スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第20話『相棒』を見ました!

今回は、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第20話『相棒』の感想を書かせていただきたいと思います。

ネタバレを含む内容となりますので、ご了承いただける方は続きを読むから進んで下さい。









アインはまだ生きているのか…。
しかし、それも時間の問題。自由に動けるようになるには破損した臓器などを機械で補うしかないようです。


解放運動のことで藍那ちゃんと前々から繋がりのあったアーブラウの蒔苗さんから鉄華団にヒラメの差し入れです。
いいですね!ヒラメ好きですよ!刺身にしましょう!!


ドルトの改革は成功したんですね。
労働環境を大幅に改善して貰ったみたいです。


蒔苗さんは贈収賄疑惑をかけられ、アーブラウの代表からは外されているようです。
藍那ちゃんに協力する条件として、蒔苗はアーブラウの代表戦会場への護送を要求します。
代表戦の対抗馬『アンリ・フリュウ』はギャラルホルンの後ろ盾を持っているようです。蒔苗に協力すれば、再びギャラルホルンと戦うことになるかもしれません。


ユージン生きてたのか!!これは嬉しい…!!

「今のままじゃ火星には帰れねぇ。いや、たとえ帰ったとしても少しは名前が売れてしばらくは仕事に困ることはないかもしれねぇ。でも、それは一時だ。兄貴、俺たちはまだ何者でもねぇ。俺はもっと…もっとでかくなりてぇんだ。」
「好きにしな、兄弟。どんな道を選ぼうと俺は兄貴として兄弟の力になってやるよ。」
名瀬さんかっけえな…。
オルガは蒔苗の話に乗ることに決めたようです。


しかし、ビスケットはオルガの決断に反対みたいです。大喧嘩の末…
「僕は鉄華団を降りる…。」

そうか、ビスケットのお兄さん『サヴァラン』さんは自殺したのか…。
ナボラさんたちの死に責任を感じて…。
『俺はこんな生き方しかできなかったが、お前は他人に振り回されることなく自分の人生を自分でしっかりと見つけて歩んでいって欲しい。家族や仲間を大切に、堅実で幸せな人生を送るよう心から願っている。』


「先のことなんか誰にも分からねぇよ。オルガだって、ビクビクしながら前に進んでんだ。勘違いするんじゃねぇぞ?鉄華団はただのラッキーでここまでやってこれたわけじゃねぇ。オルガがいて、みんながいて、そして、お前ぇがいたからだ。」
年配組みんないいこと言うなぁ…。涙が…。


「ギャラルホルンが勧告してきた。鉄華団とクーデリアの身柄を引き渡せとな。ギャラルホルンの中にも独特の指揮権を持つ者がおってな、オセアニア連邦でも抑えきれん。指揮官の名は…」
カルタ・イシューさんかよ!!地球での戦いは苦戦しそうだな…。








tag : 機動戦士ガンダム, 鉄血のオルフェンズ, アニメ, 感想,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和

Author:大和
どうかよろしくお願い致します。

最新記事
まとめ
2015年冬アニメ情報

2015年春アニメ情報
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんとくん
検索フォーム
検索フォーム(google)
FC2のブログ内検索が不具合を起こしている場合はこちらを使って下さい。
ランキング


アマゾン商品一覧
RSSリンクの表示
リンク
このサイトはリンクフリーです。 報告も必要ありません。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。