スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヤング ブラック・ジャック」第1話『医者はどこだ!』を見ました!

今回は、「ヤング ブラック・ジャック」第1話『医者はどこだ!』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んで下さい。










いい身体してんじゃねぇか…。

「つまり、この俺自身が繋がった実例ってわけさ。可能性も考えず、軽々しく繋げられないという医者には我慢ならないんでね。」
声優さん変えてきたんですね。確かに、若いころの先生の声が大塚明夫さんだったらちょっと違和感あるかも…。


おお!その代わり、ナレーターに大塚明夫さんを起用したのね!
『間 黒男』がブラック・ジャックと呼ばれる前のお話…。


OP!
『I am Just Feeling Alive』、かっこいい曲だと思います!

えええ!?日本刀持った男とメスで対決するの!?
確かに、原作の漫画も結構無茶やってるけど…。


やばいぞ!!渋滞で車が全く進まないのに踏切の警告音が鳴り響いている…!!
誰か、緊急停止ボタンを…!!

もう、前の車にぶつけてでも進んだほうがいいんじゃないか…?


希志本越大学付属病院
『インターン制度』と称して、医学部卒業生を無償でこき使い、ときにはまだ無資格にもかかわらず医療行為までさせているのですね。そりゃあ、学生紛争が起こるわけだ…。


そんな中、一人ベンチで手術のイメージトレーニングを行っている若者が。イケメンだな…。
『モスキート』はピンセットの曲がったやつみたいな感じなのかな?

「間!お前もデモに参加しろ!!」
いくら正当な報酬を得るためのデモ活動だからといって、他人に強要するのは間違ってると思うぜ。


列車とバスの衝突事故。大勢の怪我人が出たのにもかかわらず、デモをやめる者は一人もいません。
岡本舞子さんは、イメージトレーニング中の間 黒男に目をつけます。

「踏切で列車とバスの衝突事故があって人出が足りないの!猫の手も借りたいくらいなの!!」
「…オペ終了。猫よりはマシですぜ。」
意外と素直ですね…。


さっきの男の子…。
「列車の下敷きになって、右腕左脚が切断されています。」
「ひどいな…。アンプタする奥へ運んでくれ。ご両親ですね。息子さんの手脚を繋げるのは不可能です。このまま止血縫合します。命と手脚、どっちが大事ですか!!イヤなら他へ行って下さい。繋げられる医者がいるならばですが…。」
この医者の言う事は間違っていないと思う。
無理して息子さんの命を失うより断然いいのではないでしょうか。


「繋げられる…!その切断された手脚、まだ、繋げられる!その手術、俺に任せてくれたら繋げる…。必ず繋げてみせる…!!」
荊棘が間の身体にまとわりつく…。
心を表しているのでしょうか。覚悟、恐怖、過去のトラウマ…。


「しかし、君のような若者に…。」
「手術で最後にモノを言うのは手先の技術。年齢は関係ない。ただし、報酬として500万。もちろん、繋げられなかった場合鐚一文受け取らない。」
当時の価値でいくらくらいなんでしょう…。
でも、わりと破格な条件じゃない?失敗しても金は取るのが普通です。


手術を引き受けた先生は知り合いの病院へ。
大学病院では怒られるだけでしょうからね。

この先生、薬物打ってるのか…?
元はイケメンっぽいですが…。
医者であるにもかかわらず、血が苦手みたいですね。

「手術室を使わせてくれ。使用料は50万。借金で首がまわらない上にロクに患者も来なくて困ってるんだろう?」
この人さっきから舞子さんにセクハラしすぎだよ!?俺もやりたいよ!!


そして、手術が始まります。
除菌徹底してるな…。ガウンはこうやって着るんですね。
そして、ドアは手を使わずに開ける。


「膝窩動脈が損傷している…。藪さん、グラフトあるか?」
「グ、グラフト!?人工血管!?そんないいもんうちにおいてあるわけないだろう…。」
重要な血管が損傷しちゃってるみたいですね。

『これは俺だ…。この子は俺なんだ…!!』
大伏在静脈を移植することで何とか手術は成功…。

「終わった…。信じられない本当に成功するなんて…。」
「成功が信じられなければ引き受けてなどいない。」
これが初めての手術らしいです…。


藪さん泣いてる。絶対良い人じゃないか…。


後日
「君のことは調べさせてもらったよ。インターンでもないただの学生なんだって?こっちは警察に訴えてもいいんだ。君は間違いなく医師免許をとれなくなるだろうな。500万は払えない。」
契約は守るのが当然じゃないか…。
あのときの涙は嘘じゃなかったんだろ…?

「別に踏み倒す気はないんだ。50万は妥当な値段だろう?君の腕があればこんな真似しなくても稼げる医者になるはずだ。なぁ?」
悔しいですが、間黒男に取りうる手段は…ないかも…。


「…手術室の使用料だ。」
「は、間!?そんなこと言ったってそれじゃあお前タダ働きに…。」


『子供の命を値切るのか!?助けたいと思った気持ちを嘘にするのか!?』
間黒男22歳。外科医への第一歩を踏み出したばかりだった。


ED!


次回予告!
『生体間心臓移植…、この時代にあってその言葉はどんな外科医にとっても特別な響きがあった。お前がやるんだよ!他に誰がいる!?ブラック・ジャックになった今なら言える。迷いのない医療などどこにもないのだと。』

うおおおなるほど…!!
ブラック・ジャックになった未来の間 黒男が、ナレーションと次回予告を務めているんですね!!これは面白い…!!













tag : ヤング_ブラック・ジャック, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。