スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第2話『バルバトス』を見ました!

今回は、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第2話『バルバトス』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んで下さい。












藍那ちゃん可愛い…。

モビルスーツの機体に、モビルワーカーのコックピットを取り付けた急造品。

阿頼耶識とは仏教用語だったみたいですね。
個人にとってのあらゆる諸存在が、八種類の識によって成り立っているという思想があり、その八種類のうちの一つが阿頼耶識だそうです。

「阿頼耶識!?それは、成長期の子供にしか定着しない特殊なナノマシンを使用する危険で人道に反したシステムだと…」
「ナノマシンによって脳に空間認識を司る器官を擬似的に形成し、それを通じて外部の機器…この場合、モビルスーツの情報を直接脳で処理できるようにするシステムだ。けどな三日月、モビルスーツからの情報のフィードバックはモビルワーカーの比じゃねえ。下手したらお前の脳神経は…」
「なんで…、そんなに簡単に…。自分の命が大切ではないのですか!?」
「大切に決まってるでしょ。俺の命も、みんなの命も。」
生きるために…、食べていくために必要だったんでしょうね…。
無理やりナノマシンを注入される描写もありましたよね。

なるほど、モビルワーカーに乗ってる人たちが全員上半身裸なのは機体と背中にある装置を接続するためだったんですね。


OP!


「な!?撤退中の我が軍のモビルワーカー隊!?」
「これなら撃ちにくいだろ。」
「貴様ぁ!!モビルワーカーを狙うとはなんと卑怯な…!!」
「どの口が言うんだ…!!」
アイン・ダルトンさんはなんか地球側の主人公っぽいですね。

「その声、貴様まさか子供か…!?」
「そうだよ。あんたらが殺しまくったのも、これからあんたらを殺すのも…!」
クランクさんとアインさんは何も知らされてないだけで良い人っぽいんだけどな…。

「ガス欠!?」
「ああああ!!ヤマギやべぇ!!スラスターのガス補給するの忘れた…!!」
スラスター=推進装置かな?
人間、焦ってると普段は絶対にしないミスをすることもあるよね…。


今回は、敵が撤退してくれたから助かりました。


ギャラルホルン本部では、コーラル・コンラッドが部下の報告を受けています。
『何てことだ…、火星独立運動の旗頭だったクーデリア・藍那・バーンスタインが我々の襲撃により華々しい戦死を遂げる。ヒロインを失った火星は今まで以上の混乱に陥り地球への憎しみを強くする。そういう手はずだったのに…!!』
あ、やっぱりそういうことだったんですね。
火星の独立を快く思っていない貴族から資金援助を受けることが目的だったのかな。

「相手は…、子供でした…!子供を!!少年兵を相手に戦うことは出来ません。彼らが自らの意志で戦っているとは思えない…。」
しかし、コーラルさんは聞く耳を持ちません。結局は、上官に従うしかないんですね…。


「嘘だろ…、これがダンジ…?」
「間違いない。焼け残ったのはその阿頼耶識のピアスだけだ。」
「くそっ…!!お前言ってたじゃねぇか!!死ぬときはでっけぇおっぱいに埋もれて死にてぇって!!おっぱいは柔けぇんだぞ…。こんな固いコックピットとは違うんだ…。」
笑わせにきてるの!?
ダンジさんそもそもキャラ紹介に載ってませんでしたからね…。色々と不憫なキャラクターです…。


「おい、一軍の生き残りが戻ってきたみたいだぜ。」
子供たちを囮にしておいてよく戻ってこれたな…。


「クッキー!クラッカー!」
「「お兄」ちゃん!!」
この双子はビスケットの妹だったのか!名前が安直すぎだろww

「お兄が心配だったんだよ!頑張った子は褒めないと駄目だよ!ん!」
「あ…、私もー!!」
可愛いいい!!殺すなよ!!


「ありがとうアトラ。今ちょっと急いでるから後でね。」
アトラちゃん結局お守り渡せなかったな…。


CGSには女の子が一人もいないんですよね…。


藍那ちゃんポニーテールの方が可愛いよ!!
「今回の地球行きは秘密裏に行われるはずでした。ですが、ギャラルホルンの攻撃は間違いなく私を狙ってのもの。そして、いつもは私の活動に反対しているお父様が今回に限って…。考えたくはありませんが…。」
賢い人だ…。きっと、心強い味方になってくれる…。


「たかがあんた一人のせいで、あいつらが死んだなんて…。俺の仲間をバカにしないで。」
でも、もうちょっと時間がかかりそうですね。


「一軍の皆さんが挟撃作戦に向かう途中、不幸な事故で敵の攻撃を受けたのことは聞きましたが、それが俺らと何の…」
ハエダ・グンネルに殴られるオルガさん。

「ああ?何だその目は?貴様らも殴られてぇか!!」
「俺…だけで、いいでしょう…。」
オルガさんもかっこいいな…。


というわけで、乗っ取り作戦開始です!!
昭弘・アルトランドさんもちょっとかっこいいですよね。

何だよ、ヒューマンデブリって…。


「頼む、一人で行かせてくれ。お前たちに兵士としての汚名を着せたくはないのだ。」
今度は、一人で出撃するんですね。クランクさんもかっこいい。


「死んじまった仲間に、最後の別れをしなくていいのか?」
「あー、いいよ。昔さ、オルガが言ってた。死んだ奴には死んだ後でいつでも会えるんだから、今生きてる奴が死なないように精一杯出来ることをやれって。」
「そんなことも、あったかな…。」
この二人の関係も好きです!!かっこいい人多いよ!!




ED!


次回!『散華』!
藍那ちゃん完全に子供扱いww



















tag : 機動戦士ガンダム, 鉄血のオルフェンズ, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。