。
ブチャラティを見失ったペッシはビーチ・ボーイズを手元に戻し、電車を止めます。

「何よりも『困難』で……、『幸運』なくしては近づけない道のりだった……。お前に近づくという道のりがな……。」









tag : ジョジョの奇妙な冒険, 第五部, 漫画, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。